退職|転職活動をされているのなら、気になった求人(あるいは業…

退職|転職活動のとき、気になる求人(もしくは職種)を見つけたときに…

  • 転職活動をしているなら、気になる求人(または職種)を見つけた際にはきちんと「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネットで検索しておきましょう。求人票や転職サイトの担当者の情報では、まずその業界のマイナス点はアドバイスしてもらえません。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、インターネット検索によってカンタンにカンタンに多くの事例に触れられるはずです。そういった手間を惜しんで会社に入ると、後々にガッカリしてしまうおそれがあります。その求人が頻繁に出ている理由が「業務内容がキツく、入っても続かない」といったケースが多くを占めます。目に留まった案件・業種については、疑問点を払拭した上で、応募することを心がけましょう。
  • シフトの仕事についての話です。

  • シフトがある仕事についての話です。毎週、特定の曜日に仕事できる人を募集する求人を頻繁に目にしますが、シフトの提出方法や休み方について、確認しておきましょう。それはどうしてかというと、以前わたしは出産のため抜けた人の代役として、正社員として入ったのですが、そこが「土日」固定のシフトで、新しく入った私以外だれも出てくれませんでした。産休に入った女性が土曜、日曜に必ずでれる人だったので、私自身も同じタイプと思われていたようです。「土日」に休まざるを得なくなると、シフトを変更してもらう必要があり、上司に「日曜日に休みたいのです」と自分で連絡を入れなくてはいけませんでした。立場も給料も同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い返すと本当によく我慢したな、と自分でも驚きです。
  • ある古物商の人員募集にて、書類審査に受かりました。そ…

  • ある古物商の社員募集にて、書類審査に合格したので、先方から面接日時を告げられました。けれど、当日、指定場所に向かうと、どうしたものか相手が、面接の用意を一切していないと知りました。しばらく待つと、所長らしい男性が面接担当をしてくれましたが、始終驚くほどけだるい表情を見せ、やっとのことで面接が終わりました。しかし、2週間後と言われた合否の連絡が一切もらえず、ガマンできなくなり、私から問い合わせてみたところ、「結果は郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待っていましたが、私の手に届くことはありませんでした。そこでもう一度電話した結果、「結果は不採用でした」、と有無を言わせずに電話を切られました。あまりの対応に呆れ返ってしまい言葉を失いましたが、本当は、採用されなくて良かったと感じています。
  • 退職|転職サイトや転職エージェントといったサービスを活用…

  • 転職サイトおよび転職エージェントを活用し、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。さらに、条件のよい転職先を確実に見つけたいなら、並行して転職フェアに行くのがよいでしょう。転職フェアでは、複数の企業が同時に集まることから、そこに足を運ぶことによっていろんな企業について知ることができますし、その上、その場にいるスタッフ(説明員)から、企業の雰囲気を肌で感じることができます。これから、近い将来転職フェアに参加するつもりなら、面接に挑戦するつもりで自身を売り込む気持ちで行きましょう。運よくフェアの期間中に企業から気に入られれば、その後本格的な面接時に非常に有利になると予想されます。
  • 求人に係る情報をチェックする時、「デスクワークがしたい」と思う人ほ・・

  • 求人サイトをチェックする折、「デスクワークがしたい」と思う人ほど、製造業を見逃してしまっています。そのような人のほとんどは「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と誤解しているはずです。事実、製造業での求人であっても経理、人事、総務などの従業員募集から、購買、営業管理などの「事務系」に分類される仕事もかなりの数あります。しかし、製造業の仕事場自体、オフィス街から外れた地域にあるので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その箇所がマイナスと思うかもしれません。そうであったとしても、自らの執着をなくすことで仕事の選択肢を広げ、将来をより良いものにしていく助けになるはずです。
  • 退職|転職を予定しているのなら現在勤めている会社を退社する時に…

  • 転職をするために現在働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、仮に自分のほうから退職届を書いて会社を辞める、いわゆる「依願退職」のケースでは直ちに実業保険を受け取れるわけではなく手続きをした後に失業が確認されてから3か月経たないともらえない。よく間違って会社を辞めた翌日から3か月経てばもらえると思い込んでいる人がいますが、この規則を理解していない人が、3か月経ったのにもらえないのはおかしいと主張してそれが原因でハローワークのスタッフと揉めているのを見たことがある。ですが、労働者側の都合ではなくリストラなど会社側の都合による退職のときには、失業認定を受けてから直ちに失業保険が給付されます。
  • 退職|転職の面接で必要なビジネススーツのカラーについて・・

  • 仕事の面接でいるビジネススーツの色味は、新卒の学生が就職活動の際にに準じている色が安全です。ですから、紺色や黒色のような落ち着いた色合い、ということになります。転職の面接でも、ビジネススーツの色合いというのは黒系や紺系のカラーが圧倒的多数であって、そうでない色のビジネススーツの人はほとんど見かけることはありません。それ以外だと、たまにグレー系を着ている人がいるくらいです。全体から見ても紺系や黒系が大多数です。ですから、人事側からしてもそういった色であるほうが普通のように感じます。ですから、身だしなみ、という面においてはそういった色を着用する方が良いわけです。
  • 職を変える際の面接についてですがクールビズで良いとと事前に言われる場合もあります・・

  • 転職の面接においてクールビズ可とと事前に言われる場合もあります。しかし、クールビズの格好は本当は良くない印象を与えるのではないか?と考えてしまいます。クールビズについての迷いを心に感じている方々に進言したいのは、クールビズで来るように言われた面接のときは言われた内容をそのまま守った方が不安要素がないです。迷いすぎてしまい、真夏でありながらしっかりとスーツを着用すると暑苦しいと思われます。ですから、企業側からクールビズで来てくださいと事前に聞かされたのならクールビズでいくのが望ましいです。
  • 転職のための面接に転職希望の会社へ訪ねました。

  • 転職のための採用面接を受けに希望先の会社へ出向いたときのことです。その会社の部屋が空きがないとのことで会社の外で面接担当の人と待ち合わせて採用面接をし、その場所で解散をして、面接を行った方もそのまま自宅直帰されるとのことだったわけですが、偶然にも自宅からの最寄駅が一緒。結局は電車の中においてもずっと世間話をしながら帰ることになり、その結果緊張がほぐれて面接しているよりも話が弾んで、それが原因かなんと採用を勝ち取りました。
  • 近年の企業の雇用に対する考え方のめまぐるしい変化について、社会人の…

  • 昨今の会社や企業の労働環境のめまぐるしい変化に関して、社会人の中で若者の世代ほど鋭く感じ取っているようです。自身のキャリアアップと転職とを考えているのでしょう。従って、就業者といった層の労働力の「流動化」が活性化しているので、一層、この先、若年層の転職への注目が増加していくと思います。労働市場の「流動化」が進んでいく結果、転身することは身近なものとなるのは間違いありません。「終身雇用制度」が実在したしたかつては、「転職」は、そのことで評価が下がりやすい傾向が強い、転職が思い通りにいかないことも多くあったようです。時流が変わったせいもあり、今現在の会社に執着する必要はますます無くなってきています。
  • 失業したときに給付される失業保険は、失業のあいだが給付の条件です…

  • 失業することによって得られる失業保険は、もらうためには失業中であることが必要ですが、給付期間が無限に続くわけではありません。失業時までに働いていた期間に応じて変動し、90日とか120日とかが決まるのですが、なんと知らないで失業を続ける限りもらえると思い込んで仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて仕事を探さない人もいますが、給付期限があと1ヶ月、という段階で気づいてから大急ぎで職探しをしても好条件のところを探すのは至難の業です。転職先の面接官も無能ではないので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」に関してはそこそこわかるはずです。ヘタをすると、面接の際にそのような質問を食らう可能性もあります。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、まず受かりません。
  • 人材会社へ登録に向かいました。

  • 人材バンクに登録に行きました。登録カウンセリングの時に現れた担当の方が見たところ仕事に慣れていない社員のようで、こちらが説明をしていることの半分ほども理解できてないようでした。それに加えて「キャリアデザインが緩いですね」とか「きちんと自分の強みを明確化する必要性があります」とか、専門家のように横柄にのたまうから非常に嫌な気落ちになりました。カウンセリングをする人はそれなりに仕事を経験している方にするべきです。
  • 就職活動において、年収はとても大事なポイントです。

  • 就職活動において、年収は大変大切な要素です。面接の際、必ず現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。実際もらっている年収よりも多めに申告し、転職先で多くの収入を得ようとしても、無駄な努力でしょう。結局は源泉徴収を提出することになるので、一度は騙せたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、そこでウソがバレてしまいます。ときにはトラブルになることもあるので、現在の年収を正直に申告し、それに釣り合った希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。現在の年収が300万円の人が転職して500万円となる可能性はまずあり得ません。仮に、現在の年収が430万円としたら、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくべきでしょう。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなり、せっかく入社したのに退職を余儀なくされるおそれもあるので、注意しましょう。
  • どうもパソコンを使えばネットで見られる世界では今では…

  • 世の中は変化していてネットのエリアには、今では「転職サイト」と呼ばれるものがそこらじゅうにあったりします。サイトから自分の目的に合致した転職先というのを見付けるためには、最初は情報を集めることが欠かせません。こういう「転職サイト」をうまく使いこなすことで、満足度の高い転職先探しが可能です。更新頻度が高く、さらには客観性と正確性を持ち合わせた優良なサイトがある一方で、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。とりあえずは、実際に信用していいサイトであるかを見極めることが大事ですから類似サイトと比較しながら厳しく確かめてみてください。
  • 在職期間中は、可能ならば、会社内の人にバレないよ・・

  • 就労期間中は、できたら、内密に、(私のときは)就労期間中に「転業するかも」という意図のみを早い段階で同僚に話したことがあります。ですが、その後に求人誌を必死に色々とみていったのですが、悲しいことに転職先のあても、転職するタイミングさえも無計画なまま決まらないまま、いつの間にか時が過ぎてしまい、その傍ら、当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎ、諸々の手続き、退職日などが決定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、転職先を見付ける」といった、本末転倒な事態になってしまいました。そして、思うような展開にはならず、失業期間を経たあと、次の就業先を見付ける活動をはじめました。
  • もしも転職をするなら資格を取得することで有利になります。

  • 転職を視野に入れているなら、あらかじめ考えておいて損をしないのが資格の取得です。また、転職活動を始める前の段階で、資格取得しておけば、転職活動には有効活用することができますから、仕事を見つけやすくなります。そういうわけで、在職中であり、かつ転職活動前の段階で資格取得をするのがベストな時期といえます。あなたが未来を見据えて、是非とも在職中に目指したい仕事の資格を取ると現在の仕事を辞めたとしても後悔なく次に進めます。加えて、資格を持つことによって、転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接の時には面接担当者に即戦力として扱われ以前の職場より待遇が良くなる可能性が高くなります。