退職|転職時の面接では担当者から「転職理由をお聞かせくださ・・

転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。

  • 転職時、必ず面接をすることになるでしょう。面接担当者から「転職の理由は何ですか?」といった形で、ほぼ質問されます。この時に、どういった理由があろうとも、前の仕事場での「人づきあい」「労働環境」に関しての愚痴ともとれる返答は、可能な限り口にしないようにしましょう。もしも、そのような不満を口にすると、採用の可能性をふいにしてしまいかねません。そのため面接では「ポジティブ」な人物であると印象づけるのが正解なため、本心とは違っていても、「新しい職場ではより一層キャリアを生かせられるように、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、のような内容で自分を売り込むことが良い成果につながります。

  • 退職|前は「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」で仕事を探していました。

  • これまでは「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」で探していました。理由は、大手「転職サイト」は、特性上、都心部を中心にした求人しか見当たらないからです。そのため、求人情報をリサーチする際は、「ハローワーク」のみ使っていました。もちろん、大手転職サイトに掲載されている求人より多少企業や給料といった条件は見劣りしますが、昔から地域密着タイプなので探しやすい魅力があります。ですが、「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」と感じている人が少なくはないでしょう。以外にも、良い求人情報も載ってたりもするので、これから退職後の就職活動が不安な方は、お近くのハローワークへ1度は行ってみるのも良いと思います。「転職サイト」みたいに大量の電話やメールが繰り返し来ることもありません。

  • 退職|派遣会社を通して働く人が規制緩和以来、増加する傾向にあります。

  • 派遣会社に会員登録して働く人が近頃増えてきていますが、今後、自分が派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる時給がいくらで、トータルのお金(または比率)、自分に入るのかを面接のときに聞いておくべきでしょう。派遣業は、人手を欲する企業に人材を派遣し、その見返りに手数料を徴収する仕組みになっています。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっているケースが少なくありません。5割以上支払われているのであればまだいい会社なのですが、中には開示すらされない派遣業者も少なくなく、ときには、7割も自身の懐に入れ、3割しか労働者に還元しない場合も多くあります。面接時、まともに回答してもらえない派遣業者は、なにかと不都合な点を隠そうとする特徴があるので、なるたけ別の派遣会社で登録されることを推奨します。

  • 退職|働いていることで精神的に苦しくなり、転職せざるを得ない状況になったのなら…

  • 働く中で回復が難しいほど精神的なダメージが増え、転職しなくてはいけない状況になったのなら、そんな時は、職場の人に相談ではなく自分の家族と相談し、退職するかどうかの判断をしてみましょう。なぜそうしたほうが良いかというと、働くということは当事者である自分ですが、同時に、身内の問題ともいえるのです。毎月、納得のいく報酬が良くてもメンタル面がボロボロになるほど延々と働くのは好ましいとは思えません。近年は、金銭的な豊かさよりも、働きやすいことを優先する生き方も段々と増えていっています。あなたの身内や、あなたの心身の健康を考えていきましょう。

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても…

  • 派遣社員になっても契約期間を迎えたら自身の好きなタイミングで辞められるワケではないと実際に転職を通じて学びました。新婚生活が落ちついたら早く子供がほしかったので、妊娠する時がくるまでのあいだ、1年半~2年くらい今の職場で継続で仕事したいと思ったので、就職することにしました。常勤ではなく派遣社員としてだったので、正規よりも収入は少なめでしたが、仕方ないので家庭の時間が得られるのでガマンしました。でも、入社したあとに、一緒に働く人たちのみなさん10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。派遣であっても契約が終わってもすぐに辞められる雰囲気もないと知り、ちょっと困っています。

  • 退職|転職を考えている時に注意を向ける募集内容については基準的なものとして、アバウ…

  • 仕事を探している際にマークする募集内容に関しては、基準的なものとして載せている、という確率もあり得ます。ですから、情報として書かれていることをすべて正確であるとは信じない方が最善だと思います。とりわけ給料の金額などにおいては、全社員を平均した給料なのか?それとも最低限の金額なのか?それとも最高値の金額であるのか?というような判断ができないケースが多く、自分判断で決め込んでしまうと、悔いが残る可能性もあり得ます。それゆえ、嫌な思いをすることになる前に、求人情報については、おおまかなものだと思って、そういったようなたいへん大切な事は直接聞くのが好ましいでしょう。

  • 退職|昔は看護婦ですが看護師という仕事は、どうしてか女性のとても多い…

  • 昔は看護婦という名前だった看護師というのはやっぱり女性比率がたいへん高い職種です。それだけでなく、気力あるいは体力の大きく消耗が激しい傾向にあります。ピリピリした現場になりやすく、職場での対人関係がうまくいかなかったり、自身の結婚や出産の後に仕事と家族との折り合いをつけるのが難しい仕事です。実際に、上記のような問題に行き詰まり、転職希望者が多いといいます。過酷な労働環環境であるために、看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足になっているのです。なので、医療業界は、看護師を募集する「売り手市場」であるため、これが転職の希望者が後を絶たない原因になっているのでしょう。

  • 全く経験のない分野などに転身するときには、以前の業界…

  • 経験のない分野などに転身するときには、以前の仕事で、自分が養われた力やこれまでの経験値が生かせるという内容のアピールが必要になります。そのジャンルで働いたことがない人は経験のない分その分野で経験してきた人たちよりも足りない部分はありますが、自分自身の持っている能力がそのジャンルでも十分に生きるということを相手に言えば、戦うことができることも考えられます。それゆえ、未経験のジャンルに挑むときには、その分野とこれまで自分が働いてきた職務との関係性をできる限り見つけ出してみましょう。

  • 転職を行うにあたっては、いろんな経路で情報を集めるのが通常だと思いますが・・

  • 転職を行う場合、いろんな手段で情報を集めるのが通常だと思いますが、転職系の口コミサイトは本当に役に立ちます。一時期、悪い口コミをサイトに載せられたということで、運営サイトを相手に損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社させられた元社員の復讐でその手の口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、見方を変えると、ウソばかりの投稿であれば、会社としては気にしなくてもいいはずです。しかしながら、本当は『クロ』で「本当のことが書かれているので、なんとか火消ししたい」という話かもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが増えることでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、よくない口コミが多いというのは、それだけトラブルが発生する心配のあると判断するのが妥当だと思います。というか、本当に善良な企業であれば煙なんて立ちません。

  • 失業保険の給付においては、職を見つけようとしていることが必要なのです。

  • 失業保険の給付は、客観的な意味で、職探しをしている姿勢を見せる必要があります。しかしながら、「会社を辞め少しの間でも働かずにゆっくりと過ごしたい」と考えるのが現実でしょう。ですので、本当に就業先を探しているように見せる方法があるので紹介しましょう。毎月ハローワークに行くのは避けようがありませんが、その場で「求人票」を閲覧することを少なくともしておきましょう。実際には探す気力がないときは、求人票を熱心に閲覧しているふりをして、(ハローワークスタッフとの)面談時に「労働条件のいい仕事や自分がやっていけそうな仕事が意に反してありませんでした」と告げて次の機会を狙えば良いです。

  • 転職期間では、自分の好きなことに没頭したり、体力づくりを意識しておくと…

  • 転職期間中には、自分の好きなことに打ち込んだり、体力を損なわない生活をしておくと良いと思います。勤務先が見つかり、いざ仕事を再開した際に、趣味に夢中になっていたおかげで無意識のうちに集中する力が身に付きます。加えて、体力づくりも同時にできているため、その場の社員と比べるとスタミナがあると認識することができます。なので、退職後は興味のあるなこと趣味に時間を充てることと、体力を落とさないようにしておくのがおすすめです。このあと、働き出した会社であなたと共通の趣味の人と巡り会えれば、すぐに仲良くなれるので、好きなことをとことんまで極めることも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

  • 長く接客関係で働いていたのですが、加齢のせいか立ち続ける仕…

  • 長きにわたって接客関係で勤め続けてきたのですが、年をとったせいか立ったままのお仕事は体力的にしんどく、座り仕事であるオフィスワークへ転職することを視野に入れて行動しました。事務未経験だとけっこう厳しく、接客の要素もある受付兼医療事務を目指そうと考え資格試験にも合格し個人のクリニックに転職しました。周囲は超ベテランの先輩パートさんだらけで人間関係も複雑。夜のシフトばっかり押し付けられて、接客業をしていた頃よりも帰宅も遅いのですが、とりあえずはキャリアの形成時期と思って仕事を続けます。

  • 転職を行うに際しては、インターネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェン・・

  • 職探しをするにあたっては、インターネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」を使うケースもありますが、そういった業者に登録し、めでたく就労先が見つかったとしても、「失業保険」は給付されません。ハローワークを通さずに就業しても給付されないので後々、後悔しないように注意しておきましょう。他方、ハローワークを経て斡旋された会社に就職したときは、就業のための準備費用として一時金が支払われます。ネットで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。転職を斡旋し紹介料と言う形で企業から報酬をもらうだけであり、失業保険とは何の関係もありません。この点について頭に入れておかなければ、失業中にお金が手に入らなくなるため、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。

  • 退職|転職について考えた場合、そこでの自身の年収を過剰に気にする…

  • 転職について考えた場合、転職後の年収について気にしすぎる人が案外多くいます。とうぜん大半の人は、仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給料として得るために仕事しているのでしょう。自分自身の価値を測る指標という見方もできますから、大切なことは無理もありません。それにしてもあまりに年収に執着しすぎるのも悲しいものです。この世には収入に直結しない仕事であっても精神的な充足感を得られることは多々あるからです。

  • 女性の転職に関しては、ここ最近と一昔前では多少の違いがあるようです。

  • 女性が再就職する時、数年前と今現在とは少し状況に違いがあったりします。前までは面接の場で、結婚と出産についての考え方に関して、ごく普通に女性たちに質問していました。ですが、今は「セクハラ」にあたるとして、聞かない会社、の方が増加傾向にあります。そしてまた、世間に名の知れた大企業の場合は、この手の質問をNG質問として神経質になっています。しかしながら実際、企業側は、はい・いいえ、の2択ではなく、その女性の人生観、結婚した後も働きたいのか、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを当然、知っておきたいと思っているものです。自分の価値観を伝えるためにも、自己ピーアールや志望動機と並行して伝えることで、面接担当官にもしっかり伝わり、安心してもらえると思うのです。ということで、聞かれていない内容でも、こちら側から率先して話をしておくのが良いです。

  • 退職|再就職の前に、今の職場の同僚たちが、あなたの転職を知ってしまう・・

  • もしも転職することを、現在の職場の同僚たちがあなたの転職を知ってしまうと、職場の空気が悪くなる可能性があります。働く環境次第では、やっかまれたり意地悪されることもあるかもしれません。そればかりでなく、残業時間を増やされることもあるので、むやみに転職のことを周囲に言うのはあまり良いとは言えません。なので、上記のトラブルを避けるためにも、今所属している仕事場では、いたって真面目に仕事をしておきましょう。そうすることで、良い状態をギリギリまで維持したまま、会社を辞められます。そして、何の問題もなく円満退職に至れば、転職後に、あなたが何かあったときに相談できるような良好な関係性を持っておくことができます。規模や業種に関係なく、どこの会社も、人とのつながりは大切であるため、辞める前のトラブルには警戒しておきたいものです。