退職|転職活動は、希望している企業そのものよりも、人事や採用担当の面接官との…

退職|転職は、最初の第一歩は希望先転職先の会社企業というより・・

  • 転職活動といえば、希望している企業そのものよりも、どっちかというと「担当面接官」とのやり取りが肝心といってもいいでしょう。採用担当の面接係員に良い印象を与えるために、まずは面接の時間になる前に焦る気持ちを抑え、平常心を意識しましょう。たとえば出来ればお見合いのような気分でいる望むと良いかもしれません。更に大事なことは面接に進むとまずはあなたの内面的な素質を判定してもらうので悪い印象を与える身なりは気をつけてぜったいに控えましょう。またモラルある社会人らしいきちんと整った服装で向かいましょう。オーラを感じさせることができればいいです。魅力ある人物と面接官に思ってもらえれば、きっと転職活動はかなり楽になります。
  • 退職|再就職における面接などに関して面接担当者に名刺を手渡されとしたら…

  • 転職の面接などの場面で名刺を手渡されとしたら、あなたも同様に名刺を差し出す方が良いのかどうかと対応の仕方に悩んだ場合は、たいていは差し出す必要のないもの、と考えておきましょう。面接とは仕事の一部ではなく、職に就くための採用活動の一部なので、普通一般的には名刺をやりとりする時ではないのです。それに加えて、あなたは会社の者として出向いているのではなく、個人的な問題でこの場にいるわけです。ですので、もしも相手から名刺を渡さても、あなたは、ただもらうだけで問題なくて、担当者に相手側に渡す必要はまったくないと考えます。
  • 退職と転職を繰り返す日々を止めるための対策は、シンプルです。

  • 転社を繰り返す日々を止めるためには、コツが要ります。スキルアップもそうですが、それとは別に精神的なスキルを磨くと転職を繰り返さなくなります。現在は、ネットを使って精神面を強くする自己啓発系の情報はいつでも知ることができます。また、意外と思われるかもしれませんが、転職とは関係なさそうなことでも、精神面を鍛えることができます。たとえば「海外旅行」です。海外旅行に行くと、日本とは違う様々な文化があり、大きな刺激を得られます。ですから、人間的に成長させてくれる修行とも言えます。帰国してみると、「自分の見せている世界はこんなに小さいのか」と気づき、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちを携え、(転職のための)面接に向かうと、今までの面接とは違い自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。ただし、退職後しばらくは精神面が弱くなっているので、よく休むようにしましょう。
  • 退職|自分自身の大好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている人は気をつけた方が良いです。

  • 自分の趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいと思っている人は注意です。これは、私の経験に基づいたことなのですが、私は、食べることが好きだったのですが、以前は、飲食業界(レストラン)で働いてもいました。そのレストランでの業務内容は、そのレストランで私が担当していた仕事内容は、盛り付け作業やホール業務でした。この仕事内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しみながら仕事ができていました。けれども、人間関係でとても嫌になりました。ということが原因で、職場を去ることにしたのですが、その影響からか、好きだった食べることやその飲食店で扱っていた食べ物も嫌になり、その系列の店には現在も行けません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。この仕事を始めた頃は、好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいと思い、実現させることは素敵なことですが、ですが、「好き」の度合いはどの程度のものか、もう一度問いただした上で行動するべきです。
  • 政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況につい・・

  • 昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。現在の安倍政権では、アベノミクスや「三本の矢」などの新たに経済政策を打ち出し、経済政策ともに金融政策との相乗効果によって、財界や民間企業間では今までにない社会的な変化が増えつつあります。そのこともあって民間企業のあいだでも今度は労働人口の減少による「働き手が足りないこと」が社会問題化しつつあります。また最近では、「外国人労働者」の総数を現状よりも増やしていく、と現内閣は方針として掲げています。外国人労働者が増えることによって、国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こういった社会的変化のなかで国内の雇用や転職といった事情にも、大きな影響が出てくるのは仕方のないことだといえます。
  • 勤め口を探していたころいくつかの人材紹介会社に登録していました。

  • 自らが求職中のころかなりいくつかの人材紹介会社に登録していました。その際に思ったこと、それは転職アドバイザーの質もまちまちでほとんどは適当な対応をする人ばっかりでした。私にとってはかなり重要なことなのにもっと誠意を込めて向かい合ってほしいという気持ちが積もり積もってしまいました。そんなことがあり自分自身がキャリアカウンセラーの資格を取得することにしました。キャリアカウンセラーとして働くための資格を取得するためには費用もかかったし勉強の面においてもとても大変ではありますが、求職中の方からあなたが担当者でよかったと言ってもらえる人間になるべく努力しています。
  • 転職活動における最後に残る厄介な難問として、「現職の退職」があげられます。

  • 転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない問題として、今勤務している企業からの退職があります。転職先の企業が決定したとしても、現在勤務中の会社があなたを慰留することもよくあります。もしそうなってしまったら、障害を乗り越えて退職する、という強固な意志を貫くことが必要といえます。仮に会社に残るように説得されて、一時的にとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社には、やがて愛着もなくなってきます。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届をつくります。そして、決定権を持っている上司と直接話をし、退職を撤回する考えはありませんと、堂々と伝えます。「円満退社」で今の職場とお別れすることも就職活動において大事なポイントになってきます。
  • 転職候補となる面接でしてはいけないのはあからさまな猫かぶりしていると、…

  • 転職候補となる採用面接では、多数の人が考え違いをしているのですが良い印象を与えたいと過度に猫かぶりしていると、はっきり言って採用を勝ち取れないこともあり得ます。そんな事態を避けるためには猫をかぶるよりも面接時は、「残業」などの、普通ならかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を勇気を持って率直に訊いておいた方が、結果的に間違いなくあなたのためになります。意外に思うかもしれませんが、「採用前の段階で、質問をすることで面接で不採用になるのではないか」と不安になる人もいるかもしれませんが、ですが、意外なことに、プラスの結果になることは結果的には可能性が高いのです。このような実は面接時に実のところ、多くの人が知りたい内容なはずです。とはいうものの、面接結果に影響するのを恐れ、なかなか聞けないものです。しかしながら、ほんの少し勇気を出して質問することで「勇気のある人だな」ということで面接官の記憶に残る可能性が高くなります。
  • 退職|転職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備が必要です。

  • 転職活動をスムーズに行いたい場合、準備はしなければなりません。準備といってもたくさんあるのですが、とくに、身だしなみ、に含まれる服装は気になっても仕方がないと思います。けれど、ここ最近の、企業面接に関しては私服を許可しているところもあるので、スーツで面接に出向かなくても良い場合があります。創業間もない会社などは、お堅いマニュアルもないことが多く、スーツでいかないほうが良い印象を持ってもらえます。そして、ざっくばらんに会話が出来るのも魅力です。さらに、私服を見せることで時には面接時に服装の話題で盛り上がる可能性もあります。ですから、うまくいけば担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということから、転職にトライするなら「創業年数」を事前確認し、(ベンチャー系企業相手の)面接時には正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。
  • 転職において、まず今の会社を辞職した後でという方もいます・・

  • 仕事を変えようとするときに、勤務中の会社を辞職してからといった方法もありますが、そういった場合にはボーナスのことを考えておきましょう。ボーナスが出る会社はいっぱいあるわけですが、社員にボーナスが支給される場合には、ボーナスが出る時期まで数か月しかないなら、ボーナスをもらった後で会社を去るという手も得策です。ボーナスは月々の給与と比べて大金なので、もらわないのはもったいないとも明らかなわけですから、会社を辞める決意をしたならボーナスの支給時期について知っておくほうが賢明なやり方です。
  • 退職|転職時にとても重要となるのが間違いなく「面接」である。

  • 再就職をする場合、かなり重要視されるのが間違いなく「面接」です。普通、面接の際は、面接担当者が応募してきた人に対し、転職を決めた理由や退職理由などさまざまな内容を尋ねる形になります。そして、面接終了の直前に転職希望者から、面接担当者へ逆質問に切り替わります。面接担当の人から「なにか弊社についての疑問点はありませんか?」と。と尋ねられた際に緊張状態で、急なことなので戸惑う事もありまよすね。そんなときのために、前もって面接官からの問いに際し、聞きたいことを準備しておくのもいいかもしれません。冷静に考えてみれば何かしらの疑問点はあるはずです。ぜひ、やってみてください。
  • 転職することを成功させるためには、最初から情報を収集することをしておきましょう。

  • 転職をスムーズなものにするには、戦略を立てながら行動するようにしなくてはいけません。それには今を見るといくら小さな企業もホームページに企業の紹介を書いているところがほとんどですので、インターネット上で自分の気になる点をチェックしておくとそれとその企業についてわからないこと等を整理しておくと転職の助けになってくれます。さらに公式ホームページ以外にも、「転職サイト」の情報に目を通しておくとお勧めです。しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。転職候補にしている職場を自身で確かめることも大事なことです。
  • 昔から”石の上にも3年”という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。

  • 日本には昔から”石の上にも3年”というコトワザがありますが、1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」は崩壊に向かっています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験する人が増え、当たり前の世の中になってまいりました。ですが、「転職」が当たり前になったからといっても、簡単に転職を選択してしまうのは考え物です。再就職するにはタイミングを図る必要があります。まず第一に、現在の職場、仕事について全般的に、不服を強く感じていることを箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目は書き出してみてください。そうしておくと、再就職に役立ちます。そして、もし未来の展望が拓けたのなら、決断を遅らせることなく、今より良い職を手に入れるべく取り組むことが大切です。
  • 再就職の際に絶対に必要となってくる履歴書は、大方、自筆ではなく、パソコンを活用して作るのが…

  • 再就職する場合絶対に書く履歴書は、だいたいは手書きではなく、パソコンを活用して作るのが基本です。現在の日本においては履歴書や職務経歴書は手書きで用意するのが普通だと考えられている面も多々ありますが、それは新卒時の就活やアルバイトやパートの時に準備する履歴書であって、実際のところ、転職をする時においては履歴書は必ずパソコンで書いたものは駄目と言い切ることはできないのです。手書きの履歴書をベストとするケースもありますけど、そうではない企業がずっと多くなってきているので、パソコンを使って作成した履歴書や職務経歴書でもよろしい場合は意外にも大量にあるのです。
  • 数年前は求人誌では、募集要項の中に「性別」について…

  • 何年か前までの求人情報には、必要とする人材の「性別」まで当然のように書かれていました。けれど今では、「男女雇用機会均等法」の影響によって、採用時、男女の差別をあってはならないルールが決まり、募集要項のなかに「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。そんな風に時代が変化したものの、求人する会社側には性別関係なく等しく雇用のチャンスを与えてくれるとは限りません。実際に、実際は男性を必要な会社に女性が募集にやってきたり、女性が必要な案件に男性が来てしまい、でも不採用となる可能性が高くなります。仮に、「女性が活躍している職場です」と記載があれば、求めているのは女性だと解釈しておいた方がべきです。
  • 派遣先の会社が決まりました。就業の初日に営業担当・・

  • 派遣社員としてある会社で働くことになりました。勤務の初日に派遣会社の営業担当の人と就業先の近所のコンビニで待ち合わせをしたら、なぜか店の前にいないので店内にいるのかもしれないと思いコンビニエンスストアの中に入ってみると、営業担当者は驚くことに雑誌の所に座り込んでアダルト雑誌のグラビアページを開いて見ているのを発見しました。こんな担当の人の仕事なんて人間としてプライドが許さないことだと感じて、そこで声をかけずにこっそりと店内から出て速攻派遣会社へ仕事を辞退する旨を電話で伝えました。