退職|転職をするにあたっては、いろんな経路で情報を得ることが多いと思いますが・・

転職を始める際、いろんな方法で情報を収集するのが通常だと思います…

  • 転職を始める際、様々な経路で情報を得ることが多いと思いますが、転職系の口コミサイトは本当におすすめです。少し前に、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたということで、サイト運営者に対して損害賠償請求をした事例がありました。辞めた(辞めさせられた)社員の腹いせによってその手の口コミが投稿されていると見るのが一般的ですが、異なる角度から見ると、ウソばかりの投稿であれば、書かれた会社側が何ら気にする必要もないはずです。とはいっても、真実はクロで「本当のことを書かれてしまったので、はやく炎上をしずめよう」と思っている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上することでアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、悪い内容の口コミが多く目立つのは、それだけトラブルに遭遇する心配のあると考えるべきでしょう。そもそも、良い会社だったらトラブルなど起こりません。

  • 失業保険の給付については、職を見つけようとしていることを理解してもらわなければいけません。

  • きちんと失業保険を給付してもらうためには、仕事を探していることを証明しなくてはいけません。ですが、現実的には「会社に行かなくてもいいし、しばらく遊びたい」と考えるのが現実でしょう。ということで、ちゃんと就業先を探している風に見せる方法があるので以下に紹介します。月に一回ハローワークに行って担当職員と面談するのはパスできませんが、そこで、「求人票」をチェックすることを最低限やってください。真摯に探す気が無い時には、「求人票」にだけ目を通し、ハローワークスタッフとの面談時、「労働条件のいい仕事や自分にピッタリな仕事や、希望する仕事が残念ながら今月はゼロ件でした」と、相手に告げて、次の機会を探すという方法もあります。

  • 退職|転職先を探している期間は、自分の好きなことに打ち込むほ・・

  • 転職先を探している期間中は、趣味に時間を費やしたり、体力を損なわない生活をしておくと良いです。転職先が決まり、いざ仕事を始めた時に、趣味に興じていたことによって気付かないうちに集中する力がアップします。さらに体力アップしているために、他の社員さんたちと比較すると疲れにくい身体になっているということを認識することができます。そんなわけで、退職して転社先が決まるまでは自分の趣味に没頭することと、体力アップを図ることをするのが何より良い事なのです。今後、働き出した会社であなたと同様の趣味の方がいれば、話題に花が咲きます。ですから、時間がなくてできなかったことに挑戦してみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

  • 退職|長年にわたり接客関係で勤務してきましたが、加齢のせい…

  • 長年接客関係で勤務してきましたが、歳をとると共に立ったまま行う仕事は体力的にきつく、オフィスワークへ仕事を変えることを目指して行動しました。事務が未経験となるとなかなか難しく、そうであれば接客経験も活かすことができる受付兼医療事務をしようと思い資格も獲得し個人クリニックに転職しました。周りはベテランの先輩パートさんだらけで人間関係も難しい。夜間のシフトばっかりさせられ、接客業をしていた頃より帰りも遅いわけですが、最初の頃はキャリアの形成時期と割り切り頑張ります。

  • 退職|新しい仕事を探すとき、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェン…

  • 新しい職を探すとき、ウェブ上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)を利用するケースもありますが、あなたがそういったエージェントに登録し就職先が決まった場合でも、失業保険を受け取ることはできません。ハローワークを使わずに就業しても失業保険とは無関係なので後々、後悔しないようにしたいものです。他方、ハローワークを通じて斡旋してもらった会社に就職できたときは、就業用の準備金として一時金が支給されます。ウェブで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険の手続きは取ってくれません。このことについて知らないでいると、失業中にお金が手に入らなくなるため、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。

  • 転職をする場合、転職先となる職場における自身の年収を過剰に気にする人が…

  • 転職する場合、転職したあとの自身の給与を過剰に気にする人がけっこう多くいます。もちろん確かに、仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給与としてもらうために仕事しているでしょう。年収というのは自分がどのくらい評価してもらえるか、という面もあるからとうぜん大切なことは否定できません。しかしながら、必要である以上にもらっている年収の額ばかりを異常にこだわりすぎる生き方というのも寂しい気がします。よく見れば年収に反映されない仕事であっても精神的な充実を得られることが大いにあるものだからです。

  • 女性の再就職は、一昔前と今現在とは多少の変化があるといいます。

  • 女性が転職する際、今と一昔前では若干、状況が変わりつつあります。かつては、結婚と出産についての考え方など、ごく一般的なこととして女性たちへ質問していました。ところが、最近では、そういったデリケートな内容は「セクハラ」の恐れがあるとして、聞かない企業の方が多くなっています。また、とりわけ大きな会社ほど、かなり神経を尖らせているようです。しかしながら、面接する側はYES・NO、で返答するのではなく、その人の考え、結婚した後も働きたい、出産後の細かい予定を知っておきたいとは思っている事でしょう。自身の考えを知っておいてもらうためにも、志望した動機や自己ピーアールの中に織り交ぜながら言い表すことで、面接官も考えがわかり、判断してもらいやすくなると思うわけです。というワケで、たとえ、質問されていない部分も、あなた自身から会社にとっては必要な情報と捉え、話をしてみると良いでしょう。

  • もしも転職前、今の会社にいる人たちがあなたの転職を知ってしまうと、…

  • 再就職の前に、今働いている会社の同僚たちがあなたの転職を知ってしまうと、雰囲気が一変することがあります。あなたの置かれている立場によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪や、やっかまれたりも想定しておいたほうが賢明です。そればかりでなく、意図的に残業を押し付けられたりすることもあるので、軽率に「転職します」と周囲に言うのは注意が必要です。そのようなトラブルを回避するため、今の職場では、いたって真面目に誠実に振る舞いましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い状態のまま会社を退職できます。また、円満退職になれば、転職後に、あなたが困ったときに相談できる機会にも恵まれるでしょう。業界や規模に関係なく、どういった企業であっても、人とのつながりは大切なので、仕事を辞める際のトラブルは、できるだけ控えましょう。

  • 退職|再就職で仕事先を新しく替えるということは、自分に…

  • 転職することで勤め先を新しく替えるということは、自分自身に合う自分の希望に近い転職先を見つけたいものです。勤め先を変えれば、あなたに向いている仕事に出会えるかもしれません。ですが、実際に行動するとなると、即戦力となりうる能力が必須となります。別の表現をすると、自分自身が価値ある人材になれば、天職に就くことができる可能性も高くなる、ということです。今のご時世では、「職業選択の自由」が社会的に受け入れられているので、天職の道を選んだとしても特にトラブルになることはないでしょう。人の流動性が高くなりつつある現代は「価値ある人材が欲しい」と思っている企業も多くなっているので、このチャンスに転職を考えてみるのもアリだと思います。

  • 職を変えたいと転職をする活動中の大半は、「ちょっとでもは…

  • 違った会社に入りたいと転職をする活動中のときの場合には「1秒でもはやく、内定がほしい」と思っているはずです。でも、そういう気持ちで採用通知を欲しいばかり、自分の能力を必要以上に大きく見せたり、また対称的に能力を安く見積もった売り込みをするのはぜったいに避けましょう。そうではなくて、焦る感情にガマンして、冷静になりつつ、自分に最適の職場を見つけることに専念することが重要なのです。それまでの自分の経歴を生かしつつ、そして、自分のキャリアアップが期待できる会社を賢く選んでみてください。

  • 退職|看護師という仕事の人のそれと違う職業に「転職しよう」と思う理由は…

  • ほかの職に転職の原因はその人によって違うはずです。それを見てみると転職するには「職場に関わりたくない人がいる」「結婚がきっかけで家事のことがいろいろとあって出産さらに子育てそのうえに親の介護など、いくつかの仕事環境の変化など、これまでのようには働き方ができなくなった」「今の収入に大きな不満を感じている」といったような悩みが解消したいために転職されるのかもしれません。ですが、それでも「どうして、転職しないとダメなのか?」と、改めてゆっくりと再度、現状認識をしてみることもやっておきましょう。「実際に転職したら状況が好転するのか?」と再考してみる必要は大いにあるものです。そのうえで決断してみてください。

  • 人生で初めて転職をするにあたって、気を付けるべきこと…

  • 人生で初めて転職を行うのであれば、注意しなければいけないのはなぜ今の仕事を去るのかをクリアにしておくことだと断言できます。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておいた方がいいでしょう。その上で問題改善が見込める企業を決定してみましょう。転職活動は、新卒時の就職活動とは違い、今の仕事を続けながら転職活動を行っていく必要があるため、時間と体力が必要になります。だからハッキリした理由がないまま転職しようとした場合、途中で行き詰まる可能性が高くなります。どんなことがあっても転職したい、現状を変えたいという熱い気持ちがない場合は、転職活動を本格的に始めることはしないほうが良いでしょう。

  • 近時は、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、…

  • 今日では、ブラック企業がメディアで取り上げられたりして、労働条件による取り締まりが強化されたり、社名の公表がなされるなど、厳罰化の方向に動いていますが、完全には至っていない状況です。そこで、面接で見破る必要が出てきます。求人票などで労働条件をチェックし、ひとつひとつの項目について、聞いてみることです。「ブラック企業」と対峙している場合には、質問したことが嘘であった場合、不自然な返答になったり、「その場ではハッキリとは答えられない」とはぐらかしをしてくるはずです。中でも「給与」「休日」「残業」の箇所については、質問をしつこくしていると、困った表情をする可能性が高いです。それでもめげずに尋ねていくと、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、ブラック企業だということに気づきます。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、変だと思ったら、見抜いた方が後々いいと思います。

  • 転業を予定しているのなら、労を惜しまずにたくさんの・・

  • 転職を近いうちにするつもりなら、労を惜しまずに多種多様な会社の採用情報の詳細を調べておくと再就職した後の見る目に大いに役立ちます。あなたが今現在の職場に何かしらの不満があるケースでは、本格的に転職活動を始めたときに、どこの企業も魅力的に思えてしまいます。そんな状況に陥ると、どこに決めればいいのか、判断が難しくなり、選択を間違える可能性も高くなります。そうすると、最終的にはあっという間に転職しなくてはいけなくなるかもしれないので事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくべきなのです。会社の雇用に関する情報だけ見る以外に、その転職したい会社の「取引先」にも目を向けてみましょう。透明性ある会社は、取引している会社を公開していますし、そうでない企業は、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、その点もチェックしてみましょう。また、企業によっては、個人グループに入っていたりもするので、グループの名前をチェックし、詳細に目を通してみてください。

  • 退職|新卒で採用された会社でつらく当たる上司に悩みを抱・・

  • 勤めていた会社でパワーハラスメントを行う上司に悩み、その結果これ以上は無理だと思いその会社を辞め、同業の別の会社に職を移しました。その会社では人間関係を良好に保つことができきわめて充実した日々が続きましたが、ちょっとずつ業績が悪化し、とうとうとある会社に経営統合されることとなりました。偶然にもその経営統合先の会社が驚くなかれ以前勤務していた会社で、加えて非常に嫌いだった上司がまた私の上司となることに。どれだけご縁があるのでしょうか。当たり前ですが新しい転職活動を始めようと思っています。

  • 転職のための活動を行っていて面接で「志望動機」「転職理由」の2点は絶対に質問されます。

  • 転職活動を行っていて面接時に「志望動機」「転職理由」の2点について、必ず尋ねられます。これらのうち「志望動機」は、そのまま話しても大丈夫ですが、これとは異なり転職理由について正直に伝えるのはよくありません。例をあげれば報酬に対する不満、上司とそりが合わないことなど、採用担当者に悪いイメージを与えやすいものです。おそらく、自分にとってマイナスになると予想されることを馬鹿正直に話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しがちなので、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。現職の不満を回答しないためには、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。さらに、この会社に入社してこんなことを実現したい、5年後、10年後はこんなことがしたい、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったように志望動機に話をすり替えてみましょう。