退職|転職のための面接では注意する点があります。

転職時の面接で担当者から「転職理由は?」という風・・

転職をするためには、大半の場合は面接をしなくてはいけません。面接担当から「転職理由は?」という風に、ほぼ訊かれます。このとき、どんなにあなたが間違っていなくとも、前の仕事場での「人づきあい」「働く環境」に関しての愚痴ともとれる回答などは、可能な限り控えましょう。此の様な内容の話は、印象が悪くなってしまい、チャンスを無駄にしてしまうことになります。そのため面接時にはポジティブな発言が正解なので、あくまでも「新しい職場においては、スキルを生かしながら、御社に貢献していきたいと考えています。」といったような未来形での話ぶりが理想です。

今まで私は、職探しは「転職サイト」よりも「ハローワーク」を使っていました。

今までの私は、求人情報は「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」を使っていました。というのも有名な「転職サイト」は、システム上、都会を中心にした求人情報ばかり掲載してあるからです。このため、転職活動をする際は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。やはり、求人募集をするいくらか知名度は低くなってしまいますが、古くから地域密着といった点ではピンポイントで見えるのはありがたいです。しかし、「ハローワークはなんか地味だなぁ」と先入観を持っている人も多少いるかもしれません。思いもよらず、理想に近い企業が掲載されているかもしれないので、そろそろ勤めている会社を辞めたい場合は、お近くのハローワークに1度行って、確認してみるのもアリだと思います。大手転職サイトのようなこれでもかというくらいのニュースレターが来ることもありません。

派遣会社に登録して働いている人が規制緩和以来、多くなっていますが、…

派遣会社を通して仕事をする人が近頃多くなってきています。派遣先が派遣会社に支払う時間当たりの報酬がいくらで、どのくらいの金額(割合)、自分のもとに入ってくるかを可能であれば面接の際に質問しておくべきでしょう。派遣業は、人手を欲する会社に人材を派遣し、その対価としてお金を手数料を徴収するシステムといえますが、派遣会社の多くは、派遣される労働者の取り分を積極的には開示していません。50%以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらしないところも多く、酷い派遣会社では、2割しか支払われていなかったということも少なくありません。面接の際にきちんと返答しない会社は、色々と不都合なことは隠そうとする可能性が高いのでなるたけそこを利用するのは断念したほうが良いです。

働いていることで心的に苦痛を感じてしまい、転職せざるを得ない状況になったのな・・

仕事をするにあたって回復が難しいほど心的な負担がかなり増え、職場を変えなくてはいけない状況になったのなら、そんな時は、相談するのは職場の人でなく身内と相談して、退職するかどうかを決めたほうがいいです。どうしてかというと、働くことは自分のためでもあります。が、しかし家族の問題ともいえます。毎月、どれだけ高い給料を得たからといって、精神的にボロボロになるほど我慢しながら無理して働くのは良いとは言えません。昨今は、仕事のしやすさが優先で、前提にする生き方も認められつつあります。ですからあまり気にせず、あなたの家族や、あなた自らの心と体のケアを忘れないようにしましょう。

派遣社員になっても契約期間を迎えたら自分の好きなタイミングで辞められるものではない・・

時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、契約期間を過ぎたら自身の好きなタイミングで退職できるワケではないと実際に転職活動を経験して感じました。私は新婚した後、生活が落ちついたあとすぐに子供が欲しかったので、子供ができる日がくるまでのあいだ、だいたい1年半~2年くらい今の継続で仕事をしたいと思い、就職しました。フルタイムでなく派遣社員ということもあり、正社員よりも年収は少なかったのですが、時間的な融通が得られるのでガマンしました。ですが、入社後、一緒に働く人たちの大多数のスタッフが派遣の仕事を10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。たとえ派遣を選択したとしても、期間が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気などなく、この先どうすべきか、とても困惑しています。

再就職を考えている時に見ることになる募集事項の情報というのは・・

転職を考えている時に閲覧することになる求人内容に関しては、おおまかなものとして書かれている、ということもありますから、情報として書いてあることを必ずしも正しいとは信頼すのはやめておいたほうがいいと思います。中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる給与に関しては一般的な金額なのか?それとも最低限の金額なのか?最高値なのか?という見解ができる人は少なく、自分で適当に理解したつもりでいると、今後、悔いが残る事も少なくありません。そんな訳で、悔しい思いをしなくて済むように、求人内容は一般的なものだと思って、そのようなとても大切な事は会社に直接聞いてみた方がよろしいでしょう。

退職|以前は看護婦と言った看護師という仕事は、歴史的背景から…

昔は看護婦と言った看護師というのはどうしてか女性比率が高い職場です。あまり知られていないかもしれませんが気力それに体力をかなり消耗する職場ともいえます。とうぜんのように人間関係が上手くいかなかったり、自分の結婚・出産といったそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活のバランスがかなり取りづらい職業ともいえます。実際、そういった問題によって職場を変える人が多い傾向にあります。人が固定化しづらい環境であるために、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足に悩まされています。最近は特に、医療業界は、看護師を必要とする「売り手市場」な状態で、これが転職の希望者が後を絶たない原因の一つなのかもしれません。

全くの初挑戦となる業種などに転職したいと思っている場合には…

未経験である分野などに転身したいと考えている場合には、以前の仕事で育んできた腕前や経験したことが生かせるという内容の自己アピールが必要です。未経験の分野の場合、経験していない分その業界で経験してきた人たちよりも正直、損にはなりますが、自分自身が保持している能力がその場でも十分に発揮することができるということをうまく相手に伝えることができれば、戦える場合も考えられます。そのような訳で、未経験の業界に挑戦する場合は、その業種とこれまでに自分がしてきた仕事とのかかわりを必ず考えましょう。

退職|転職する際は、様々な方法で情報を収集することが多いと思いますが、…

転職する際は、様々な経路で情報を集めることが多いと思いますが、転職系の口コミサイトは利用しないと損です。過去に、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたという理由で、運営サイト側に損害賠償請求を起こした事例もありました。辞めさせられた社員の腹いせによってその手の口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、違った視点から見れば、書き込みの内容が真実でなければ、会社としては気にしなくてもいいはずです。でも、実際には『クロ』で「真実が知られてしまっては困るから、はやく炎上をしずめよう」と思っているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上するネタが出来ることでアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、好ましくない口コミが多いというのは、その分入社してからトラブルに遭遇する覚悟をする必要があると判断して良いでしょう。何より、善良企業の場合トラブルなど起こりません。

失業保険の給付に関して、客観的な意味で、職を見つけようとしている姿勢を見せる必要があります。

実際に失業保険を給付してもらうためには、求職活動をしていることを理解してもらわなければいけません。そうはいっても、現実的には「会社に行かなくて良いし、しばらくはゆっくりと過ごしたい」というのが本音でしょう。そこで、本当に就職活動しているように見せかける方法があるので紹介します。月に一度のハローワーク職員との面談はパスできませんが、「求人票」を確認することを最低限しておきましょう。実際には探す気持ちがないときは、求人票を真剣に閲覧している芝居をして、面談の際に、「納得できる条件の仕事ややっていけそうに思える仕事が無かった」と話して、次の機会まで待つという方法もあります。

転職期間中には、自分の好きなことに打ち込むほか、体力を損なわない様にすると…

転職先を探している間は、趣味に時間を費やしたり、体力づくりを意識しておくと良いと思います。採用が決まり、いざ仕事を再始動したときに、趣味に集中していたおかげで無意識のうちに集中力が高められます。そしてまた、体力アップしていることで一緒に働く人と比べると体力が持続するということを自ずと認識することができます。というわけで、休職中は趣味に没頭することと、体力アップをしておくことをするのが何より良い事なのです。今後、その職場で同様の趣味を持つ人と巡り会えれば、親しくなれるきっかけになるので、これまでしてこなかったことに挑戦してみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。

退職|長期間接客業で勤務していたのですが、歳をとるにつ・・

長きにわたって接客関係で働いてきましたが、年齢を重ねると共に立って行う仕事は体力的につらいため、座り仕事であるオフィスワークへ仕事を変えることを目標にして活動しました。事務の経験がない場合けっこう厳しくて、そこで接客の経験も活かすことができる受付兼医療事務をしたいと資格も獲得して個人クリニックに転職しました。周囲は超ベテランである先輩パートさんだらけで人間関係に関しても難しい。夜間のシフトばかりさせられて、接客の仕事をしていた頃よりも帰宅も遅いのですが、まずキャリアを形成する時と諦めて頑張ります。

退職|求職活動をするとき、インターネットでのエージェントを利用する場合もあるかと思いますが、…

転職を行う際、インターネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)に頼るケースもあるでしょうが、たとえそういったエージェントに登録し、運よく職を得ることができた場合でも、失業保険とは何の関係もないので要注意です。ハローワークを使わずに就職が決まったとしても給付してもらえないので気をつける必要があります。他方、ハローワークを通じて斡旋してもらって就職したのなら、就職の準備金として一時金を受け取ることができます。ウェブ上でのエージェントは公的機関では無く、斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険の手続きは取ってくれません。こういった点を無視していると、失業中に給付金が他に入らない状況になるので、注意が必要です。

退職|転職について考えた場合、転職先での給与ばかりに気を取られる・・

転職する場合、転職後の自分の給料について気にする人がとても多いものです。とうぜん誰もが仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を給与としてもらうべく働くのはずです。とうぜん年収がいくらかは自分自身の価値を測る指標という見方もできるから、大切なものとして扱うのは否定できません。ですが、必要以上に年収ばかりを執着しすぎる生き方というのも考え気がするでしょう。この世には年収に反映されない仕事であっても精神的に満たされる可能性がゼロではないからです。

退職|女性の転職において、一昔前と近年とでは少し変化があるといいます。

女性の転職は、現在と数年前では若干の違いがあるようです。一昔前は面接の際に会社側から、結婚と出産についての考え方などについて、ごく一般的なこととして質問されることが多々ありました。しかし、今はセクハラに該当するかもしれないので質問を避ける会社が増えています。そして、とりわけ大企業ほど、かなり神経質になっています。そうではあるものの実際、会社側としては、〇か×かの2択ではなく、その女性の人生観、結婚したあとどうするか、出産後は時短で働きたいなどを当然、知っておきたいと思っているものです。自分の人生設計を理解してもらうためにも、志望の動機や自己PRと並行して言い表すことで、会社側にも考えが伝わり、また、モヤモヤも解消できると思うのです。というワケで、たとえ、質問されていない部分も、先にあなたの方から率先して答えてみると良いでしょう。

退職|もしも転職前、今働いている会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまう・・

転職する前には、今の職場の同僚たちが、あなたが退職すると知ってしまうと職場の雰囲気が一変するかもしれません。普段から良好な場合であれば、問題はないこともありますが、意地悪されたり、やっかみもあるはずです。時には、残業時間を増やされる仕打ちも考えられるので、軽々しく転職のことを口にするのはお勧めしません。上記のようなトラブルを回避するためにも、今所属している仕事場では、いたって真面目に仕事をしておきましょう。そうしておけば、良い状態を最後まで保ちつつ、晴れやかに会社を辞められるはずです。また、円満退職に至れば、退職後であっても、あなたが何かあったときに相談できるはずです。どのような会社も人とのつながりが重視されるので、辞める際のトラブルは、できるだけ回避してください。