退職|転職を行う場合、様々な手段で情報を集めるのが通常だと思います・・

転職する場合は、様々な手段で情報を収集することが多いと思いますが、…

転職を行うにあたっては、いろんな方法で情報を得ることが多いと思いますが、転職に関する口コミサイトはぜひとも利用すべきです。少し前に、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたという理由で、損害賠償を、その掲載会社に請求した事例がありましたが、辞めさせられた社員の腹いせとしてその種の口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、別の角度から見ると、書き込みの内容が真実でなければ、会社としては気にしなくてもいいはずです。あるいは、現実は『クロ』で「このままではマズイと思い、早く火消ししなくては!」と思っている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上することでアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、悪い内容の口コミがかなり多いということは、それだけ関わったらトラブルに遭遇する心配のあると判断して良いはずです。というか、善良な会社にはトラブルは起こりません。

失業保険の給付は、職を探していることの証明が必要になりますが・・

実際に失業保険を給付してもらうためには、職探しをしているという証明が必要となります。とはいっても、現実は「会社を辞めとりあえずはのんびりと過ごしたい」と思うのが本音でしょう。本気で就業先を探しているように見せる方法は、あります。月に一度ハローワークに行って担当職員と面談するのは必要ですが、その場で求人票を見ることは必ずやっておきましょう本音では探す意思がないときには、求人票を真剣に閲覧している芝居をして、(ハローワーク職員との)面談時に「続けられそうな仕事が意に反して見つかりませんでした」と話して、次の機会を狙えば良いです。

退職|転職期間中は、自分の好きなことに時間を費やすことに加…

転職先を探している間は、趣味に時間を費やしたり、体力を損なわない生活をしておくと良いでしょう。再就職先が決まり、仕事を再始動したときに、趣味に没頭していたおかげでいつの間にか集中力がアップしています。また体力アップしているために、他の社員さんたちに比べると疲れない身体になっている、と認識することができます。なので、退職してからの生活は、自分の趣味に時間を充てることと、体力をアップさせる努力をしておいて損はありません。転職後、その職場にてあなたと共通の趣味を持った人と出会えれば、会話が盛り上がります。ですから、時間がなくてできなかったことに挑戦してみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

長きにわたって接客関係で働いてきましたが、年齢を重ねると共…

長い間接客業で仕事をしてきましたが、年齢を重ねるにつれ立った仕事は体力的につらくて、座って仕事を続けられるオフィスワークへの転職を志して活動しました。事務の経験がないとなるとわりと厳しくて、それなら接客の要素もある受付兼医療事務になろうと資格試験にも合格し個人のクリニックに転職しました。周囲はベテランのパートさんだらけで人間関係も難しい。夜のシフトばかり押し付けられ、接客業時代よりも帰宅時間が遅くなったのですが、最初はキャリアを形成する時期だと思って仕事に励みます。

求職活動においおいて、インターネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」…

転職活動をするとき、ウェブ上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)に頼ることもあるでしょうが、その種のところに登録した結果就労先が見つかった場合でも、失業保険とは何の関係もないので気を付けましょう。失業保険は、「ハローワーク」できちんと手続きしないと失業保険の給付対象にはならないので注意すべきです。なお、「ハローワーク」を通じて斡旋してもらって就職したのなら、就業用の準備金として「一時金」を支給してもらえることになります。ウェブで集客している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に彼らは、企業から「紹介料」を手にするだけで、失業保険などの手続きはしてもらえません。このようなことを頭に入れておかなければ、失業中に給付金を手に入れなくなる事態になるので、就職エージェントを利用する際は、気をつけておきましょう。

転職というものをする場合、転職後の自分の給与ばかりを気にする人は、…

転職しようと考えたとき、転職先となる職場における自分の給料について気にする人がそこそこいるでしょう。誰もが仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給与として得るために仕事しているのだとは思います。ですから年収がどれだけかは自分の評価としての側面もありますから大切なのは否定できません。しかし、必要である以上に年収に固執しすぎるのも虚しい気がしませんか?年収に反映されない仕事であってもやりがいを感じられることがゼロではないからです。

退職|女性の再就職は、今と数年前では少なからず、違ってきている点があります。

女性の再就職に際して、今とセクハラが問題視される前では若干、違いがあるようです。一昔前は面接の場で、「結婚観」や「出産後の仕事」に関して、ごく当たり前に質問されることが多くありました。しかし、現在はその手の内容は、「セクハラ」の恐れがあるとして、聞かない会社が当たり前になりつつあります。そして、特に大きな会社の場合は、この手の質問をNG質問として神経質になっているといいます。そうではあるものの実際、会社側としては、〇か×の2択でなく、その人の価値観、結婚したあとどうするか、「出産後はすぐに復帰するのか」などを把握しておきたいとは思うはずです。自分自身の人生設計を知ってもらうためにも、志望の動機や自己PRと一緒に話すことで企業側にもしっかり伝わり、また、モヤモヤも解消できると考えます。なので、質問されていない箇所もこちらが先んじて積極的に答えておくとよいでしょう。

退職|もし転職することが、現在の職場の同僚たちがあなたの転職を知・・

もし転職前、今の会社にいる人たちがあなたが退職すると知ってしまうと職場の状況が一変するおそれがあります。働いている会社の環境によっては、問題はないこともありますが、意地悪される可能性もあります。それだけでなく、残業を押し付けられたりすることもあるので、軽はずみに転職のことを周囲に言うのは考えものです。上記のトラブルを避けるために、現在の職場では、いたって真面目に振る舞いましょう。そうすれば、良い状態を最後まで保ちつつ、心置きなく会社を去れるはずです。また、何の問題もなく円満退職で終えられたなら、転職後も、相談にのってもらえる機会も出来ます。業界や規模に関係なく、どういった会社であっても、人とのつながりはとても大事なので、会社を辞める際のトラブルは、可能な限り控えましょう。

再就職して仕事先を一新するということは、自分自身に合・・

再就職によって仕事先を新しく替えるということは、自分自身に見合う自分の理想に近い、今よりもずっと心地良い場所を選びたいものです。勤務先を変えることによって、うってつけの仕事に有りつけることも可能です。とはいえ、楽しいことばかりではなく、転職先にふさわしい能力がないと、良い仕事に就くことは難しいです。言い換えると、あなた自身が価値ある人材であれば、「天職」にありつくチャンスも高くなる、ということ。現代は、職業選択の自由が権利として認知されているので、転職を決断しても面倒も生じないでしょう。人の流動性が高くなりつつある昨今、「とにかく良い人材が欲しい」が願っている企業も増えているため、この好機に転職を考えてみるのもアリだと思います。

退職|もっと良い職場につきたいと転職活動中のとき、「1日も早…

いい職場の社員になりたいと転職活動中の場合には「1秒でも早く、内定をもらいたい」と思ってしまうはずです。とはいえその気持ちが強くて採用通知ほしさのあまり、自身のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、また反対に過小評価にしかならない売り込みはなるべく避けましょう。そうではなくて、焦る感情にぐっと抑えて、落ちついて自分の能力にあった職場を探すことに専念することが重要なのです。これまでの経歴を生かしつつ、さらには、今後のキャリアアップが実現できる場所を選択してみましょう。

退職|看護師の違う仕事に転職する理由は人によりけりです。

他の職業に転職する理由はその人それぞれではないでしょうか。さまざまな理由がありますが、「職場の人間関係にウンザリしている」「結婚してから配偶者のこともあって出産加えて子育てなど、さまざまな環境の変化など、今までと同じようには働き方ができなくなった」「収入に大きな不満を感じている」など多種多様の理由があるのでしょう。しかしながら、転職を決断する前に、「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と、今一度静かに現状を見つめ直すこともしてみてください。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、もう一度考えたうえで決断されることを強くお勧めします。

人生で初めて転職をするとき、忘れてはならないのはなぜ現職を辞めたい…

生まれてはじめて転職をするのであれば、重要なのはどうして現在の仕事を去らなければいけないのかをクリアにしておくことだと考えられます。その理由が根本問題なので、必ずやっておく必要があります。その後問題を解消してくれそうな企業を決定するのです。卒業してからの転職活動は、学生時の就職活動とは違い、現在の仕事を続けながら転職活動をすることから、時間と体力が必要だといえます。明確な理由がないままに転職活動を行った場合、途中で行き詰まる可能性が高くなります。どんな手段を使っても転職したい、現状を変えたいという強烈な気持ちがなければ、転職活動を行うのはやめておくのが無難です。

退職|現代では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり、…

現代では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、労働条件についての取り締まりが強くなったり、悪質な経営をしていると社名を公表されたりと、不利益を被るシステムができてきましたが、完全には至っていないと思われます。したがって、面接で見破る必要が生じます。とにかく、求人票などの労働条件を事前に調べ、それらをもとに遠慮せずに質問してみることです。相手が「ブラック企業」な場合、求人票の記載が嘘の場合、答え方が不自然になったり、「その場ではちょっと答えられない」といった逃げ腰になるでしょう。「給与」「残業」「休日」においては、詳しく聞いていくと、困ったような顔をする場合も多くあります。それでもめげずに尋ねていくと、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされるような態度になるのでブラック企業だということに気づきます。このような会社は、嘘をつく体質であるといえるので、少しでもおかしいと感じたら、見抜いた方が後々いいと思います。

退職|再就職を検討しているのなら、いろいろな会社の採用情…

転業を考えているなら、まめに多様な会社の採用情報を日常的にチェックしておくと転身先を選ぶのに大いに役立ちます。現在の職場を不服だと思っているケースでは、本格的に転職活動を始めたときに、どの企業もいいように見えます。そうなったら、どの企業を選択すべきかわからなくなり、選択をしくじりかねません。結果的には短期間で嫌になってしまうこともあるので、会社の良しあしを見極める目を養っておくべきなのです。方法としては、企業の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その会社の「取引先」も気にしておきましょう。良い企業は、取引先情報を公開していますし、逆にそうでない企業は、宣伝に力を入れる傾向があるので、チェックをする目安になります。そのうえ、会社によって個人グループに入っていたりもするので、グループ名で調べ、確認しておくのも手です。

退職|勤務していた会社で反りが合わない上司に悩み、最後…

勤務していた会社でパワハラを行う上司に悩みを持ち、結局仕事をする気力がなくなってその会社を退職し、別の同業の企業に行くことにしました。その会社では気分よく働くことができ充実した毎日でしたが、月日の経過とともに会社の収益が落ち込み、最後にはとある会社に経営統合されることとなりました。奇遇にもその統合した先の会社がなんと前に働いていた会社で、大変嫌いだった上司がまた私の上司になるそうです。どれだけご縁があるのでしょう。もちろん新たなる転職活動を開始する予定です。

転職活動をしていると、高い確率で質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動中に、面接のときに例外なく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機に限っては、隠さずに話してもOKですが、「転職理由」を率直に話すのはオススメできません。たとえば収入に関する不満、人間関係に関する問題など、あまり良い内容ではありません。とはいっても、自分にとってマイナスになると予想されることを馬鹿正直に話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しがちなので、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。これに対抗して悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。それにプラスして、この企業に入ってこんなことを実現したい、5年後、10年後はこんなことがしたい、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で志望動機に話をすり替えるのが正解です。