退職|転職時の面接では担当者から「転職の理由は何ですか…

転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に「転職理由は・・

  • 転職時には、面接をすることになりますよね。担当者から「転職理由を聞かせて頂けますか?」という風に、聞かれることはほぼ間違いありません。こういった場合、どれだけ正しい意見だと思っても、過去の職場の「働く環境」「人間関係」についての愚痴とも受け止められる受け答えは、なるべく話すのはやめておきましょう。なぜなら、こういった話をしてしまうと、心象を悪くしてしまい、チャンスを台無しにしてしまいかねません。ですから面接では「前向き」な人物であると印象づけるのが大切で、まずは「新しい職場においては、自分のキャリアを十分生かし、会社の成長をサポートできればと思っています。」のような未来に目を向ける形が担当者には受けます。

  • 今までの私は、新たな仕事を探す時は「ハローワーク」を活用していました。

  • これまでの私は、新たな仕事を探す時は「ハローワーク」で仕事を探していました。どうしてかというと、大抵の転職サイトは、特性上、都心部にある企業の求人しかないからです。そのために、新しい職場を探す時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。やっぱり、求人募集をするいくらか給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、地域密着といった点では安心できます。しかし、「ハローワークはなんとなく地味なイメージがある」というイメージがある人もいるかもしれません。でも、良い求人情報も載ってたりもするので、転職を本気で検討しているのなら、参考までにハローワークへ1度行って様子を見ておくのも良いと思います。人気の転職サイトのようにこれでもかというくらいのニュースレターが来ることもありません。

  • 派遣という形で仕事をする人が近頃増える傾向にあります。

  • 派遣会社を介して仕事をする人が過去の規制緩和以降、多くなってきています。労働の対価として派遣会社にいくら支払われ、そのうちどれだけが自分の報酬になるのかをできる限り面接のときに聞いておいた方がいいでしょう。派遣業は人材を希望する会社に派遣して、その見返りにお金を会社に支払う仕組みです。実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが多いです。半分以上を派遣労働者へ還元しているなら、良いのですが中には開示すらされないところも少なくなく、酷い派遣会社では、7割も自身の懐に入れ、3割しか労働者に還元しない場合も珍しくありません。面接の際にあいまいな返答しかしない会社は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、可能であれば違う派遣会社で登録されることを推奨します。

  • 退職|会社が原因で精神的に厳しくなって、転職を考えざるを得ない状況に至ったなら…

  • 仕事のせいで回復が難しいほど心的なダメージが蓄積されてしまい、転職せざる負えなくなってしまった時には、そのときは、職場の人と相談する以上に家族と相談して、退職するか決めるといいでしょう。なぜなら、働くのは自分の事でもあります。が、しかし家族の問題が第一でもあるからです。どれだけ給料がいいとしても、メンタル面がボロボロになるまで我慢して働くことは、健全とはいえません。現代は、物質的な豊かさよりも、働く当人が働きやすいことを大事にする生き方も認められつつあります。ですから、あなた自身の身内や、あなたの心と体も大切にしましょう。

  • 退職|時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、自分自身の好きなタイミングで辞められるワケでなはない・・

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、契約期間を過ぎたら自身の好きなタイミングで退職できるワケではないと実際に転職活動を経験して感じました。新婚生活が落ちついたらなるべく早く子供が欲しかったので、妊娠するまでの間のために約1年半~2年ほど今の部署で仕事をしたいと思い、就職しました。派遣社員ということもあり、給料は少なかったですが、「時間にが融通が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。しかし、いざ入社したあと、一緒に働く人たちのほとんど派遣社員として10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。なので派遣社員だからといって、期間が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気もないと知り、ちょっと困っています。

  • 仕事を探している際に目を光らせることになる募集事項に関しては、…

  • 転職をする時に注意を向ける募集事項の情報というのは、通常のものとして書いてあることもありますから、記載されている内容は何もかもが正確な情報だとは迂闊に信じるのはやめておいたほうがよろしいかと思います。中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる報酬の金額などに関しては、社員を平均して出した値なのか?最低限なのか?最高値なのか?というような評価ができない転職者も多く、自分で適当に理解したつもりでいると、今後、そのことを悔いる事も少なくありません。そういった訳で、求人に書かれている情報は基準だと思って、そういった重要なことは会社側に直接問い合わせた方が適切です。

  • その昔は看護婦と言った看護師というのは歴史的背景か・・

  • 以前は看護婦と呼ばれていた看護師というのは仕事としてやっぱり女性の割合がたいへん高い職場です。また気力、体力ともに大きく消耗する職場ともいえます。それ故に、職場での人間関係で行き詰まったり、結婚・出産といったそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのがかなり取りづらい職業といえます。実際に、人付き合いや公私のバランスに悩み、転職する人が多い現実があります。過酷な環境ということもあり、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足に変わらず継続しています。なので、それぞれの医療機関は看護師が足りない「売り手市場」であるという現実も、それが転職希望が後を絶たない状態に拍車を掛けています。

  • 全くの未経験の分野などに転身するときには、前の職で、自…

  • 全く経験のない業種などに転職を考えるときには、以前の会社で培ってきた能力や今まで経験したことが生かせるという自己アピールがいるようになります。未経験の分野の場合、経験していない分だけその分野で今まで働いてきた人たちよりも実際のところ、不公平な状態になりますが、自分の持っているスキルがその場でも生かすことができるということをしっかりと話すことができれば、勝負になることも出てきます。そういった訳で、未経験のジャンルにチャレンジする際には、その業種と前の職場でやっていた職務との関係性を探し出してみましょう。

  • 転職をするにあたっては、いろいろ情報を集めることが多いと思います・・

  • 転職する場合は、いろんな手段で情報を得るのが通常だと思いますが、転職についての口コミサイトは本当におすすめです。少し前に、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたという理由で、サイト運営者に対して損害賠償請求をした事例がありました。会社の都合で退社させられた元社員の腹いせでその種の口コミが投稿されていると見るのが一般的ですが、異なる視点から見れば、ウソばかりの投稿であれば、書かれた会社側が何ら気にする必要もないはずです。とはいっても、本当のことが書いてあるので会社側としては、「本当のことを書かれてしまったので、はやく炎上をしずめよう」という話かもしれません。口コミサイトも炎上によって有名になるメリットもあるので黙認していますが、悪い口コミが多いのは、それだけ入社してからトラブルに遭遇する心配をしなければいけないとみなしていいでしょう。何より、いい会社には煙は立ちません。

  • 退職|失業保険を毎月、給付してもらうには、求職活動をしていることが条件になります。

  • 失業保険の給付においては、「就職活動」していることが条件になります。ですが、現実的には「会社に行く必要もなくなったし、とりあえずは働かずにゆっくりと過ごしたい」と思うのが本音だと思います。ということで、真面目に求職活動をしている風に見せる方法があるので以下に紹介します。毎月の「ハローワーク」での面談は不可避ですが、「求人票」をチェックすることを最低限やってください。真剣に探すモチベーションがわかないときは、「求人票」だけ目を通して、ハローワーク職員との面談で、「自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が意に反して見つかりませんでした」と告げて次に期待しましょう。

  • 転職期間では、自分の好きなことに打ち込んだり、体力を損なわない生活を習慣化しておく・・

  • 転職先を探している期間は、趣味に打ち込むことに加え、体力を損なわない生活を習慣化しておくと良いでしょう。再就職先が決まり、復帰した時に、趣味に打ち込んでいたことによって気付かない間に集中する力が高められます。さらに体力アップが図れていることで、他の社員さんたちに比べるとスタミナがあるということを認識します。なので、退職してからの生活は、自分が興味のあるなことに力を入れることと、体力を低下させないようにするのが何より良い事なのです。このあと、働き出した会社であなたと共通の趣味の方と知り合えたのなら、話題に花が咲きます。ですから、これまでしてこなかったことに挑戦してみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。

  • 退職|長年にわたり接客関係で勤務してきましたが、加齢が原…

  • 長期間接客業で仕事を続けてきましたが、年齢を重ねるにつれ立ったままの仕事は体力的にしんどいため、座り仕事である事務系のお仕事へ転職することを志して活動をしました。事務の経験がないとなるとけっこう難しく、だから接客の経験も活かすことができる受付兼医療事務になりたいと資格試験にも合格し個人の病院に転職をしました。周りはベテランである先輩パートさんだらけで人間関係においても難しい。夜のシフトばかり押し付けられて、接客業をしていた頃より帰宅時間も遅いわけですが、まずはキャリアの形成時と受け入れて頑張ります。

  • 転職する際に、ウェブ上で就職斡旋してくれる「エージェント」…

  • 転職活動をするにあたっては、ウェブ上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)に頼る手段もありますが、たとえそのエージェントに登録して職を得ることができた場合でも、失業保険の給付にはつながらないので要注意です。ハローワークを使わずに就職しても給付されないので注意する必要があります。なお、ハローワークを通じて斡旋してもらって就職したときは、就職の準備金として一時金が支給されます。インターネット上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。単に彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るだけであり、失業保険の給付手続きは扱っていません。無視していると、失業中にお金がもらえない事態になるので、注意が必要です。

  • 転職というものについて考えた場合、その職場の自分の給与について気にする…

  • 転職というものについて考えた場合、転職後の自分の年収について気にする人がかなり多く見受けられます。もちろんたいていの方はだから生活費を給与としてもらうために働くはずです。したがって年収は自身の仕事に対する評価という面もありますからとうぜん大切なことは無理もありません。それにしてもあまりに年収ばかりを異常にこだわりすぎる生き方というのも人生を損してしまうものです。この世には年収が期待できない業種でったも人間的な成長が遂げられる可能性が少なくないからです。

  • 女性が転職するに当たり、数年前と近年とでは少し変化が見受けられます。

  • 女性が転職する際、数年前と今とで多少の変化があるようです。前は会社側から「結婚観」や「出産後の予定」に関して、ごく当たり前に質問されることがありました。しかし、今はそういった内容は「セクハラ」にあたるとして、聞かない会社の方が多くなっています。そしてまた、とりわけ大きな会社ほど、全面的に避ける傾向にあります。ただ、会社側は、YES・NO、の2択でなく、その人の人生観、結婚した後も働きたいのか、「出産後はすぐに復帰するのか」などを把握しておきたいとは思っている事でしょう。あなたの価値観をわかってもらうためにも、志望の動機や自己PRと混ぜながら話すことで相手方も考えがわかり、また、モヤモヤも解消できると考えます。聞かれていない箇所についても、あなたから積極的に答えてみることを考えてみてください。

  • 退職|転職することを、現在の職場の同僚たちがあなたが退職すると知ってしまう・・

  • 転職前、現在の会社の人たちがそのことを知ってしまうと、職場の空気が大きく変わるおそれがあります。人間関係によって、これまで通りに行くこともありますが、意地悪、やっかみに悩まされるかもしれません。酷い場合には、残業時間を増やされる仕打ちも考えられるので、「転職します」と周囲に言うのは充分に考えものです。なので、上記のトラブルを回避するためにも、いまの職場では、真面目に誠実に振る舞いましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い雰囲気をギリギリまで残したまま、心置きなく会社を退職できます。加えて、円満退職で終えられたなら、退職後であっても、あなたが困ったときに相談できるはずです。会社の大きさに関係なく、どのような企業も人とのつながりが重視されるので、転職前のトラブルには警戒しておきたいものです。