退職|転職をする際、インターネットでのエージェントつまり斡旋を行う会社もありますが・・

転職を行うに際しては、ネット上で就職斡旋してくれる「エージェン・・

  • 転職をする際、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)のお世話になるケースもあるでしょうが、もしもその種のエージェントに登録したことの結果として就職先をうまく見つけたとしても、「失業保険」は給付対象外となるので、注意しましょう。ハローワークを経ずに就職しても失業保険は給付されないので気をつける必要があります。一方、「ハローワーク」によって斡旋してもらった会社に就職した場合は、就職のための準備費用として、一時金が支払われます。インターネットでのエージェントは、私的機関です。彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険の給付手続きなどはしてくれません。このようなことを知らなければ、失業中に給付金を手に入れなくなる事態になるので、就職エージェントを利用する際は、気をつけておきましょう。

  • 転職というものをしようと考えたとき、転職後の給料を気にしすぎる人が…

  • 転職というものをしようと考えたとき、転職先となる職場における給料について気にしすぎる人がけっこう多いものです。多くの人は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を稼ぐために仕事しているはずです。とうぜん年収がいくらかは自分の社会的な価値を知る値という側面もあるから、とうぜん大切なものとして扱うのは否定できません。とはいえ、必要以上にもらっている年収額ばかりを固執しすぎる生き方というのも寂しい気がするでしょう。年収がさほど期待できない仕事であったとしても精神的な成長を遂げられるチャンスは普通に転がっているからです。

  • 女性の再就職に関しては、数年前と現在と多少、状況が変わりつつあります。

  • 女性が再就職するに当たって、一昔前と今現在とは若干の違いがあるようです。一昔前は面接の際に会社側から、「結婚の予定」や「出産後の仕事」などに関して、質問されることが珍しくありませんでした。しかし、最近の動向としては、そのようなデリケートな内容は、「セクハラ」に該当しかねないために、聞かない会社の方が多くなっています。そして、世間に名の知れた大きな会社ほど、かなり神経質になっています。しかし、企業側は、YES・NO、で返答するのではなく、その女性が「結婚後も働きたいのか」出産後の具体的な予定を漠然とは知っておきたいとは思っているものです。自らの価値観をわかってもらうためにも、自己ピーアールや志望動機とともに話すことで企業側にも考えが伝わり、安心してもらえると思うのです。ですので、質問されていない箇所についても、あなたから企業にとっては必要な情報と捉え、話していくことを考えてみてください。

  • もしも再就職の前に、現在の職場の同僚たちがあなたが退職すると知ってしまうと…

  • もしも転職することを、今勤めている会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと、その状況が一変するかもしれません。場合によっては、意地悪されるおそれもあります。さらには、残業時間を意図的に増やされるキケンもあるので、むやみに転職のことを周囲に伝えるのは考えものです。そのような状態を避けるために、今現在の仕事場では、真面目に振る舞いましょう。そうすれば、良い関係をギリギリまで維持したまま、晴れやかに会社を辞められます。しかも、何の問題もなく円満退職に至れば、転職後、困ったときに相談できるはずです。どんな会社でも、人とのつながりはとても大切であるため、辞める時のトラブルは控えましょう。

  • 転職することで勤め先を一新するということは、自身に…

  • 転職して仕事先を新しく替えるということは、自分自身に見合う居心地の良い場所に就職したいものです。勤務先を変えることによって、うってつけの仕事に就くことができるかもしれません。しかし、実際に行動するとなると、それ相応の労力やスキルを持っていないと、転職自体がままなりません。違う言い方をすると、自身が価値ある人材になれれば、天職に恵まれるチャンスがある、ということです。今の時代は「職業選択の自由」が社会的に普通に認知されているので、転職しても偏見を持たれるなどの危険も殆どありません。事実、終身雇用が崩壊に向かいつつある現代は「スキルのある人材が欲しい」と希望する企業もますます増えているので、今の良い時期を狙って転職を考えてみましょう。

  • 今と違った企業がいいと転職活動中の大半は、「はやく、…

  • いい企業に入りたいと転職をする活動中のときの場合は「1日でも早く、内定がほしい」と思ってしまうものです。ただ、それで通知ほしさのばかり、自分の能力について、嘘の申告をしたり、逆に安売りしてしまう行動をするのはぜったいにしないでください。そうではなくて、焦る気持ちをこらえて、冷静に客観視しつつ、あなたに適した職場を探すことにアンテナを集中させていきましょう。これまでの経験が活かせるように、自分のライフスタイルにも合った転職先を見極めましょう。

  • 退職|看護師という仕事の人のそれ以外の仕事に転職を決断する理由は、…

  • 看護師という職業の人の他の職業に「転職しよう」と思う原因はその人それぞれです。考えてみると「職場環境の人間関係にウンザリしている」「結婚がきっかけで配偶者のこともあって出産さらに子育てそのうえに親の介護など、仕事環境の変化など、これまでのような今の仕事を続けられなくなっている」「収入面で不満がある」など、さまざまな理由が解消したいために転職されるのかもしれません。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職を決断する前に、「なぜ、転職しなくてはいけないのか?」と、今一度ゆっくりと現在の状況を客観的に見つめ直すことも忘れずにやっておきましょう。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」ともう一度考えたうえで決断してみましょう。

  • はじめて転職をする場合、注意すべきことはどうして現在の仕事を去らなければいけないのか…

  • 最初に転職を行う際、気を付けなければいけないのはなぜ今の仕事を去る必要があるのかをクリアにしておくことです。その理由こそが根本の問題になるので、やっておくのが無難でしょう。その上で問題を解消できるであろう会社を選びましょう。社会に出てからの転職活動は、学生時の就職活動とは性質が大きく異なり、今の仕事を行いながら転職活動しなくてはならないため、時間と体力が必要不可欠です。そのため理由が明確にされないまま転職しようとすると途中で挫折してしまう場合があります。どんなことがあっても転職したい、現状を変えたいという感じの強固な気持ちがない間は、転職活動をスタートするのはやめておくのがいいでしょう。

  • 近時は、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件についての取り締まりが強化された…

  • 近時は、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり、労働条件についての取り締まりが厳しくなったり、悪質な会社が公開されたりするなど、損をする流れになってきましたが、完璧ではありません。面接で見破る方法があります。最初に、求人票などで労働条件をチェックし、それらの項目を一点ずつ聞いてみましょう。相手が「ブラック企業」な場合、求人票の記載が嘘の場合、不自然な返答になったり、「その場では答えられない」というようなはぐらかされるはずです。中でも「給与」「残業」「休日」の3つについては、質問を続けていく中で、渋い顔をするケースが多いです。それでも質問を続けると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度になってくるので、そこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、「何か引っかかる」と思ったなら、見抜いた方が後々いいと思います。

  • 退職|再就職したいなら、まめにさまざまな企業の情報を普段からチェックすること・・

  • 転職しようと思っているなら多くの企業の情報を日常的にチェックすることが、転職先をとても選びやすくなります。今の職場になにか納得のいかない部分がある場合、いざ転職活動をはじめたとき、どこの会社もいいように思えてしまします。そうなってしまうと、どこを選ぶべきか迷ってしまうので判断を大きく間違えてしまう可能性もあります。それゆえに、あっという間に退職しなくてはならなくなるので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくべきなのです。会社の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その転職したい会社の「取引先」も気にしておきましょう。透明性ある会社は、取引している会社を公表していますし、逆にそういった企業ではない場合、広告宣伝ばかりに注力しがちなので、よく見ておきましょう。そのうえ、会社によっては、個人グループに入っていたりもするので、グループ名を調べて、内容を確認してみてください。

  • 退職|新卒で採用された会社で相性の悪い上司に困惑してしま…

  • 在職していた会社ですぐにきれる上司に悩みを持ち、ついに耐えることができなくなって退職し、ある他の同業の企業に働き先を変えました。新しい会社では上との関係も良好で勤務することができ本当に満足した毎日でしたが、だんだんと会社の売上が悪くなり、結局はある会社に経営統合されることになりました。ところがその統合した会社が驚くことに嫌な上司のいた前の会社で、しかも大嫌いだった上司が再び私の上司になることに。いったいこれはどれだけ縁があるのでしょうか。言うまでもありませんが再び転職活動をやり始めています。

  • 退職|転職活動を行っていて面接において必ず聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職のための活動を行っていて面接のときにほぼ例外なく「志望動機」「転職理由」の2点を訊かれます。これらのうち志望動機に限っては、思っていることをそのまま話しても問題ありませんが、これと違って転職理由についてそのまま話すのはよくありません。たとえば収入に関する不満、上司とそりが合わないことなど、聞いている側が良い印象を持ってくれることありません。とはいっても、そのままお話しする人はいませんが、採用担当者はそういった点を注視しやすいので、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。これに対して悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の業務内容以外を一切話さないことです。そして、この会社に入社してこんな貢献をしたい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で話をすり替えてポジティブな印象を与えるのです。

  • 退職|もしもあなたが、転業の決めたのであれば、会社の人間に…

  • 一度あなたが、転身を意思を固めたなら、徹底的に周囲の人にはこっそりとその意思がばれないように、うまく活動を進めていき、現職期間中には、なるだけ社内の人間に悟られないよう通常通りに振舞うのが妥当です。転職先が決まっていない間、その姿勢でいれば、仮に条件にあう働き先がすぐに見つからなくても、転身の予定を遅らせながら、現在の職をそのまま続けることも何も問題ありません。そうではなくて、うっかり、「転職するつもりでいる」と話してしまうと、会社は、その言葉に合わせた応対を取るようになります。「辞めるつもりです」と一言でもいえば、周りからは「あの人は転職する人」という位置付けになります。そうなってしまってから転職の気持ちが消えて、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」となっても、会社内の人たちは、「一度は辞めようとした人」とあなたを見るので、仕事を続けている限りは、立場が悪くなると感じるリスクがあります。

  • 退職|人の紹介をキッカケにして転職する先を探す人もいるでしょう。

  • 友人や知人の紹介で転職先を見つけている最中の人もいるでしょう。しかし、転職先の労働環境やその他の労働条件などを知人からの口コミ情報を鵜呑みに判断するのはあまり面倒なことになるかもしれません。というのも、ある特定の人の口コミというのはどうしても伝える側の主観が入ってしまうから客観性に乏しくなります。要するに紹介者にとっては、良い働く場所であっても、自分自身には、イマイチな場合かもしれません。またその逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミのみで判断せずに、最後は自分自身の目でしっかりチェックしてみてください。

  • 退職|再就職をする際の面接につけていく腕時計については、明らかに目を惹くようなタイ・・

  • 再就職の面接につけていく腕時計のことなのですが、目立つタイプの時計は着用しないほうが最善といえます。この場合の目立つ腕時計を詳しく言えば見るからに高価なものだったり、といったことだけではないのです。それとは真逆でチープなものに見えるとか、そういった目を惹くということで正反対で目立つ、と覚えておきましょう。面接のときに着用する腕時計においてもネクタイやスーツと一緒の考え方で、ビジネスの場にふさわしい無難なものを身に付けるほうが好印象です。とはいっても、自分の歳にあったものというのもとても大切なことで、新卒の時にしていたものよりは多少なりとも高級感のある腕時計にした方が好印象だと断言できます。

  • たいてい一流企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですか…

  • 一般的に一流企業では、「定期採用」で人材募集することが普通です。ですから、転職希望者には不向きです。また、都会の外だと転職のチャンスはずっときびしくなります。しかしながら製造業の企業の場合、地方の工業団地界隈に工場を持っていることも多々あります。そういう地方の工場なら、事業分野の拡大する際に「人員募集」をしていることが多々あるので、この機会に転職を考えるのが良いでしょう。地方の工場を転職に考えるなら、希望する企業についての予備知識を仕入れておきましょう。その企業のHPをチェックし、求人の予定がないか、ちょくちょくチェックしてみましょう。