退職|転職の採用面接を受けにとある会社に向かいました。

退職|転職のための面接に赴きました。

転職のための採用面接にとある会社に出向きました。偶然会社内の面接をする部屋が空きがないということで外の会場で面接官との待ち合わせをして面接をして、その場で解散をして、面接を行った方もそのまま自宅に直帰されるとのことだったのですが、偶然にも自宅からの最寄駅が一緒。ですから電車の中でも面接を行った人とずっと話しながら帰宅することになり、その結果緊張がなくなり面接よりお話が弾んで、それが良かったのか最終的に採用を手に入れることができました。

退職|昨今の雇用事情が大きく変わったことを、若い世代は鋭敏に感じ取っ・・

このように近年の雇用事情が激しく変わってきたことに当たって、社会人の中で34歳ぐらいまでの若者の世代が特に興味を持って見ているようです。将来を見据えた動きなのでしょう。こういった背景からサラリーマン・労働者などの労働市場の流動化が進んでいるようで、より将来、より広い世代で転職についての関心が強くなるでしょう。このような事情から、勤め先を変えることは当たり前になり、「終身雇用制度」が実在した時代には、「会社を辞めて転職」はそれだけで若干ネガティブなイメージがあり、転職しようにもうまくいかない人もあったのです。けれども、時流の変化とともに今現在の会社に執着する意味も必要性も薄れてきています。

失業した際に給付される失業保険は、失業中であることが給付のため必要ですが・・

失業によって得られる失業保険は、失業のあいだが給付の条件ですが、「期間」が定められています。離職時までに勤務していた期間によって異なり、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、世の中にはこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。失業中である限りもらえると思い込んで失業保険が給付されるからと遊び続けている人もいますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから焦りつつ仕事を見つけようとしても良い結果につながらない可能性が高いのです。面接に応じる担当者も無能ではないので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」といった箇所はおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。状況次第では、面接時に失業中の行動を根掘り葉掘り聞かれることもあります。返答に詰まったり、自身を良く見せようとバレバレの嘘をついてしまうと、まず受からないでしょう。

昨日転職先の会社を探すために人材バンクへ登録に向かいました。

3日ほど前転職の準備をしておこうと人材紹介会社へ登録に行きました。そこで登録カウンセリングに出てきた担当の人の雰囲気がどうも新入社員みたいで、こちらが説明していることの50%ほどもその社員は理解ができていない様子です。それに加えて「キャリアデザインが全然ですね」とか「もっと自分の強みと弱みを明確化しておくことが必要です」とか、知ったかぶりに横柄に言うので大変嫌な気分になりました。カウンセリングを担当させるのはある程度能力のある社員に、してほしいと感じます。

退職|就職活動において、年収は極めて大切な要素です。

就職活動において、年収は極めて大切なポイントです。面接時には、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき実際の年収を偽って、多く申告し、転職先で高額の年収を得ようと試みても、無駄でしょう。源泉徴収票が必要となるため、一度は信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、どのみちウソがバレてしまうためです。最悪、転職先とのトラブルにもなりかねないので、現在の年収を正確に伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが正解です。なお、年収400万の人が急に年収500万になるようなことは極めて小さいです。今、430万円の年収であるのなら、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくべきでしょう。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなって、一時的に入社できたとしても、退職に追い込まれる状況も考えられます。

退職|近頃スマートフォンを使えばインターネットの世界では、…

この頃はパソコンやスマホを見ればインターネットで見られる世界では「転職のためのサイト」と呼ばれるものがかなりの数存在しているのをご存知でしょうか?その多くて困るくらいのサイトから自身の目的に合った転職先を探すためにも、なんといっても情報を収集することが必要です。サイトをきっちり利用することで効率的に転職先探しが可能です。転職情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報満載の有益な「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、注意が必要です。利用して間もない頃は、信用に足るサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますから同ジャンルのサイトと比較しながら厳しくチェックしてみてください。

退職|在職期間にあるときは、できたら、周りの人間に悟られないよう・・

就労であるのなら、可能であれば、会社内の人にバレないよう(自身の例ですが)雇用期間中に「転業するかも」という意思表示のみを活動初期に同僚に知らせたことがあります。ですが、それから、求人を散々探してみたものの、働く先や仕事を変えるタイミングも計画も立てずに決まらないまま、ダラダラ時間が過ぎてしまいました。挙句の果てにはその一方で、会社の方も仕事の引き継ぎ予定や手続き、自らの退職予定日などが段々と確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、お粗末な状況で会社を去ることになりました。実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経たのち、次の就業先を探す流れになりました。

もしも転職するのなら、あらかじめ資格を取得することで選択肢が増えます。

もしもあなたが転職を予定しているのなら、転職前に資格を取得することで有利に事が運びます。また、職場に籍をおいているあいだに、資格を取るのがおすすめです。転職の際でそれを生かせるので、転職できる企業がグッと増えます。ですので、在職期間中での資格取得が一番最適といえます。あなたが再就職を考えているなら、実際に役に立つ資格を取得しておくと、今の職場を離れたあとも心残りなく仕事を探せます。それに加えて、資格取得によって面接の際「即戦力」と判断され、今までの職場より待遇も良くなる可能性があります。

仮に転職を考えたとしても、全てが順調にいくという保証はどこにもありません。

仮に再就職を目指そうとしても、全部が首尾よく運ぶと断言はできません。可能であれば、支障がないならあなたの年齢が若いうちに行動に移すほうが良いでしょう。たいていの場合、20代のあいだは良い展開を期待できますが、30代後半~40代に入ってしまうと転職の場合は、たいへん厳しいものと考えておくべきです。もしも、重要なポジションにいる場合、転職の意思が強くなっていても現在の会社に留まることも選択肢の一つには入れておくべきです。ようするに、退社してから転職活動を行うよりも、現在の会社に残りつつ、時間をかけて慎重に探すほうが良いでしょう。

退職|将来、労働力という観点において着実に考えなくてもできる仕事は…

私たちの労働環境は、将来的にみるみるうちに思考を必要としない労働は機械化が発展していき結果的に必要な労働力は少なからず削減させられてしまいます。というのも、思考を必要としない労働は人よりも機械のほうが比べられないほど分があるからです。例えば、数量を計測したり、同一の動作をリピートしたりすることは機械にとっては問題ありません。もちろん人間とは違って愚痴を言わず、肉体的な疲れもないし、適当にすることもないし、何より正確ですし、均一化できる強みもあります。さらには、報酬を渡さなくてもいいのがメリットといえます。わざわざ人を使う理由が到底なさすぎます。ですから機械化の流れは無理はありません。

退職|今ある自分のスキルや資格を有効活用しながら、転職活…

あなたが持つ現在のスキルや資格が有利にはたらくように就職活動したいと思っているなら、再就職がしやすい業界と、そうでないものとを理解しておいてください。すんなりと転職がかなう業界としては、慢性的な人手不足に陥ってる医療や介護系のジャンルが代表的といえます。医療・介護系の仕事はそれぞれ看護師・介護士は「資格」が必須で、ハードルが高めの業種ともいえます。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていて仕事に対しての不満によって、異業種に再就職したいと考えているのなら、すこし踏みとどまった方が良いです。「医療」「介護」以外の大半の業界は、スタッフの流動性は現業界よりも少なく、したがって、容易に考えないことが重要です。異業種への転職を希望するなら、他の業界では「売り手市場」な前提で軽率な行動を取らないように理解しておきましょう。

退職|そのうち転職活動しようと思うのなら、今の仕事・業務の何に不満があるの・・

そのうち転職活動をするに当たっては、現在の仕事・業務での納得いかない部分を洗い出しておきましょう。そもそも不平にガマンできないから転職したい、と考えるのは分かります。しかし「ちゃんと現状である業務の問題な点を明確化する」ことを多くの人はやっていません。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職における後悔を減らせます。そのあと、転職を叶えたあと、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職してからのモチベーションの低下は防ぎやすく、成功することが可能です。

転職は、最初の第一歩は企業そのものというより、人事や採用担当の面接係員と・・

転職とは、企業そのものよりも、どちらかと言えば面接係員とのやり取りが重要といえます。しっかりと採用してもらうために、ゼッタイに面接が始まる前に焦らず、平常心でいるように心がけましょう。例を挙げると女性とお見合いをする姿勢で望むと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。また面接では最も最初にあなたの人柄や人間性を判定してもらうので余計な誤解を招くような態度や身なりは気をつけてぜったいに控えましょう。そしてモラルある社会人らしい転職活動にふさわしい服装(T・P・O)を意識しておきましょう。オーラを感じさせることができればいいです。企業にとって必要な人材と感じてもらえれば、きっと良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。

退職|再就職の時の面接などの際にもし面接担当者に名刺を手渡されとしたら・・

再就職における面接などに関してもし面接担当者に名刺を渡された場合、あなたも同様に名刺を渡した方が良いのか?渡さないほうが良いのか?と対応の仕方に迷ったときは、たいていは差し出さなくても良いと頭に入れておきましょう。転職のための面接に関して言えば仕事の内ではなくて、就職活動の一環です。ですからほとんどの場合は名刺を交換する場ではありません。それに加えて、あなたは会社の者としてその場にいるのではなく、個人の問題でこの場にいるわけです。したがって、もし相手の方から名刺を渡された時でも、こちら側は受け取るだけで問題なくて、面接担当者に相手側に渡す責任は少しもないと推測できるのです。

転職を度々しないための対策は、シンプルです。

転社を繰り返さないための対策が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、精神的なスキルを磨くとそう簡単に転職を繰り返さなくなります。現在はネットもあるので、精神面を強くするための自己啓発系の情報はたくさんあります。そんな、時に転職とは全く異なる行動によっても、精神面を鍛えることができます。オススメは、ズバリ「海外に行くこと」です。海外に旅行に行くと文化、言語、生活様式など、違うことばかりなので、大きな刺激を常に得られます。なので、心の成長を成し遂げるにはぴったりの策といえます。帰国してみると、自分のこれまでの視野の狭さに驚き、世間はこんなにも狭かったのだということを思い知らされることになります。この状態のまま面接に向かえば、これまでの面接とは違って自信に満ち溢れた態度を示すことができます。ただし、退職して間もない頃は精神的にまいっている人も多いので休業期間も必要です。

退職|得意なことや大好きなことを仕事にしたいという風に考えている人は注意した方が良いです。

大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている人は注意です。これは、私の体験に基づいたことなるのですが、私自身、食べることが本当に好きでそれが高じて飲食店(レストラン)で勤務していたことがあります。その飲食店での仕事内容は、その飲食店で私が任されていた業務は、簡単な盛り付けやホール業務でした。この業務内容については、嫌なこともありませんでしたし楽しんで仕事ができていました。ですが、人間関係にすごく疲れてしまったのです。ということが引き金になって、仕事をやめることにしたのですが、その影響で、食べること、またそのレストランでメニューとして扱われていた食べ物も嫌いになってしまい、その系列の店にはしばらく経った今も行けていません。当時の店の匂いを思い出すだけで辛くなります。仕事を始めた当初、大好きだった店が嫌いになってしまいました。自分の得意なことや大好きなことを仕事にしたいと夢見て、実現できるのは素敵なことですが、ですが、「好き」はどのくらい本気なものなのか、冷静に自分自身に尋ねる必要がありそうです。