退職|転職活動しているとき、良いと思う求人(または業界)を見つけたとき・・

将来的に転職活動をするのなら、気になった求人(あるいは職種・・

  • 将来転職活動をするという時は、良いと思う求人(あるいは職種)があったら、忘れず「〇〇業、ブラック、デメリット」とインターネットで検索を掛けてみましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントでは、その業界のマイナス点は、教えてもらえないのが普通です。もしも、やましい箇所がある場合は、インターネット検索によってカンタンにカンタンに実態を知ることができます。そういう面を知らずに仕事を始めてしまうと、あとから落胆してしまう可能性もあります。だいたいその求人が頻繁に出ている理由が「仕事内容がキツイから人が定着してくれない」という場合が少なくないため、気になる案件・業種については、下調べをした上で応募しましょう。

  • シフトのある仕事についての話なのですが、特定の曜日に勤務できる人を募集している求人を…

  • これはシフト制の仕事についての話なのですが、決まった曜日に働ける人を募集している求人を頻繁に見ますが、もし、応募しようと思っているならシフトの出し方や休み方をチェックしておいたほうが良いです。それはなぜかというと、以前に私自身が、出産のため抜けた人の代わりに正社員として就職したのですが、そこでは「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新しく入った私以外だれも出てくれませんでした。前任者が土日は休むことなく出勤していたので、私自身も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。実際「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフト変更を出す必要があり、上司に「日曜日に休みたいのです」と自分でお願いをしに行かなければいけませんでした。立場は同じなのに、土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い返すと「よく耐えたな」と。

  • ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考に合格したので…

  • ある古物商の会社で書類選考に受かりました。すぐに先方から、面接予定日を連絡してもらいました。しかし、面接日当日、指定場所に向かうと、どういうわけか相手の面接の準備が全くできていない状況だとわかりました。ようやく、所長らしい男性が面接に応じてくれましたが、始終驚くほどけだるい表情を見せ、グダグダな状態で面接を終えました。しかし、予定日を過ぎているのに、合否結果も告げられず、もう待ちきれなくなり、私の側から問い合わせると、「郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待っていましたが、しかし、これも未達で仕方がないので改めて問い合わせてみた結果、なんと、「今回はご縁がなかったということで」と一方的に電話を切られてしまったのです。あまりのことにしばらく言葉を失いましたが、正直なところ、不採用でよかったです。

  • 転職エージェント、そして転職サイトを用いて、転職活動を行う人は大勢います。

  • 転職サイトや転職エージェントといったサービスを使って、転職活動を行う人はかなりいるはずです。転職先を見つけるチャンスをもっと増やしたいのであれば、それに加えて転職フェアを利用することをおすすめします。転職フェアは、多くの企業は一堂に会しており、参加したのなら多くの企業に関する情報を得ることができ、そして、そこで説明してくれるスタッフから、企業の雰囲気を感じられるはずです。仮に、転職フェアに参加する機会があれば、面接を受けるのと同じようにしっかりと自分をアピールしましょう。それによりフェアに参加している間に、企業に好感を持ってもらえたら、その後面接に進む際に有利になることが期待できます。

  • 求人に関係する情報を見るとき、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人は…

  • 求人サイトをチェックする場合、「オフィス系の仕事をしたい」と考えている人ほどはなから製造業の項目を読み飛ばしていたりするものですが、そのような人の多くは「製造業は現場で製造する仕事しかない」と誤解しているはずです。現に、製造業での求人であっても製造マンだけでなく経理、人事、総務などのスタッフ募集をはじめ、購買、営業管理などの「オフィス系」に分類される仕事が相当数あります。ただ、製造業の職場はビジネス街などのおしゃれな雰囲気とはかけ離れた場所にあることが多いですから仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そういった点が受け入れられないと感じる人もいるでしょう。ただし、自身のこだわりを捨てることによって仕事の選択肢を広げ、将来をより良いものにしていく助けになるはずです。

  • 転職を予定しているのなら今務めている会社を退社する時…

  • 転職を行うにあたり、現在働いている会社を辞める時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが、もしも自分の希望により退職願を書いて退社する、いわゆる自己都合退職であった場合は直ちに失業保険が出るのではなく手続きが終わった後で失業したことが認定されてから3ヶ月経ないともらえないのです。であるため、会社を辞めた翌日から3か月経てばもらえると思い込んでいる人がいますが、この規則を勘違いしてハローワークの職員の方が間違っていると思い込んでそれが原因となりハローワークのスタッフと口喧嘩をしているのを見たことがあります。ですが、退職者の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職するケースでは、失業認定されてからすぐに失業保険を受け取ることができます。

  • 仕事の面接で必要なスーツのカラーは、新卒の人たちが就職活動の・・

  • 転職の時の面接で着用するビジネススーツの色については、新卒の学生が就職活動の際にに着用する色が無難です。言い換えると、黒や紺色の暗めの色味になります。それは再就職であっても、着ていくビジネススーツのカラーに関してはこういったようなダークカラーが多く、他の色のビジネススーツの人はほぼ見ることはありません。それ以外の色と言うと、グレーのスーツを着用している方が若干いるくらいです。全体から見ても黒や紺が大多数を占めているのです。ですから、採用担当の人もそういった色が普通に見えてしまいますから、第一印象という面では推奨したいわけです。

  • 退職|職を変える際の面接での身なりは会社側からクールビズで良い…

  • 再就職の時にする面接では会社側からクールビズでお越しくださいと記載されている場合もあるようですが、クールビズの格好は実際は失礼に当たるのでは?とマイナスに考える人もいます。そのような考えを懐に抱えている人たちに言っておきたいことが、会社側からクールビズで来るように言われた面接については伝達事項を素直に聞き入れるほうが間違いないです。混乱してしまい、夏にしっかりとしたスーツを着用していくと逆におかしいので、会社側からクールビズでお越しくださいと事前に聞かされたのならクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。

  • 転職の採用面接を受けに行きました。

  • 転職のための面接を受けに希望先の会社へ伺ったときのことです。たまたまその会社で部屋が空いておらず社外で面接官と待ち合わせて面接が行われて、その場で解散ということになり、面接を行った方も会社に帰らず自宅直帰されるとのことでしたが、ところが自宅からの最寄駅が同じ。結局は電車の中においてもずっと会話をしながら帰宅することとなり、おかけで緊張がなくなって面接よりお話が弾んで、それが良かったのか幸運にも採用を勝ちとることができました。

  • このように昨今の雇用形態が大きく変化したことに際して、働きざかりの世代の中・・

  • ここ数年の企業の雇用に対する考え方のめまぐるしい変化に当たって、社会人の中で若年層が特に注意してみているようです。おそらく、「将来的なキャリアアップ」を視野にいれているのでしょう。ですから、働き手といった人たちの「流動化」が活溌になっているので、ますますこの先、若い世代の転職への関心度が増加すると予想されます。「流動化」が進んでいく結果、勤め先を変えることはより身近なものとなっていくのでしょう。同じ会社に定年まで勤務するのが当然の時代には、「転職」は印象が悪く、事実、転職が難しい時代でもあったのです。ですが、社会的な変化とともに現在の会社に執着する必要は無くなってきていると言われています。

  • 退職|失業した際に給付される失業保険は、失業状態でない人はもらえませんが…

  • 失業時の助けになる「失業保険」は、失業状態でなければもらえませんが、この給付には「期間」があります。それまで勤務してきた期間に応じて変わり、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、これを知らずに失業を続ける限りもらえると勘違いして働けば失業保険がもらえなくなると考えて求職活動をしない人もいますが、給付期間が終わろうというところでようやく自分の間違いを知り焦って職探しを始めても好条件のところを見つけるのは難しいです。転職を希望する会社の面接担当もバカではないので、失業中に遊び惚けていなかったのかといった内容はそこそこ察しがつくでしょう。状況によっては、失業中何をしていたのか根掘り葉掘り聞かれます。しどろもどろになるとまず受からないでしょう。

  • この前転職の準備をしようと人材紹介会社に登録に足を運びました。

  • 先日人材紹介会社に登録に向かいました。そのとき登録するときのカウンセリングを行うために現れた担当の方が見た感じ入社してから間もない新入社員のようで、こちらが説明をしていることの3割もわかってはいない感じです!そのうえ「キャリアデザインを変更した方がいいですね」とか「きちんと自分の強みを明確化することが必要でしょう」とか、知ったかぶりに偉そうにのたまうのですごく不愉快でした。カウンセラーはそれなりには仕事を経験している人にしてほしいと感じます。

  • 退職|就職活動において、年収はとても重要なポイントです。

  • 就職活動において、年収は非常に重要な要素です。面接において、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで現実の年収を偽って、多く申告し、転職先での年収を増やそうと画策するのは辞めておきましょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要なため、仮に一時的に信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局はウソがバレてしまうのです。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現職での年収を正確に相手に伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。ちなみに、今の年収が400万円の人が、転職後にいきなり500万円になる可能性はよほどのことがない限りありません。仮に、今の年収が430万円だとすると、希望額は400~450万円であると伝えておくのが良いです。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に採用されたとしても、すぐに退職せざるを得なくなることもあるので、注意しましょう

  • 退職|世の中は便利になったものでスマートフォンを使えばわかる…

  • 世の中は変化していてスマートフォンを見ればインターネットで見られる世界には今では「転職サイト」と呼ばれるものが多くて困るくらい存在します。その数限りないサイトから自身にあった転職先を見つけるにはなんといっても情報が大事ですから収集をしましょう。こういうサイトをしっかり活用することで、効率的かつ満足度の高い転職を叶えられます。更新頻度が高く、さらには正しいレビューなども載っている「転職サイト」もありますが、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、注意しておきましょう。はじめは、信用できるサイトかどうかを他と比べつつ、厳しくチェックしてみましょう。

  • 退職|在職中であるのなら、出来るだけ社内の人間に悟られないよう・・

  • 在職中であるのなら、できれば水面下で(ちなみに私のときは)就労期間中に転業の考えだけをはじめのうちに同僚に知らせたことがあります。とはいえ、その後転職情報を必死に色々と探してみたのですが、結局就職するタイミングすら無鉄砲に進めていたので、ズルズルと時間だけが過ぎてしまいました。そして一方の会社の側は、退職に関わる手続き、退職の日程などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、就職先を見付ける」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。その後、予定が順風満帆とはいかず、失業期間を経験し、次の就業先を探す流れになりました。

  • 退職|もしもあなたが転職される場合は、先に考えておいて損をしないのが資格の取得です。

  • もしも転職を考えているなら、考えておいて損をしないのが資格の取得です。また、仕事を続けているうちに、資格を取得すると、転職にそれを有効活用できるので、新しい仕事を見つけやすくなります。ですから、資格取得するなら、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階がベストタイミングになります。もしあなたが将来のために、このあとに役立つ資格をとっておくと、仕事を辞めた後も後悔なく次に進めます。それにプラスして、資格取得後は転職先の面接で面接担当者に「即戦力」な人材として認められ、以前より待遇も良くなる可能性が高いです。