退職|転職の採用面接にとある会社に行きました。

退職|転職の面接にある会社に向かいました。

転職における面接に転職希望の会社へ向かいました。偶然会社の会議室が空きがないというわけで外部の会場で人事部の方と待ち合わせて採用面接をして、その場で解散、面接をした方もそのまま直接帰宅するとのことでしたが、なんと自宅の最寄駅が一緒だったのです。なので電車内でも面接を行った人とずっとお話しながらいっしょに帰宅することとなって、おかけでお互いリラックスして面接よりお話が弾んで、それがプラスに働いたのか最終的に採用を手に入れることができました。

最近の会社や企業の雇用形態のめまぐるしい変化について、全世代の…

このように近年の企業の労働背景が慌ただしく変わってきたことに関して、社会人の中で34歳ぐらいまでの若い世代ほど敏感に感じ取っているようです。大方、転職と自身のキャリアアップを同時に思案しているのでしょう。ですので、サラリーマンや労働者といった労働市場の流動化が進んでいるようで、より一層、将来、転職への注目は増加していくものと思われます。「流動化」が進んでいく結果、仕事を変えることはあなたの身近なものとなるのは間違いありません。「終身雇用制度」が存在していた頃には転職者は印象が悪く、損をしてしまうこともたくさんありました。ですが、社会的な変化とともに現在の仕事だけに執着する必要が益々無くなったともいわれています。

失業時、給付してもらえる「失業保険」は、失業中でない人はもらえませんが…

失業者が受け取れる失業保険は、失業している間もらえるが、ずっともらえるわけではありません。給付期間は、これまでの勤続期間によって変わり、90日だったり120日だったりするのですが、この現実を理解していない人がいます。失業を続ける限りもらえると勘違いして失業保険があるから働かなくてもいいと考えて求職活動をしない人もいますが、給付期間終了の1か月前になってようやく制度の真実に気づき急に転職活動を始めても好条件のところを探すのは難しいです。転職を希望する会社の面接担当も無能ではないので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」といった部分は大半は相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いでしょう。ヘタをすると、面接時に失業中の求職活動についてことごとく聞かれることもあります。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、不合格となるおそれもあるので要注意です。

一昨日転職のために人材バンクに登録に出向きました。

数日前転職の準備をしようと人材紹介会社へ登録に向かいました。登録するときのカウンセリングの時に現れた担当の人が見た感じ入社してから間もない新入社員で、こちらが説明している話の3割も彼は理解できてない感じでした。そのくせ「キャリアデザインがまだまだですね」とか「もっと自分の強みと弱みを明確化しておくことが必要でしょう」等、私のことをすべて理解しているかのように横柄に言い散らかすので大変嫌な気分になりました。カウンセリングを担当する人はいくらか仕事の経験がある社員にしてほしいと思います。

就職活動において、年収はかなり大切なポイントです。

就職活動において、年収は大変重要な要素です。面接では、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。年収を現実にもらっている額よりも大きく申告し、転職先で多くの収入を得ようとしても、無駄でしょう。源泉徴収票が必要となるため、仮に一時的に信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局はウソはバレてしまうからです。ヘタをすると、トラブルになりかねないので、現在の年収を水増しせずに申告し、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。例をあげれば、年収400万の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほとんどありえません。仮に、年収が400万なのであれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが無難です。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、一時的に入社できたとしても、退職せざるを得なくなるおそれもあるので、注意しましょう。

退職|PCやスマホは便利でネットの世界では、いわゆる「転職サイト」に類するも…

最近スマホは便利でインターネット上では、今では転職に関連するサイトがそこらじゅうに存在します。自身が欲している転職先を探すためにも、とりあえず情報を収集することが必要です。こういう「転職サイト」を上手く利用することでスムーズな転職が実現します。最新情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される役に立つ「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。とりあえずは、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることが大事ですから他と比べつつ、しっかりチェックしてみましょう。

在職期間中なら、可能ならば、周りの人間にバレない…

在職期間中は、状況が許す限り、バレないように(自身のときは)在職中に「転業するかも」という考えを早いうちに社内の人間に話してみました。しかしながら、それから、求人サイトを必死に探していたのですが、悲しいことに働き先のあても転職するタイミングも計画も立てずに決まらないまま、ダラダラ時間が過ぎてしまいました。そして一方の会社の側は、業務の引き継ぎ予定や手続き、自らの退職日などが決定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。そして、予定は思うようにはいかず、失職期間を経たのち、次の就職先を再度探しました。

退職|もしも将来、転職をするつもりなら、転職前に「資格」を取得しておくと有利になります。

もしあなたが転職するのなら、前もって資格を取るとステップアップします。とくに、仕事を続けながら資格取得をしておくのがベストです。転職活動でそれを生かせるので、新しい仕事も探しやすくなります。なので、在職中の時間がもっとも最適といえます。もしもあなたが転職を目指しているなら、このあとに役立つ資格をとっておくと、今の仕事に別れを告げても悔やむことなく前に進めるはずです。加えて、資格を手に入れることで面接のときには面接担当者に即戦力になる人材だと判断され、それまでより待遇が良くなる可能性が高くなります。

退職|仮に再就職を目指そうとしても、万事うまくいくワケではありません。

仮に転職しようとしてもあらゆることが首尾よくいくという保証はありません。もしも転職するのなら、支障がないなら極力早い時期に行動しておくべきです。大半の場合、20代の若いうちは有利に働きますが、30代後半~40代に突入してしまうと転職自体がたいへん厳しいといえます。要職を担当している場合、転職の意識が強くなっていても会社に残ることも選択項目に含めておくべきです。会社を辞めてから転職活動するよりも、今の会社での仕事を続けながら、時間をかけて慎重に探すほうが賢明といえます。

将来的に、労働力という観点においてどんどん思考を必要としない仕…

私たちの労働環境は、将来徐々に簡単な作業は機械化が進行し、当然のことながら必要な労働人口は減少していきます。というのは、単純労働の場合は、人間の手を借りるよりも機械でやったほうが比べられないほど作業量をこなせるからです。例えば、数をカウントするとか、同じ動きをずっと繰り返したりすることは機械には何の苦もありません。当たり前のことながら人間とは違って文句も言わず、ペースが変わることもなく不正をすることもないし、正確な作業ですし、均一化できるメリットもあります。そして、人と違って賃金が発生しないのもメリットといえます。わざわざ生身の人間を使う意味がまったくなさすぎます。機械化されるのは必然ともいえますね。

自分のスキルを活かしつつ、就職活動したいと思っているなら、…

あなたが持つ現在のスキルが有利にはたらくように就職活動する際は、転職がしやすい業界と、しづらい業種を大まかに知っておきましょう。すんなりと転職がかなう業種としては、人材不足が社会問題にまでなっている医療や介護系のジャンルがとても有名ですね。医療や介護の業種ではそれぞれ看護師・介護士の「資格」が必要で、ハードルの高いジャンルといえます。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていて様々な事情により、他の業界に転職しようと思う場合は、簡単に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外の多数の業界は、人材の流動性は少なくなります。そのため、簡単に考えないことが大切です。転職をされるのであれば、「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを理解しておきましょう。

いよいよ転職することを考えているのなら、今いる業務や業務…

そろそろ転職することを考えているのなら、直近の仕事や業務の何に不満を感じているのかを洗い出しておきましょう。これは当然できていると思われますが、意外とできてないです。そもそも不平があるから転職したい、と考えるのは分かります。しかし「現在ある職場・業務の客観的に考えた不満点を書き出す」ことを多くの人はやっていません。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。そして、転職を叶えたとしたら、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確化してみましょう。転職できたとしても、すべての問題が解決するとは限りません。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職後のモチベーションの低下を防ぐことができるでしょう。

退職|転職活動を成功させたい場合、希望している企業そのものより・・

転職活動といえば、希望先転職先の会社企業というより、採用担当の面接係員とのやり取りが重要といってもいいでしょう。面接で満足いく結果を出すために、初歩としてあまり意識せずに冷静に、焦る気持ちににならないように、例えれば素敵な女性とのお見合いのような気分でいる、向かうと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。面接を通じてまず最初にあなた自身の人間性や人柄を評価してもらうので悪い印象を与える態度は注意し控えましょう。また社会人らしい転職活動にふさわしい服装(T・P・O)を意識しておきましょう。面接官に良い印象を残せれば、自然と良い結果も出やすくなるでしょう。

再就職の面接などにおいて担当者が名刺を差し出してきた場合・・

再就職の時の面接などの際に面接担当者に名刺を差し出された場合、こちら側も名刺を相手に差し出すべきであるのか?差し出すべきではないのか?と悩んだら、大体は差し出さなくても良いと知っておくと良いですね。面接というものは仕事内ではなくて、仕事を得るための採用活動内のことです。ですから普通一般的には名刺をやりとりする時とは違います。それに、あなたは会社の人間として出向いているのではなく、あなた個人の問題でこの場にいるわけです。という訳で、もし相手から名刺を渡さても、あなた自身は名刺をもらうだけで大丈夫で、担当者に相手の方にあげることは少しもないと推測できるのです。

退職|退職と転職を度々しないための術が一つだけあります。

退職と転職を繰り返さないための方法が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、精神的に成長すると、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。ネット社会の現在では精神面を強くするヒントはとてもたくさんあります。そんな、時に転職とは関係のない行動をすることも精神面を強くすることが可能です。オススメは、ズバリ「外国に行くこと」です。海外に旅行に行くと言葉も文化も日本のそれとは全く異なるので、どんな瞬間も勉強になります。なので、精神的な成長は、想像以上に得らるはずです。日本に帰ってくると、自分のこれまでの視野の狭さに驚き、世間はこんなにも狭かったのだということを実感することができます。その気持ちのまま(転職のための)面接を行えば、今までとは格段に違い自信満々に自己アピールができるはずです。でも、退職直後は精神的に弱くなりがちなので、心の回復のために休みも必要です。

大好きなことを仕事にしたいという風に考えている人は要注意です。

自分の大好きな分野の仕事に就きたいと思っている方は注意した方が良いです。私が実際に体験したことなるのですが、私自身、食べることが本当に大好きでそれが理由で料理店に勤めていた時期がありました。そのお店での業務内容は、そのお店で私が担当していた業務内容は、盛り付け作業やホール業務でした。この業務内容については、嫌とかいったこともなく楽しんで働いていました。けれども、人間関係にとても悩まされました。ということが原因で、職場を離れることになったのですが、その影響で、大好きだった食べることやその飲食店でメニューとして扱われていた食べ物も苦手になり、似たような飲食店には現在も行く勇気がありません。当時の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。仕事を始めた頃は、好きだった店が嫌いになってしまいました。自分自身の好きなことを仕事にしたいと夢をみるのはステキだと思います。ですが、あなたの「好き」はどのくらい本気なものなのか、もう一度自分自身に尋ねる必要がありそうです。