退職|転職活動しているとき、良いと思う求人(職種)を見るたび・・

退職|将来的に転職活動をするという時は、良いと思える求人(あるいは業種…

  • 転職活動の最中、良いと思える求人(または業種)を見つけたときに逐一、「〇〇業、ブラック、デメリット」でネット検索でチェックしておきましょう。求人票や転職エージェントでは、業界に関するマイナスにあたる箇所は、知ることができないのが普通です。もしも、やましい箇所がある場合は、ネット検索で一発でヒットします。そのようなチェックを怠りながら仕事を始めてしまうと、あとから痛い目にあいます。そもそもその求人が出ている理由が、「仕事がキツイから人が定着してくれない」ということも多くあります。目に留まった案件・業種については、下調べをした上で応募しましょう。

  • 退職|「シフト制」の勤務形態がある仕事についての話です。

  • シフトの勤務形態がある仕事についての話です。特定の曜日に勤務できる人を募集する求人をよく見ますが、もし、応募しようと考えているなら休み方やシフトの提出方法を面接の際にチェックしておくべきです。それはなぜかというと、過去に私は産休で休む人の代役として、正社員として働き始めたのですが、土日が固定シフトだったのですが、新入社員の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。産休に入った前任の女性が「土曜、日曜」に必ず出る人だったので、私も出勤できる人と思われていたようです。ですから「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフトを変えてもらう必要があり、職場の先輩たちに「日曜日に休みたいのです」と私から頭を下げなくてはいけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日は私だけなんて・・・。思い出す度、よくやってこれたなと思います。

  • ある古物商の社員募集にて、書類審査に合格しました。その…

  • ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考をパスしました。その後面接の日時について相手方から連絡をもらい、ところが、面接日当日、行ってみると、どういうわけか相手の面接の準備が全くできていない状況でした。しばらく待たされたのち、所長らしい男性が面接担当をしてくれましたが、終始非常にけだるい表情を見せ、グダグダな状態で面接を終えました。ところが、予定日を過ぎても結果連絡がまったくなく、待っていられず、私から問い合わせると、「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待ちましたが、ですが、これも届かずもう一度電話をしたところ、驚くことに、「残念ですが不採用とします」、とその直後、電話が切られてしまいました。あまりのことにしばらく言葉を失いましたが、本当は、採用されなくて良かったと思っています。

  • 退職|転職エージェントや転職サイトなどを利用して、転職活動される人は今では普通になってきました。

  • 転職エージェントや転職サイトなどを用いて、転職活動される人は今では普通になってきました。さらに、よりよい転職先を探すには、その上に転職フェアを利用してみるのもありだと思います。転職フェアは、多くの企業が一堂に会するイベントです。参加した際は一度に複数の企業の情報を得ることができ、そして、その場にいるスタッフ(説明員)から、その企業の社風がある程度わかります。今後、転職フェアに行く機会があれば、1次面接に挑戦するつもりでしっかりと自分をアピールしましょう。幸運にもフェア中に、企業から興味を持ってもらえたら、その後の面接の本番時に良い手応えを期待できます。

  • 求人関連の情報をチェックする際、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人は・・

  • 求人に係る情報をチェックする際、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほど、製造業に目を通さない人がいますが、そういった人のほとんどは「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と誤解しているケースもあります。実際に、製造業の求人であっても現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務、人事などのスタッフ募集をはじめ、資材・購買や営業管理等の事務系のお仕事も結構な数あります。ですが、製造業の大半はオフィス街から距離があるので、そういった点が受け入れられないと感じる人もいるでしょう。けれど、自らのエゴをなくすことで思いがけないチャンスにつながる可能性があるかもしれないのです。

  • 転職に先立って現在働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが…

  • 転職をするために今勤務している会社辞める時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが、もしも自分から退職願を提出して退職する、いわゆる自己都合退職の場合は、直ちに実業保険を受け取れるわけではなく手続きをした後で失業が認められてから3か月経たないともらえない。ですので、会社を辞めたその翌日から3か月経過すればもらえると信じている人がいますが、この規則を間違って理解している人が、手続きに不手際があると勘違いしてそれが原因でハローワークの担当者と過去に口論していたのを見たことがあります。ですが、退職者の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職する場合は、失業が認定されれば直ちに失業保険が給付されます。

  • 退職|転職の面接で着用するビジネススーツの色合いについて・・

  • 転職の時の面接で必要となるビジネススーツの色に関しては、新卒の就活の時に着用する色味が良いとされています。ですので、黒や紺といった感じのようなダークな色味、ということになります。転職の場面でも、着用するビジネススーツの色味はこういう暗めの落ち着いた色が圧倒的な数を占めていて、そうでないカラーの人は少数です。強いて言えば、まれにグレーの人がわずかにいるくらいで、一般的には黒や紺のビジネススーツが圧倒的に多いので、面接を行う人事の方から見てもそのような色が違和感なく見えます。ですから、身だしなみ、という観点においてはぜひおすすめします。

  • 転職の時に行われる面接時にクールビズでも大丈夫です・・

  • 再就職の時にする面接での身なりは企業側からクールビズでもOKとと書いてある場合もあるようです。しかし、なかには、クールビズのスタイルで赴くのは良くない印象になるのでは?と思ってしまいます。そのような考えを抱えている人たちに申し上げたいのが、会社側からクールビズで来るように言われた面接に関しては伝達事項をそのまま行動に移したほうが無難です。迷って、とても暑い季節にスーツをびしっと着用すると相手に不自然なイメージを持たれてしまいますから、クールビズで良いと記載されていたらクールビズで構わないのです。

  • 退職|転職のための採用面接を受けに転職したい会社へ伺いました。

  • 転職の採用面接を受けるため赴きました。社内の面接に使える部屋が空きがないというわけで社外のある場所で面接担当の人と待ち合わせて採用面接が行われて、その場で解散、面接官も会社に帰らず自宅に直帰されるとのことだったのですが、ビックリしたのは下りる駅が私と一緒だったのです。ですから電車の中においても面接を行った人とずっと話をしながらいっしょに帰宅することになり、その結果緊張が解けて面接より話が弾み、それが良かったからなのか問題なく採用も勝ちとることができました。

  • 退職|近年の企業の雇用に対する考え方の慌ただしい変移をに関し…

  • 現代の雇用形態が目まぐるしく変わってきたことにおいて、全世代の中で34歳ぐらいまでの若者の世代ほど関心度が高いといわれています。おそらくは、自身のキャリアアップと転職とを考えているのでしょう。働き手といった人たちの労働市場の「流動化」が活溌になっているので、加えて、将来、若年層の転職への関心が高まるのでは、と思います。「流動化」が背景にあることで、仕事を変えることは一般的なこととなっていくでしょう。「終身雇用制度」が実在したしていた頃には転職者は、そのことでややネガティブに捉えられる傾向が強く、損をしてしまうこともたくさんあったのです。けれども、社会の流れが変わり今の会社に固執する意味が薄れてきています。

  • 退職|失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業している間もらえる・・

  • 失業によって得られる失業保険は、失業状態でなければもらえませんが、給付期間が決まっています。離職時までに働いていた期間に応じて違い、90日だったり120日だったりするのですが、このような事実を理解していない人が少なくありません。期間の制限がないと勘違いして失業保険で食べていけばいいと考えて仕事を探さない人もいますが、給付期間終了の1か月前になってようやく制度の真実に気づき急に就職先を探しても好条件の仕事を探すのは困難です。会社の面接担当者が馬鹿でない限り、いつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたか位はだいたいバレると思っておくべきです。相手によっては、失業中の求職活動について根掘り葉掘り聞かれます。うまく返答できなかったり、バレる嘘をついてしまって、まず受からないでしょう。

  • 3日ほど前転職の準備をしておこうと人材紹介会社へ登録に足を運びました。

  • 一昨日人材会社へ登録に向かいました。そこでカウンセリングのために現れた担当の人がどうも仕事に慣れていない社員のようで、私が伝えたいことの5割ほども理解ができていない感じ。それなのに「キャリアデザインを変えた方がいいですね」とか「もっと自分の強みと弱みを知っておく必要があります」とか、一人前の話を横柄に話すからとっても不愉快でした。カウンセリング担当者はある程度能力のある方に、してほしいものです。

  • 就職活動において、年収はとても大切な要素です。

  • 就職活動において、だれもが気にするのが年収です。面接の時、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。本当にもらっている年収よりも多めに申告し、高額な年収を獲得しようとしても、無駄でしょう。最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、もし一時的に騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的には後からバレてしまいます。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現在の会社での年収を正確に申告し、それに見合う希望年収を設定するのが一番良いです。なお、今の年収が300万円の人が転職後に500万円となる可能性はよほどのことがない限りありません。現在の年収が430万円であれば、希望額は400~450万円であると伝えておくのが無難です。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、せっかく入社したのに退職に追い込まれるかもしれません。

  • 近頃はパソコンやスマホを見ればインターネットで見られる世界で…

  • この頃パソコンを使えばわかるけどインターネットのエリアには、「転職のためのサイト」と呼ばれるものが相当な数存在しているのをご存知でしょうか?自分自身が欲している転職先を見つけたいなら、まず、情報が大事ですから収集です。こんなサイトをしっかり使うことで、スムーズな転職を叶えられます。更新頻度が高く、さらには転職希望者にとって役立つ情報満載の「転職サイト」もありますが、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。まずは、信用できるサイトかどうかを類似サイトと比較しながらしっかりチェックしてみてください。

  • 退職|在職中であるのなら、できたら、周りの人に気づかれないように・・

  • 就労中は可能なかぎり社内の人間に気づかれないように、(私の経験談ですが)在職期間中に「転社するかも」という意思表示のみを早い時期に周りの人に仄めかして反応を見ました。でも、それから、転職情報を必死に色々と探してみたものの、働く先や転職時期すら無計画なまま進めていたので、ズルズルと時間を空費する結果に。挙句の果てには一方の社内では退職に関わる諸々の手続き、自らの退職日などが確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」といった、お粗末な事態になってしまいました。予定は噛み合うこともなく、失業期間を経験したあとで、次の就業先を見付ける活動をはじめました。

  • 退職|転職を考えているのなら、あらかじめ資格を取るのがおすすめです。

  • もしもあなたが将来、転職したいと考えているなら、転職前に「資格」取得は考えておいて損はありません。とくに、現在の仕事をしているあいだに資格を取っておくのがベストです。転職活動の際でそれを生かせるので、転職先の候補が増えるのです。ですから、資格取得するなら、在職中であり、かつ転職活動前の段階がもっともよいタイミングです。あなたが将来を考え、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、今の会社を退職後も心残りもなく、前に進んでいけます。そのうえ、資格を取ってからの転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接の際、戦力になると判断してもらえ、待遇アップも期待できるでしょう。