退職|転職は、最初の第一歩は企業とのやりとりというより正確には「担当面接官」・・

退職|転職活動のコツは企業とのやりとりというよりある意味、「担当面接官」・・

  • 転職活動は、企業そのものというより、正確には「担当面接官」との勝負ともいえるでしょう。しっかりと採用してもらうために、第一歩として緊張せずに平常心で対応しましょう。例を挙げるとお見合いをする心構えで向かうと緊張がとけるかもしれません。とくに面接によってまずはあなたの内面的な素質をチェックされるので余計な誤解を招くような態度や身なりは注意しぜったいに控えましょう。そして品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて清潔感・好感度ある服装(T・P・O)を意識してみてください。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。企業にとって魅力的な人材と思ってもらえれば、良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。

    転職の面接などにおいてもし名刺を差し出されたとしたら、…

  • 再就職の面接などの場面で面接担当者に名刺を手渡されたら、こちらも名刺を相手に差し出すべきであるのか?と悩んだときは、おおむね差し出さないもの、と考えておいてください。転職のための面接とは仕事内のことではなくて、仕事を得るための就職活動の一部であるわけですから、ほとんどは名刺を交換する時間ではありません。そのうえ、あなたは会社の人間としてその場にいるのではなく、あなたの問題でこの場にいるわけです。という事で、相手から名刺を差し出されても、こちらは受け取るだけで大丈夫で、面接担当者に相手の方にあげる義務はまったくないと思います。

    転職を繰り返す日々を止めるためには、コツが要ります。

  • 転社を繰り返さないための対策は、とてもシンプルです。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタル面で成長できれば、転職を繰り返さなくなります。現在はインターネットがいつでも使えるので、精神面を鍛えるのには良い情報は直ぐに拾うことができます。また、転職以外の行動によっても、精神を鍛えられます。たとえばズバリ「海外旅行」です。海外に行くと、言語、文化、生活様式など、違うことばかりなので、すべてのことが良い刺激となります。なので、精神的な成長は、想像以上に得らるはずです。帰国してみると、自分が小さな世界しか見ていないことに気づかされ、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちを携え面接を行えば、胸を張った面接になるので良い方法です。しかしながら、退職後は精神的にまいっている人も多いので気力回復のために休暇も必要です。

    趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいと思っている方は注意した方が良いです。

  • 得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている人は注意です。これは、私の経験に基づいたことなるのですが、私自身、もともと食べることが好きだったのですが、以前は、レストランに勤めていました。そのお店での仕事内容は、そのレストランで担当していた業務内容は、シンプルな盛り付けやホール業務です。この仕事内容に関しては、不満もありませんでしたし楽しんで仕事ができていました。ですが、職場の人間関係で嫌になってしまいました。そのことが原因で、退職しましたが、その結果、好きだった食べること、そしてその店でメニューとして扱っていた食べ物さえも嫌いになってしまい、似たような飲食店はしばらく経った現在も行く勇気がありません。当時の匂いを思い出すだけで辛くなります。この仕事に就いた頃は、大好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。大好きな分野の仕事に就きたいと夢見て、実現できるのは本当に素敵なことです。しかし、「好き」はどのレベルのものなのか、もう一度向き合ってから行動するべきです。

    退職|近年の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。

  • 社会的な転職事情ですが、現在の安倍内閣によって、「アベノミクス」や三本の矢で新たな経済政策が複数、展開されています。内閣が打ち出した経済政策が日銀の金融政策との相乗効果によって、財界や企業間では次世代の社会的な変化が増加傾向にあります。そういった変化を受け、企業の側でも今度は労働人口の減少による「働き手が足りないこと」がとても大きな社会問題となっています。ちなみに、「外国人労働者」の総数を今よりも増やしていく、と安倍政権は宣言しています。国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした政治の流れによって、日本国内の雇用状況や転職状況も大きな影響を及ぼすことは間違いありません。

    自分が求職中のころ割とたくさんの人材紹介会社に登録していたのです…

  • 自分が求職中のころ何社かの人材紹介会社に登録していたことがあります。その際に思ったこと、それはサポートしてくれる担当者の質が色々あって大方物足りなく感じる方ばっかり。こっちは人生がかかっているのにもっと誠意を込めて向き合ってほしいという想いがいっぱいになり、それが発端となり自分自身がキャリアカウンセラーになろうと考えたのです。キャリアカウンセラーとして働くための資格取得のためにはお金もいりましたし資格取得のための勉強の面においてもとてもハードなわけですが、仕事を探している人たちから頼みの綱とされるようなキャリアカウンセラーになるべく努力しています。

    転職活動における最後の難問として、今勤めている企業からの退職があります。

  • 転職活動における最後の問題として、現在の会社の退職があります。転職先から採用の内定をゲットしても、今いる企業があなたを放出したくないとして引き留めしてくる可能性があります。そうなった場合、「ゼッタイに退職する」という強固な気持ちを維持することが重要といえます。引き留められて、一時的に収まったとしても、一度辞めたい、と思った会社は長続きしないでしょう。会社の規定をチェックし、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届をつくります。それから、決定権のある上司と直接、話す機会を設け、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と堂々と伝えます。円満退職をすること、これも転職活動において重要な要素になってきます。

    転職時の採用面接での、よく思い違いがあるのですが良い印象を与えたいと無理に…

  • 転職候補となる企業での採用面接での勘違いしている人が多いのですが採用をされたいあまりあからさまな猫をかぶることです。すると思いのほか不採用となる可能性が高いです。ですから、思い切って面接時は、「育休」などの、普通であれば触れにくい内容を勇気を出し質問しておいた方が、結果的に間違いなく自身のためにもなります。信じがたいかもしれませんが、「そんな無遠慮なそのような質問をすることで最終選考に悪い結果になるのではないか」と不安になる人もいるかもしれません。けれど、意外とプラスの結果をもたらす可能性が高いといいます。このようなお金や労働環境に対する内容は、実際には、多くの人が気になっています。とはいうものの、面接結果に影響するのを恐れ、モジモジして質問できません。しかしながら、ほんの少し勇気を出して質問することで「こいつは他と違う」ということで思わせることができます。

    転職にあたってそれなりの準備はやらなくてはいけません。

  • 転職活動にあたって然るべき準備はやらなくてはいけません。特に目に映る「服装」は、大事な部分だと感じてしまいます。しかし、現在の採用面接に関しては形式ばらない服装で大丈夫な会社があるので、「面接はビジネススーツでなくては」と考えて赴く必要がないケースもあります。会社の創設してすぐの会社などは、お堅い規則もないことが多く、スーツでいかないほうが相手先に良い印象をあたえます。正装でないので、ざっくばらんに話をしやすい、というメリットもあります。また、私服だと時には面接時に洋服について、話もしやすいですから、もしかしたら面接担当者と仲良くなれる期待ができます。というワケで、転職活動は会社の「設立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系などの)面接の際は私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

    転職活動を行うのに、まず今の会社を辞職してからという人もいますが…

  • 転職をしようとするときに、今の会社を辞めてからという人もいますが、そういった場合にはボーナスがいつもらえるのかを事前に確認しておくのが無難です。ボーナスのある会社は多いですが、社員にボーナスを出す会社の場合には、ボーナスをもらえる時期まで長くないのなら、支給日が過ぎるのを待って辞職するという考えも賢明といえます。ボーナスはそれなりにたくさんもらえると思うので、手に入れなければ損ということも考えることもできるので、転職しようと思ったらボーナスが支払われる時期についてまず第一に確かめておくとスマートなやり方です。

    転職時に重視されるのが「面接」というものです。

  • 転職をする場合、とても重要となるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。普通の面接の際は面接担当者が応募者に対して、転職するに至った理由や仕事の意気込みなど色々な質問が飛んできます。面白いことに面接の終わり頃になりますと、次は、転職希望者から、面接担当者へ不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがやってきます。面接担当者から「何か弊社について質問しておきたいことはありませんか?」と言ってくれるわけです。こんな時は、面接者本人が緊張状態で、慌ててしまうと思います。こういった場面に備えて、予め面接担当者からの問いに際し、聞きたいことを考えておきましょう。実際に働く前の段階で、いくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、やってみてください。

    後悔しない転職するとを目指すのなら、計画的な行動をするようにしなくてはいけません。

  • 転職することをスムーズなものにするには、前に情報を収集することをしておきましょう。そうするには今は企業の名前も知らないような小さな企業の意地でか公式ホームページを開いているケースがほとんどですから、ネット検索で自分の知りたい情報を調べておくとまたその企業のなんだろうと思う点などをチェックしておくと相手の会社を知るのが容易です。また、公式ホームページ以外にも、「転職サイト」を利用するのも対策としては有効です。さらに、インターネット以外の方法として、何よりその職場を自身の目で判断するのも大事です。

    退職|日本には「石の上にも三年」という格言があります。

  • 日本には「石の上にも三年」という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」が崩壊に向かっている現在では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが当たり前になりつつあります。けれども、「転職」が当たり前になったからといっても、安易に考えるのは厳禁です。再就職したいなら、適した時期を捉える必要があります。とりあえず、今やっている職場、自分の置かれている立場などについて、納得できない点を約10項目メモしてみてください。そうしておくと、転職活動の次の一手を考えやすくなります。そしてあなたが、いつか決断した時にはためらうことなく、今より良い仕事を手に入れるべくトライしていることも大切です。

    再就職の際に絶対に用意する履歴書や職務経歴書などに関しては、…

  • 再就職の際に絶対に用意する必要がある履歴書や職務経歴書などについては、大体、手書きではなく、パソコンで作成するというのが通常です。現在の日本では履歴書や職務経歴書については自筆で用意するというのが常識だと考えられている面もありますけど、それは新卒の人たちに関する就活やアルバイトの時に用意する履歴書であって、実は、転職をする時においては絶対に手書きでないといけないとはっきりとは言えません。手書きの方を高く買う会社もあるようですが、違う会社が徐々に増加していていますので、パソコンで作られたものでも良いケースは意外にもかなりあるのです。

    数年前は求人誌に募集条件の中に「性別」まで、記載されていました。

  • 前の求人誌には、雇用主の希望する「性別」が記載されていました。しかしながら、男女雇用機会均等法の施行等により、男女の求人や、採用での差別をないようにしないといけない事となり、募集要項の詳細に「性別」を明記できなくなりました。ですが、求人側は、性別に関係なく同等に雇用のチャンスを与えてくれるとは限らないのです。現実問題として、実際は男性が希望の会社に募集に女性がやってきたり、女手が必要な案件に男性が来てしまい、というようなトラブルに悩まされる場合もちらほら。例えば、「女性が活躍している仕事場です」とアピールしている場合、雇用主が働き手は女性を必要としている、と捉えておくトラブルを避けられます。

    退職|派遣のお仕事が決まりました。勤務初日に派遣会社の営業担当の…

  • 派遣で働く会社が決定しました。仕事の1日目に営業の担当の人と就業場所に近いコンビニエンスストアで合流することになっていたところ、彼がどうしたことか約束のお店の前にいないので店内にいるのかもしれないと思い店内に入っていくと、彼は驚くことに雑誌のコーナーで座り込んで卑猥なグラビアページを開いて閲覧しているのを発見しました。こんな担当の方の仕事なんて絶対嫌だと感じ、そこで声をかけることなくこっそりと店の中から出て直ちに派遣会社へ辞退の連絡を入れました。