退職|転職で勤め先を一新するということは、自分自身に合う理想に近い…

再就職して仕事先を一新するということは、自分自身に適…

  • 再就職して勤め先を一新するということは、自分に見合った居心地の良い場所を探したいものです。勤務先、職場を変えると、自分でも驚くほどの適職に就く可能性もあります。とはいうものの、メリットだけがあるわけでななく、即戦力となりうる能力を持っていないと、転職自体がままなりません。言い方をかえると、あなたの力量次第で、「天職」にありつく、というだけの話です。今の社会は、職業選択の自由が権利として認知されているので、仕事場を変えても何のトラブルも生じないでしょう。事実、終身雇用が崩壊に向かいつつある今現在、「スキルのある人材が欲しい」と思っている企業も増加していますので、この好機を有効に使ってみてください。

  • 新しい企業がいいと転職をする活動中のときの場合は「ほんの少しでも早…

  • もっと良い職場の社員になりたいと転職活動中の大半は、「1日もはやく、内定が欲しい」と考えるものです。でも、そのために良い知らせが得たいあまり、自分自身の能力に関して嘘をついたり、あるいはその逆に自分を過小評価するかのような言動は出来るだけ止めておきましょう。そうではなくて、焦ってしまう気持ちを抑え、落ちついて自分に最適の職場を見つけることに集中しましょう。これまでのキャリアを活用できるように、さらに、今後のキャリアアップが期待できる会社を賢く探していきましょう。

  • 退職|看護師の他の職業に「転職しよう」と思う原因は一人ひとり違います。

  • 看護師の他の職業に転職に至る原因は、人によりけりです。それを見てみると「職場の中に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚がきっかけで家庭環境の変化によって出産それから子育てそれに親の介護など、環境のいろいろな変化など、これまでと同じようには働き方ができなくなった」「稼ぎに不満がある」など多種多様の理由が抱えているのかもしれません。しかし、それでも「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と、ゆっくり時間を掛けて現状を客観視することもやっておきましょう。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考したのち、決断してみましょう。

  • 最初に転職をするにあたって、気を付けなければいけないの…

  • 生まれてはじめて転職を行うにあたって、頭に入れておかなければいけないのは現在の仕事をやめたい理由をクリアにしておくことだと断言できます。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておくのが賢明でしょう。問題を解消できるであろう企業を選択してください。転職活動は、学生時の就職活動とは違って、今の仕事をこなしつつ就職活動をしていくため、時間と体力を消耗します。したがって理由がはっきりしないまま転職を試みた場合、途中で息切れしてしまう危険があります。何としても転職したい、現状を変えたいという強固な気持ちがなければ、転職活動をスタートするのはやめておくのが無難です。

  • 近年では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり…

  • 現在、ブラック企業がメディアで取り上げられたりして、労働条件関係の取り締まりが厳しくなったり、悪質な会社が公開されたりするなど、厳罰化の流れが続いていますが、完全とは言い難いというのが現状です。そのため、面接で見破る必要があります。最初に、求人票等に書かれている労働条件を覚えておき、それらをもとに細かく質問してみましょう。相手が「ブラック企業」な場合、記載内容にウソがあったときには、返事が不自然なものとなります。「その場では答えられない」みたいな逃げようとすることがよくあります。「休日」「残業」「給与」に関しては、質問してみると、渋い顔をするケースが多いです。それでも迫ると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、その瞬間に相手のウソを確信できます。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、変だと思ったら、他の面接を受けたほうが良いと思います。

  • 再就職したいなら、労を惜しまずに多様な会社を普段から調べたり比較したりしておく…

  • 転身を予定しているのなら、まめに色々な会社を普段から調べたり比較したりしておくと就職先の判断がしやすくなります。今の職場に何かしらの不満があるケースでは、いざ転職活動をはじめたとき、どこの会社もいいように思えてしまします。そういった状態だと、どの企業を選択すべきか迷いが出てしまいどんな企業でも飛びついてしまうのです。そのため、最終的には短期間で転職を考える羽目になるので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくべきなのです。会社の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その転職したい会社の「取引先」も要チェックです。透明性ある会社は、取引先を公表していますし、逆にそういった企業ではない場合、広告宣伝ばかりに注力しがちなので、確認しておいて損にはなりません。そのうえ、会社によっては、個人グループに入ってることもあるので、グループ名で調べ、確認しておくのも手です。

  • 勤務していた会社でパワーハラスメントを行う上司に悩まされて…

  • 初めて働いた会社で相性の悪い上司に神経を削られ、結局やっていくのは難しいと考えてその会社を辞め、ある他の同業の企業に職を変えました。新しい会社では気分よく働くことができてきわめて満足のいく日々でしたが、ちょっとずつ会社の売り上げが少なくなり結局はある会社に経営統合されることになりました。経営統合の相手は驚くことに嫌な上司のいた前の会社で、加えて大変嫌いだった上司が再度私の上司になるそうです。こういう悪いめぐり合わせとは、なんでこんな縁があるのでしょうか。当たり前ですが新しい転職活動をやり始めています。

  • 転職活動をしている際に、面接時に高い確率で聞かれるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をしている際に、面接で例外なく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機に限っては、隠さずに話してもOKですが、これとは違い転職理由について正直に伝えるのはよくありません。たとえば収入面の不満、人間関係に対する不満など、採用担当者に悪い印象を持たれるものです。もっとも、過去のマイナスをそのまま話する人は稀だとは思いますが、採用担当者はそういった点に注目しやすいので、慎重に質問してくると考えておくべきです。これに対して不満を言うのを回避する方法として、現職の仕事内容は、その内容だけを話します。そのあと、この会社に入社してこんなことを実現したい、5年後、10年後はこんなことがしたい、そのために御社を選びました、と志望動機に話をすり替えてみましょう。

  • 退職|万が一あなたが、転業の決めたのであれば、あくまで社内の人間に・・

  • 例えば、転身の決意したなら、あくまで社内の人間にはその気持ちを知られないように、首尾よく活動を進めていき、転身先が決定していないのなら、なるだけ周囲に知られないように平常通りに業務をこなしていくのがもっともいいです。その状態を保っておくと、もしも良い転職先を簡単に見つからなくても、転職を見送って現在の仕事をそのまま残っても容易にできます。そうではなくて、つい「転職するつもりでいる」と言ってしまうと、周囲の人は、それを受けた態度を取り始めます。そればかりか「辞めるつもりです」と一言でもいえば、周りからは「あの人は転職する人」という位置付けになります。その後で転職の気持ちが消えて、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、会社内の人たちは、「一度は辞めようとした人」とあなたを見て、仕事中ずっと、身の置き所がないと感じるかもしれません。

  • 退職|知人による紹介で転職の先を見つける人もいます。

  • 知人からの紹介によって転職する先を見つけている最中の人もいるでしょう。でも、転職をした先の労働環境やそれから労働条件といったポイントを知人の口コミを鵜呑みに判断してしまうとあまり問題です。というのも、一人の個人の口コミは主観が入ってしまうからです。友人・知人の立場ではとてもよい働く場所であっても、自身には、イマイチな環境だってあるのです。またその逆も然りです。ということで、職場環境については口コミだけで判断せず、自分自身の目でしっかり確認しておきましょう。

  • 再就職の面接で使う腕時計においては、明らかに目を惹くタイ…

  • 転職する時に行われる面接を受ける時につけていく腕時計は、明らかに目立つようなタイプの腕時計は着用をやめた方が悪い印象を与えません。この場合の、目立つ意味はブランドの腕時計であるとか、といったことだけではないのです。それとは反対に完全に安物である腕時計に見えてしまうとか、そういう目を惹くということで真逆で目を惹く、と認識しておきましょう。面接のときの腕時計においてもポジション的にはネクタイやスーツと同様にとらえ面接するにふさわしい無難なものをチョイスするほうが良いです。とはいえ、年齢に適しているということも不可欠なことで、新卒の就活の頃にしていた腕時計よりは多少でも値段が高い腕時計にした方が転職の面接においては断言できます。

  • 退職|大半は大手企業は「定期採用」がメインです。ですか・・

  • 一般的に大手企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので、転職で入る事は簡単ではありません。おまけに、地方では転職の機会はとても低くなります。でも、製造業の企業においては、地方の工業団地を拠点としている多々あります。また、そういった工場に的を絞れば、事業拡大をする際に人員募集をする事がよくあります。そういった好機に転職を検討してみるのも有りです。そのためには、地方の工場に転職しようと考えているなら、希望する企業の情報をあらかじめ得ておきましょう。ホームページに訪問し、求人がないか忘れずにチェックしておくと間違いがありません。

  • 退職|転職する活動をしているときに、「自分はこれまでこういう種…

  • やっている転職活動の際に「自分はこれまでずっとこういった内容の仕事に尽力してきました」「過去の会社の仕事によって、このような経験に磨きを掛けました」と過去の自分の成功体験やセールスポイントをよく伝わるようにアピールしなくちゃと考える人は多くいます。が、転職先となる再スタートを狙う環境下で「近い将来こういうような仕事をしたい」「私が話したような内容なら貢献できるはず」と未来の展望を話して自己を売り込むほうが過去をメインにしながら語るより採用チャンスに恵まれます。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。

  • 「転職エージェント」は、一度登録したら、電話・メールがしつこく掛かってきます。

  • 転職サイトは一度登録したあとに、電話・メールでしつこいほど連絡が入ります。そのため初めて利用する人は大変びっくりする場合が多いです。転職エージェントは転職を後押しすることがその役割なので、本当に積極的にかまえています。大手エージェントは、転職を完了させる対価として企業から報酬が入る仕組みなため、転職したい人の都合よりも企業側を優先的に考えることが珍しくありません。「転職エージェント」は契約を欲するあまり内定が取れると間髪入れずに、「入社されてはどうでしょうか?」と説得してくることも多いです。対抗策として自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、安易な妥協をしないように注意を払うことが大切です。

  • 退職|クールビズ(軽装)の格好をして転職の面接場に出向く際には・・

  • クールビズ(軽装)の格好で再就職の面接場に出向くときには、ジャケットは着込んでいく必要はないと言い切れますが、ネクタイに関しては着用していったほうが無難です。ネクタイもジャケット同様になしで良いと思っている企業も存在するケースもあるにはあります。ですが、ネクタイはクールビズでも必ず着用するべきだと考える会社がいくらかあります。そのため、クールビズのスタイルであってもネクタイは着用していった方が安全だということは知っておいてください。

  • 退職|再就職をする場合、「Uターン」「Jターン」といった形で…

  • あなたが転職を希望したとき、U・J・Iターンで都市部から地方に移住した上で転職したい、と希望する人、実践する人が増えています。ネット社会の今では転職サイトを使えば、国内のあらゆる場所の求人も手軽にアクセスできます。残念ながら郊外や地方での求人は募集してる企業や会社の数自体が少ないので、それがマイナスといえます。ですから、求人情報サイトだけに頼り切ると機会損失が大きくなるので要注意。求人サイトとともに、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトもマメに確認しておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」など、行政が主催する転職サポートの関連情報も確認しておくとよいでしょう。