退職|転職の採用面接に転職希望の会社へ行きました。

転職のための採用面接を受けにある会社に行きました。

  • 転職したい会社の採用面接に希望先の会社へ出向いたときのことです。その日に限って会社の部屋が空きがないということで外部のとある場所で面接をする方と待ち合わせをして採用面接が行われ、その場所で解散し、面接を行った方もそのまま自宅に直帰されるとのことでしたが、なんと自宅の最寄駅が一緒だったのです。それで電車の中においてもずっと話しながらいっしょに帰宅することになり、そのため緊張がなくなり面接しているよりもお話が弾んで、それが原因か何の問題もなく採用をゲットすることができました。

  • このように昨今の企業の雇用に対する考え方の変化につい・・

  • このように今の時代の会社や企業の労働背景の変化において、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若い世代ほど関心度が高いといわれています。多分、先行きのキャリアアップを見据えているのでしょう。そんなわけで、サラリーマンや労働者といった人たちの「流動化」が顕著となっているので、より一層、今後、若年層以外の層にも転職の注目が高まる気がします。労働力の「流動化」が進むことで労働者の転職は身近なものとなるのは間違いありません。「終身雇用制度」が実在したしたかつては、「転職」をする人は、それだけで経歴にマイナス評価がつく、と言われて転職しようにもうまくいかない人もたくさんありました。ですが、時代が変わり現在やっている会社のみに執着する意味も必要性も無くなってきていると言われています。

  • 失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが・・

  • 失業した人に給付される失業保険は、失業している間もらえるが、いつまでも受け取れるワケではなく、「期間」があります。失業時までに働いていた期間によって3か月とか1年とかが決まるのだが、驚くことにこの事実を知らない人がいたりします。永久にもらえるものと勘違いして失業保険で生活すればいいと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから焦りながら就業先を探しても良い結果につながらない可能性が高いのです。会社の面接官も無能では無いので、失業中に遊び惚けていなかったのかについてそこそこ察しがつくでしょう。相手によっては、面接の際にその手の質問をされることもあります。答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、不合格となるでしょう。

  • 先週転職先を見つけるために人材バンクへ登録をしに行きました。

  • 昨日転職活動の一環として人材紹介会社へと登録に足を運びました。私のカウンセリングのために出てきた担当者の雰囲気が見たところ大学卒業後まもない社員のようで、こちらが説明していることの2分の1も彼はわかってはいない感じです!おまけに「キャリアデザインを考え直さなければいけません」とか「もっと自分の強みと弱みを明確化するべきです」とか、大上段から横柄にしゃべるので大変不快な気分になりました。カウンセリングを担当させるのは多少は社会人の経験がある人にするべきです。

  • 退職|就職活動において、年収はかなり大事な要素です。

  • 就職活動において、カギになるのは年収です。面接において、大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき本当の年収より多く言って、高額な年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。最終的には源泉徴収を提出することになるので、もし一度は騙せたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的にはウソはバレてしまうからです。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現在の年収を水増しせずに申告し、それに見合った希望年収額を設定するのが正解です。例をあげれば、現在の年収が300万円の人が転職後にいきなり500万円になる可能性はほぼあり得ません。たとえば、現在が430万円の年収であれば、希望額は400~450万円であると伝えておくのが無難です。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなって、せっかく入社したのに退職せざるを得なくなる恐れもあるので、気をつけましょう。

  • 退職|とみにPCやスマホで調べればインターネット上では、要する・・

  • 世の中は変わっていてパソコンやスマホを使えばネットのエリアには、今では「転職に関するサイト」と呼ばれるものがそこらじゅうに存在しています。その多くて困るくらいのサイトから自分が求めている転職先を見つけたいなら、なんといっても情報を収集することをしましょう。こんなサイトをきっちり使うことで、スムーズな転職先を探せます。転職情報が満載で、客観性と正確性を持ち合わせた優良なサイトがある一方で、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。利用して間もない頃は、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることが大切ですからよそと比較しながらチェックしてみてください。

  • 退職|在職中であるのなら、なるべく周りの人にバレないよう(…

  • 在職期間中なら、極力周りの人にバレないよう(私の経験談ですが)就労期間中に転社する意図だけを早いうちに周りの人に言ってみたことがありました。ですが、その顎、求人誌を散々あれこれチェックしていったのですが、就職する転職時期さえも何も進めていたので、いつの間にか時間が過ぎてしまいました。挙句の果てには一方、会社の方も退職に関わる引継ぎや手続き、私自身の退職予定日などが確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経て次の就職先を見付けなくてはなりませんでした。

  • もしあなたが将来、転職したいと考えているなら、転職する…

  • もしも転職を考えているのなら、転職する前に資格を取得することで有利に事が運びます。また、現在の仕事をしているあいだに資格取得しておくのがベストです。転職活動に有利に働くので新しい職場も探しやすくなります。ですから、在職中であり、かつ転職活動前の段階がもっとも最適といえます。もしあなたが将来のために、社会的にニーズの高い資格を取得しておけば、現在の会社を退職後も後悔することなく前に進めるはずです。それにプラスして、資格を取得した後では、面接の際担当者に即戦力になる人材だと認められ、待遇が良くなる可能性が高くなります。

  • 仮に転職を目指そうとしても、何もかもが都合よく運ぶとは言い切れません。

  • 再就職を考える場合、全てが首尾よく運ぶかどうかはわかりません。可能であれば、どちらにしても転職をしなくてはならないなら年齢が若いうちに転職を試みるべきでしょう。普通は、20代のうちは良い結果が出やすいですが、30代後半~40代に達すると転職活動全般は、とても厳しいものと考えておくべきです。管理職などに就いているのなら、転職の意識が強くなっていても今の会社に残ることも選択肢の一つには入れておくべきです。ようするに、退社してから転職活動を行うよりも、今の会社には残ったままじっくり探すほうが良いということです。

  • 退職|この先、私たちの社会的環境においてみるみるうちに考えなくてもできる労・・

  • 将来、社会的には確実に簡単な仕事は機械に置き換わって当然の結果として労働力はどう考えても減っていきます。簡単な労働は人よりも機械で作業するほうが比べられないほど分があるからです。例えば、数をカウントしたり、同じ作業をずっとリピートしたりすることは機械では当然何の苦もありません。当たり前のことながら人と違って言い訳することもないし、肉体的な疲れもないし、インチキをすることもないし、正確にこなしてくれますし、均一化できるメリットもあります。おまけに人と違って「人件費」が発生しません。このように、人間を使う意味が到底なさすぎます。ですから機械化されるのは当然の流れなのです。

  • 退職|あなたが持つ現在のスキルや資格を活かしつつ、就職…

  • 今ある自分のスキルをふまえて就職活動をしようと考えているのなら、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種とそうでないものを知っておいてください。転職しやすい業界は、働き手がいないと問題となっている「医療・介護」の分野がとても有名ですね。医療・介護系の仕事はそれぞれ看護師・介護士は看護師や介護士といった国家資格が必要で、ハードルが若干高いのも転職しやすさの拍車を掛けています。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていて様々な理由により、他のジャンルへ転職してみたいと思う場合は、簡単に決めてしまわないほうが無難です。「医療」「介護」以外のスタッフの流動性は決して高くはないのです。なので、容易に考えない事が必要です。再就職をされるのであれば、異業種ではなかなか厳しいものになると覚悟しておきましょう。

  • 今からでも転職活動をするのなら、今の仕事や業務の何が気に入らないのか…

  • 明日からでも転職することを希望しているのなら、今いる業務や業務の何に不満を感じているのかをリストアップしてみましょう。当然できていると思うと、意外とできてないです。不満があるから転職したい、と考えるのは分かります。が、「現状の職場・業務の客観的に考えた不満を挙げる」ことをほとんどの人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。そのあとに、仕事を変えることで「どういった事がマイナスになるだろうか」を明確にイメージしてみましょう。なぜなら、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。こうした整理をする事で、転職後のモチベーションの低下を防ぐ事が可能なはずです。

  • 転職活動で大事なことは希望している企業そのものより…

  • 転職のための活動は企業そのものよりも、採用担当の面接官とのやり取りが重要といってもいいでしょう。しっかりと採用してもらうために、第一歩として肩の力を抜いて焦る気持ちを抑え、平常心を意識しましょう。例えれば女性とお見合いをする意識で望むのも大事でしょう。また面接に進むと第一歩としてあなたの「人間性」をくまなく見られるのでマイナスな印象につながる行動は気をつけてゼッタイに避けましょう。なおかつ常識的な社会人らしく清潔感・好感度ある服装(T・P・O)を意識してみてください。あなたらしさを表現できるといいでしょう。面接官に企業に採用したい人材と認識されれば、きっと転職活動はかなり楽になります。

  • 退職|再就職での面接などの時にもし担当者に名刺を渡された場合…

  • 転職での面接などの時に面接担当者に名刺を差し出されたとしたら、自分も同様に名刺を渡すべきかどうかと迷ったら、基本的には差し出すことはないと頭に入れておきましょう。面接においては仕事の内ではなくて、職を得るための就職活動の一環なわけですから、ほとんどは名刺をやりとりする場ではないのです。また、あなたは会社の人として出向いているのではなく、個人的なことでこの場にいるわけです。そういった訳で、もしも相手の方から名刺を渡された時でも、こちらとしては名刺をもらうだけで大丈夫で、担当者に相手側にあげる義務は少しもないと思われます。

  • 転社を繰り返さないための対策は至ってシンプルです。

  • 退職と転職を繰り返す日々を止めるためにすることはただ一つです。スキルを向上させることもそうですが、メンタル面を鍛えると、転職を繰り返しません。今ではインターネットを用いてメンタル面を強くする自己啓発系の情報は満載になっています。また、意外と思われるかもしれませんが、転職とは関係のない行動をすることもメンタル面を鍛えさせてくれます。何かと言うと「海外旅行」です。海外旅行に行くと、文化も言葉も違うので、すべてのことが良い刺激となります。なので、心の成長を成し遂げるにはぴったりの策といえます。日本に戻ってくると、「自分の視野の狭さ」に気づき、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま、(転職のための)面接に臨めば、これまでの面接とは違い自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。でも、退職直後は精神的に弱っていることが多いので、気力が回復したと思えるまで、しっかり休みましょう。

  • 好きなことを仕事にしたいという風に思っている人は注意した方が良いです。

  • 自分の好き、を仕事にしたいと思っている人は注意した方が良いです。これは、私の体験に基づいたことなるのですが、私の場合、もともと食べることが好きでそれが理由で、前に、レストランで働いていたことがあります。そのお店での業務内容は、そのレストランで私が任されていた業務は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務です。この仕事内容に関しては、嫌なこともなく楽しんで働いていました。しかし、人間関係のいざこざにとても疲れてしまったのです。そのことが引き金となって仕事をやめることになったのですが、その影響からか、食べること、そしてその飲食店でメニューとして扱っていた食べ物さえも苦手になってしまい、同ジャンルの店にはしばらく経った今も行けません。当時の店の匂いを思い出すのも苦手です。この仕事に就いた頃は、大好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。自分の好きなジャンルの仕事に就きたいと夢見て、実現させることはステキだと思います。ですが、あなたの「好き」はどのくらい本気なものなのか、真剣に自分自身と向き合ってから行動するべきです。