退職|転職の面接を受けるため転職したい会社へ伺いました。

転職のための面接を受けにある会社に赴いたときのことです…

  • 転職したい会社の採用面接に転職希望の会社へ向かいました。その日に限って会社の部屋が空いていないというわけで外部のとある場所で人事部の人と待ち合わせて採用面接を行って、その場所で解散、面接担当者も会社に寄ることなく直接帰宅するとのことでしたが、偶然にも下りる駅が私と一緒だったのです。ですから電車の中でも一緒にお話をしながら帰ることになって、その結果緊張がなくなり面接しているよりも話が弾み、それがプラスになったのか運良く採用を勝ちとることができました。
  • 退職|このように現代の企業の労働背景が大きく変化したことについて、全世代の…

  • 現在の企業の労働環境が激しく変わってきたことにおいて、34歳ぐらいまでの若者の世代が特に関心を持って見ているようです。大方、今後の転身とキャリアアップを考えているのでしょう。従って、労働者・サラリーマンといった層の労働力の流動化が進行しているようで、一層、後々世代に関わらず転職についての関心度が強まっていくでしょう。この様な情勢の中、勤め先を変えることは一般的に広く受け入れられるようになるでしょう。「終身雇用制度」が機能したかつては、転職者はそれだけで印象が悪く、転職しようにもうまくいかない人もあったのです。ですが、社会が変化し現在やっている会社のみに執着する意味も必要性も減少しているように感じられます。
  • 失業した際にもらえる失業保険は、失業していることが給付の必要条件です…

  • 失業した人が受け取れる失業保険は、失業中でなければ給付されませんが、延々と受け取れるワケではなく、「期間」があります。給付期間は、これまでの勤続期間によって変わり、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、このような事実を理解していない人が少なくありません。失業を続ける限りもらえると勘違いして仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて求職活動をしない人もいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから急に就業先を探し始めても好条件の仕事を探すのは難しいです。転職先の面接官も無能ではないので、失業中にきちんと求職活動をしていたかといった内容はおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。もしかすると、面接時にそういった質問をされるキケンもあります。答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、合格する可能性は限りなくゼロに近くなります。
  • この前転職先を探すために人材紹介会社へと登録に出向きました。

  • 先週転職のために人材紹介会社へと登録に向かいました。そこで登録カウンセリングをしに出てきた担当者が見た感じ仕事に慣れていない社員のようで、私が説明したことの半分もその社員はわかってはいない模様だったのです。それでいて「キャリアデザインが緩いですね」とか「もっと自分の強みと弱みを明確化しておくことが大切です」等、ベテランのように偉そうにのたまうからとても不快な気分になりました。カウンセリングを担当する人は多少は社会人経験がある人にしてほしいと思います。
  • 就職活動において、年収はとても大事な要素です。

  • 就職活動において、ポイントになるのが年収です。面接では、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき現実の年収より多く言って、多額の年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。最終的には源泉徴収を提出することになるので、仮に一度は騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局はウソがバレてしまいます。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現在の会社での年収を正確に伝え、それに釣り合う希望年収を設定するのが一番良いです。ちなみに、今の年収が300万円の人が転職後にいきなり500万円になる可能性はまず無理です。もし、現在の年収が430万円であれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが良いです。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなり、一時的に転職先に合格をもらったとしても、退職を余儀なくされることもあるので、注意しましょう
  • この頃はPCを見ればネット上では、要するに「転職サイト」と呼ばれるも・・

  • 世の中は便利になったものでパソコンやスマホを使えばわかるけどインターネットで見られる世界では今では転職系のサイトが数限りなく存在しているのをご存知でしょうか?自身にピッタリの転職先と思えるのを見付けるためには、なんといっても情報が大事ですから収集をしましょう。「転職サイト」をうまく活用することで、効率的に転職先探しができます。客観性と正確性を持ち合わせた優良なサイトがある一方で、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、注意が必要です。使い慣れないうちは、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますから同ジャンルのサイトと比較しながら厳しくチェックしてみてください。
  • 就労であるのなら、可能なかぎり会社内の人にバレないよう・・

  • 就労中には、できるだけ周囲が気づかないように、(私の場合)前職中に転身の考えのみ早い時期に同僚に仄めかしたことがあります。しかしながら、それから、転職情報を必死に色々と探してみたものの、悲しいことに就職する時期などさえも無鉄砲に進めていたので、ズルズルと時間を空費する結果に。挙句の果てにはその傍ら、会社の側は、業務の引き継ぎ予定や手続き、自らの退職の日程などが確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で転職先を探していく」という、お粗末な状況下で会社を辞める形になりました。そして、思うような展開にはならず、失業期間を経験し、次の就業先を探すことになりました。
  • もしあなたが転職される場合は、事前に資格を取得しておくことをお勧めします。

  • もしあなたが将来、転職をするつもりなら、「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。また、職場に籍をおいているあいだに、資格を取得するのがお勧めです。転職活動時でそれを生かせるので、転職できる企業がグッと増えます。なので、在任期間中が資格取得においてのもっともよいタイミングです。もしもあなたが未来を見据えて、社会的にニーズの高い資格を取得しておけば、今の職場を離れたあとも前向きに次に進めるはずです。さらに、資格を手に入れることで面接の際戦力になると判断してもらえ、これまでより待遇も良くなる可能性があります。
  • 退職|再就職しようとしても全部が都合よく運ぶとは言えません。

  • 転職を考える場合、何もかもが首尾よく運ぶとは限りません、遅かれ早かれ転職をしなくてはならないならいつか、しようと思っているなら若いうちになるべく早く行動しておいたほうが良いです。普通は、20代のうちは結果が出やすいですが、残念なことに、30代後半~40代を迎えると転職の場合は、とても厳しいものと理解しておくべきです。もしも、重要な役職を担当している場合、転職を意識していても今の会社に籍を置くことも選択項目の一つには入れておくべきです。要するに、退職届を出したあとに転職活動するよりも、現在の会社をやめないまま、慎重に未来を構築していったほうが賢明といえます。
  • 私たちの社会的環境において、近い将来確実に短絡的な労…

  • 今後、私たちの社会的環境においてぐっと簡単な仕事は機械で済まされるようになり結果、人手は縮小していきます。というのは、短絡的な労働という観点ではヒトよりも機械のほうが圧倒的にすぐれているからです。例えば、数をカウントしたり、同じ手順を反復したりすることは機械では当然問題ありません。当たり前のことながら人間とは違って愚痴を言わないし、ペースが変わることもなくインチキをすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一化できるのも魅力です。また、給料も発生しません。ですので、人間を使う意味がなさすぎます。ですから機械に移行していくのも当然の流れなのです。
  • 自分のスキルや資格を活かしつつ、転職活動をするつもりなら・・

  • 今あるスキルを活かしつつ、就職活動を考える場合に、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界と比較的、再就職が難しい業界がある事を知っておくことは大切です。すんなりと転職がかなう職種としては、慢性的に人手が足りない「医療・介護」が、代表的といえます。医療・介護は、看護師、介護士資格が必要であるため、ハードルが高く、売り手市場となっています。今現在、医療従事者として働いている人が、諸事情によって、他の業界に転職しようと思う場合は、簡単に決めてしまわないほうが無難です。「医療」「介護」以外のスタッフの流動性は決して高くはないのです。なので、安易に考えないことが重要です。再就職をされるのであれば、他の業界では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと覚悟しておいたほうがよさそうです。
  • そのうちでも転職活動しようと思うのなら、現状の職場や…

  • 今からでも転職を考えているのなら、今現在の業務での納得いかない部分をハッキリとさせておく必要があります。これは当然できていると思われますが、意外とできてないです。そもそも不平があるからこそ、転職しようと思っているはずです。でも「ちゃんと現在の業務や業務の不満を明確化する」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。そのあとに、もしも転職した場合、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を想像してみましょう。転職できたとしても、現状の問題が全て解消されるとは限りません。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職してからのモチベーションの低下は抑えることは可能です。
  • 退職|転職活動といえば、希望する企業そのもの、というよりも…

  • 転職は、最初の第一歩は企業そのものというより、ある意味、「担当面接官」との勝負ともいえるでしょう。採用担当の面接官に良い印象を与えるために、第一歩として面接が始まるときに焦る気持ちを抑えて平常心を強く意識しましょう。たとえば女性とお見合いをするような意識で望むと良いと思います。面接では最も最初にあなたの「人間性」を観てもらうわけですから、マイナスな印象につながる身なりは注意しゼッタイにやめましょう。なおかつ良識ある社会人らしさが伝わるように、整った服装を意識してください。あなたの個性を表現できるといいでしょう。魅力ある人として面接官に認めてもらえれば、転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。
  • 再就職の面接などの場面でもし担当者に名刺を手渡された…

  • 再就職の面接などの場面で担当者に名刺を手渡されたら、あなたも同じように名刺を相手に渡す必要があるのか?と悩んだら、たいていは渡す必要はないと頭に入れておいてください。面接に関して言えば仕事の延長上のことではなくて、職に就くための就職活動の一環です。ですから一般的に考えて名刺を交換する時ではありません。そのうえ、あなたは会社の人として出向いているのではなく、個人の問題でこの場にいるわけです。そういった訳で、もし相手側から名刺を差し出されても、こちらはもらうだけでよくて、担当者に相手側にあげる必要は少しもないと思います。
  • 退職|転職を繰り返さないためには、コツが要ります。

  • 転社を繰り返す日々を止めるためには、少しコツがいります。スキルを向上させることもそうですが、メンタル面を鍛えると、転職を繰り返すことがなくなります。現在は、ネットを使って精神面を鍛えるのには良い情報は満載になっています。さらに、転職以外の行動によっても、精神面を鍛えることが可能です。その最たる例は「海外に行くこと」ですね。海外旅行に行くと、はじめて目にする光景もたくさんあったりと、刺激を受けることばかりです。ですから、帰国後変化があるのです。帰国すると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、こんなにも世間は狭かったのだということを思い知らされることになります。この状態で(転職のための)面接に行けば、これまでの面接とは比べ物にならないほどに自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。しかしながら、退職後しばらくの間は精神的に弱っていることが多いので、これからのために休みも必要です。
  • 大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている方は気をつけた方が良いです。

  • 自分の得意なことや大好きなことを仕事にしたいと思っている方は要注意です。これは、私の経験に基づいたことなのですが、私の場合、もともと食べることが趣味でそれが理由で、以前は、飲食店(レストラン)で勤務していた期間があります。そのレストランでの業務は、そのお店で私が任されていた業務内容は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務でした。この仕事内容については、嫌とかいったこともなく楽しんで働いていたのですが、人間関係のいざこざにとても疲れてしまったのです。そのことが理由で、退職する羽目になりましたが、そのせいで、あんなに好きだった食べることやその店で扱われていた食べ物すら苦手になり、同ジャンルの飲食店には現在も行けません。当時の匂いを思い出すのも苦手です。仕事に就いた当初、好きだったことがキライになるとは思いませんでした。趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたいと願うのは本当に素敵なことです。ですが、「好き」はどのくらい本気なものなのか、真剣に自分自身に問いただした上で行動するべきです。