退職|転職の面接に転職したい会社へ出向きました。

退職|転職時の採用面接に転職希望の会社へ伺いました。

転職の面接を受けに転職希望の会社へ赴きました。会社の会議室や応接室が空いていないということで会社外で面接官との待ち合わせをして面接を行って、当該会場で解散をして、面接を行った方も会社に帰らず自宅に直接帰るとのことでしたが、なんと自宅からの最寄駅が同じ。結局は電車内でも面接官とずっとお話しながら帰宅することになって、打ち解けて面接より話が弾み、それが奏功したからなのか何の問題もなく採用を勝ちとることができました。

このように現代の会社や企業の労働環境が大きく変わったこ…

このように昨今の労働背景が目まぐるしく変わってきたことに関して、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若者たちほど鋭敏に感じ取っているようです。十中八九自身のキャリアアップと転職とを思案しているのでしょう。サラリーマンや労働者といった人たちの労働力の「流動化」が年々大きくなっているので、次第に今後、益々転職への注目が高まる気がします。「流動化」が進んでいく結果、転職は他人事でなくなりつつあります。「終身雇用制度」が普通に存在した頃には、転職者をする人は、それだけで経歴にマイナス評価がつく、と言われて損をしてしまうこともあったようです。ですが、社会が変化し今の会社だけに執着する必要が特に無いように思います。

失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業中でなければ給付されません…

失業した人に給付される失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、いつまでも受け取れるワケではなく、「期間」があります。離職時までに働いていた期間によって違い、90日とか120日とかが決まるのですが、世の中にはこのような事実を理解していない人が少なくありません。失業を続ける限り給付されると勘違いして仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて求職活動をしない人もいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き急に就業先を探してもあまりいいところは見つかりません。面接担当者が馬鹿である場合を除いて「いつに失業したか」「どのくらい失業期間があるか」「その間、何をしてたか?」といったことくらいはだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。ときには、面接時にそういった質問をされるキケンもあります。答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、合格する可能性は限りなくゼロに近くなります。

一昨日転職先を探すために人材紹介会社へ登録に出向きました。

昨日転職先の会社を探すために人材紹介会社へと登録に足を運びました。登録カウンセリングの際に出てきた担当者が見た感じ入社して間もない新入社員で、私が伝えたいことの3割もその社員は理解ができていない感じ。そのうえ「キャリアデザインが全然ですね」とか「自分の強みは何なのか考えるべきです」とか、一丁前のことを偉そうに言い散らかすので大変不愉快でした。カウンセリングを担当する人はそれなりに社会人を経験している人にしてほしいと感じます。

退職|就職活動において、年収は非常に大切なポイントです。

就職活動において、年収は大変重要なポイントです。面接の時、今現在に得ている年収と、今後の希望年収額について質問されるはずです。このとき実際もらっている年収よりも多めに申告し、転職先の年収をアップさせようとはしないでおきましょう。なぜなら、結局は源泉徴収を提出することになるので、たとえ一時的に信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的にはウソはバレてしまうからです。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現在の会社での年収を正確に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。例をあげると、現在の年収が300万円の人が転職して500万円となる可能性はほとんど無い、と見ておくべきです。現在が430万円の年収であれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが良いでしょう。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、入社できたのを退職に追いやられる事態になるおそれもあるので、注意しましょう。

退職|最近はパソコンで調べればインターネット上には、いわゆ…

この頃パソコンは便利でネット上では、今では「転職に役に立つサイト」に類するものが数限りなく存在します。その多くのサイトから自身の目的にあった転職先というのを見付けるために、なんといっても情報収集が必要です。こういう転職サイトをきっちり使うことで、スムーズな転職先探しができます。転職情報が満載で、正しいレビューなども載っている「転職サイト」もありますが、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから注意しておきましょう。まずは、実際に信用していいサイトであるかを見極めることが大切ですから他と比べつつ、チェックしてみましょう。

退職|在職期間中なら、極力水面下で(自身の例ですが)在職…

就労期間中は、できるだけ会社内の人にバレないよう(私の経験談ですが)雇用期間中に「転職するかも」という考えを早いうちに同僚に話したことがあります。ところが、その顎、求人誌を探していたのですが、結局は転職先や時期などすら何も決まらずダラダラ時間が過ぎてしまいました。そして会社の側は、業務の引き継ぎや手続き、退職日などが決定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で転職先を探していく」という、本末転倒な状況で会社を去ることになりました。実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経たのち、次の就業先を見付ける活動をはじめました。

もしも転職を考えているなら、事前に資格を取るのがおすすめです。

もしも転職を予定しているのなら、転職する前に「資格」を取っておくと選択肢が増えます。また、現在の仕事をしているあいだに資格を取得しておけば、転職活動でそれを生かせることができるので、転職の幅がグッと拡がります。そういうわけで、資格取得するなら、在職期間中にベストな時期といえます。あなたがキャリアアップを考えているなら、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、今の会社を退職後も後悔なく次に進めます。おまけに、資格取得後は転職先の面接で担当者に戦力になると判断してもらえ、これまでより待遇も良くなる可能性があります。

退職|再就職しようとしても全部がスムーズに進行すると断言はできません。

転職を考える場合、全部がうまくいくかどうかはわかりません。できればそのうちに転職をしなくてはならないなら歳の若いうちに出来るだけ早く行動しておくべきです。大半の場合、20代の若いうちはとても有利ですが、残念なことに、30代後半~40代に達してしまうと転職活動全般は、たいへん厳しいといえます。管理職などの重要なポジションに就いているのなら、転職に気持ちが傾いたとしても、会社に残ることも結論として選ぶ答えの中に入れておくべきです。要するに、退職届を出してから転職活動するよりも、今の仕事は続けながら時間をかけて注意深く行動したほうが堅実です。

退職|私たちの社会的環境において、将来的に着々と思考を必要としない仕事は…

この先、私たちの社会的環境において確実に考えなくてもできる作業は機械に変換されてその切り替えによって必要な労働人口はどうしても減少していきます。なぜなら、思考を必要としない労働という観点では人以上に機械で作業するほうが圧倒的に能力が高いからです。数をカウントしたり、同じ動作をずっと繰り返したりすることは機械なら何も不自由もありません。当たり前のことながら人間とは違って愚痴を言わないし、疲れ知らず、横着をすることもないし、正確だし均一にこなせます。加えて、人と違って給与も発生しません。人を使う理由が到底無いため、機械に移行していくのも必然といえるでしょう。

今あるスキルを活用しながら就職活動を考える場合に、比較的、転職しやすい業・・

あなたが持つ現在のスキルを有効活用しながら、就職活動する場合は、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界とそうではない業界がある事を大まかに知っておきましょう。すんなりと転職がかなうジャンルとしては、慢性的に人材不足がいわれている「医療・介護」の分野が代表例といえます。医療や介護の業種では看護師や介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、容易に応募することができない事がかなり大きく影響しています。今現在、医療従事者として勤務している人が、何かしらの事情によって他業界に転職したいと思っているなら、少し考えてみたほうが良いです。「医療」「介護」以外の多数の業界は、働き手の流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。ですので、簡単に考えないことが重要です。異業種への転職を本気で考えるのであれば、他の業界では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと気をつけておきましょう。

退職|明日からでも転職活動しようと考えるのなら、直近の職場・業・・

明日からでも転職活動を希望しているのなら、直近の仕事の何が気に入らないのかをリストアップしてみましょう。当然できていると思うと、意外とできてないです。そもそも不満な点があるから転職したい、と考えるのは分かります。でも「存在する人間関係などの客観的にみた問題点を列挙する」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。そのあとに、仕事を変えることで「今より何が不便になるか」をしっかり想像してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、現状の問題が全て解消されるとは限りません。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職してからのモチベーションの低下は抑えることは可能なはずです。

退職|転職は、最初の第一歩は希望する企業相手というよりもどっちかというと「担当面接官」…

転職活動は、企業とのやりとりというよりどちらかと言えば面接係員とのやり取りが大事といってもいいでしょう。採用担当の面接係員に良い印象を与えるために、第一歩として普段通りを意識して平常心で対応することを心がけましょう。たとえば素敵な女性とお見合いするかのような姿勢でいる向かうと良いかもしれません。とくに面接がはじまると最初にあなたの人柄や人間性を評価されるので悪い印象を与える行動は注意しゼッタイにやめましょう。なおかつモラルある社会人らしい面接に適した服装(T・P・O)を意識しておく必要があります。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。魅力ある人物と思ってもらうことができれば、かならず自然と良い結果も出やすくなるでしょう。

再就職の面接などにおいてもし面接担当者に名刺を渡された…

再就職での面接などの時にもし面接担当者に名刺を渡された時、同じようにあなたも名刺を渡した方が良いのか?渡さないほうが良いのか?と対応の仕方に悩んだときは、たいていは差し出さなくても良いと覚えておいてください。面接というものは仕事の内ではなくて、職に就くための就職活動の一部であるわけですから、普通に考えれば名刺をやりとりする時ではないのです。重ねて、あなたは会社の者としてその場にいるのではなく、個人のことでそこにいるわけです。それゆえ、相手から名刺を渡されたとしても、あなた自身は名刺を受け取るだけで大丈夫で、担当者に相手に渡す義務は少しもないと言えます。

退職|退職と転職を度々しないための方法が一つだけあります。

転職を繰り返す日々を止めるための方法が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、精神面を鍛えると、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。現在はインターネットがいつでも使えるので、精神面を強くするヒントはたくさんあります。また、意外と思われるかもしれませんが、転職とは違う行動をすることも精神面を鍛えることができます。その最たる例はズバリ「外国に行くこと」ですね。海外に旅行に行くと言語、文化、生活様式など、違うことばかりなので、逐一、勉強になります。ですから、精神的成長を果たしたい人にはピッタリの修行といえます。日本に戻ってくると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと実感することができます。この状態のまま、面接に臨めば、今までとは格段に違い胸を張った面接になるので良い方法です。しかし、退職後しばらくの間は精神的に弱っている人が多いのでこれからのために休暇も必要です。

退職|自分の得意なことや好きな分野の仕事に就きたいと考えている人は注意が必要です。

大好き、を仕事にしたいという風に考えている人は要注意です。これは、私の経験に基づいたことなのですが、私自身、食べることが大好きだったのですが、それが高じて、過去には、飲食業界(レストラン)で勤務していた時期がありました。そのお店での業務内容は、そのお店で担当していた業務内容は、簡単な盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容については、不満もありませんでしたし楽しんで働いていました。ですが、人間関係のいざこざですごく嫌になってしまったのです。ということが引き金になって、仕事をやめましたが、その影響で、あんなに好きだった食べることやその店でメニューとして提供されていた食べ物さえも嫌になってしまい、似たような店には現在も行くことができません。当時の店の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。仕事を始めた頃は、大好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分の趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きたいと夢見て、実現させることは本当に素敵なことだとは思います。しかし、あなたの「好き」のレベルはどの程度のものなのか、じっくり冷静に自分と向き合う必要があります。