退職|転職活動をしていると、「年収」に関しての話題は必ず出ます。

就職活動において、年収はかなり重要な要素です。

  • 就職活動において、年収はかなり大事なポイントです。面接では、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。本当にもらっている年収よりも多めに申告し、高額な年収を確保しようと試みても、無駄でしょう。「源泉徴収票」が必要となり、もし一度は信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局はウソがバレてしまうのです。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現職での年収を正確に相手に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。例をあげると、現在の年収が300万円の人が転職後にいきなり500万円になる可能性はないものと考えておくべきです。もし、今の年収が430万円だとすると、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが間違いがありません。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、せっかく入社したのに直後に退職しなくてはいけなくなる状況も考えられます。
  • PCを使えばわかるけどインターネット上には、今では転職情報を掲載している「転職サイト」・・

  • 最近はパソコンやスマホを使えばわかるけどインターネットのエリアには、要するに「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものが多数点在しています。その多くて困るくらいのサイトから自分にピッタリの転職先と思えるのを見付けるためには、なんといっても情報を収集することです。このようなサイトをしっかり利用することで満足度の高い転職先を探せます。最新情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報満載の「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、注意しておきましょう。使い慣れないうちは、実際に信用していいサイトであるかを見極めることが大事ですから他と比べつつ、厳しく確かめてみましょう。
  • 退職|就労中には、状況が許す限り、社内の人間にバレないよう・・

  • 就労期間中なら、可能なかぎり気づかれないように、(私の場合)雇用中に「転職するかも」という考えだけをはじめのうちに社内で仄めかして反応を見ました。でも、それから、求人情報を必死に色々とチェックしてみたのですが、結局は転職先や仕事を変えるタイミングすら無鉄砲に決まらないまま、いつの間にか時間を空費する結果に。挙句の果てには一方の当時所属していた会社の方は、退職に関わる引継ぎや手続き、私の退職予定日などが確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず就職(できる)先を決める」という、お粗末な状況になってしまいました。その後、予定が順風満帆とはいかず、失職期間を経験し、次の就職先を見付ける活動をはじめました。
  • もしも転職を視野に入れているなら、転職前に資格を取得することで有利になります。

  • もしも転職を予定しているのなら、あらかじめ「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。とくに、仕事を続けながら資格取得をしておくと、転職の際に有効に使えるので、新たな仕事を見つけやすくなります。ですから、在任中の時間がベストタイミングになります。将来のために、是非とも在職中に目指したい仕事の資格を取ると仕事を辞めた後も後悔なく次に進めます。また、資格を持つことによって、転職先での面接時に担当者に即戦力になる人材だと認められ、以前の職場より待遇アップも期待できます。
  • 退職|仮に再就職をしようと考えていても全部がうまくいくという確証はありません。

  • 仮に転職を考えたとしても、全部が首尾よく運ぶという確証はどこにもありません。遅かれ早かれ転職をしなくてはならないならそのうちに転職するつもりならなるべく早い時期に行動しておくべきです。平均としてみると、30代前半までは有利な展開を期待できますが、残念なことに、30代後半~40代となったあとでの転職自体がとても厳しいといえます。もしも、管理職など、要職に就いているのなら、転職の意思が強くなっていても現在の会社に留まることも結論として選ぶ答えの中に残しておくべきです。退職後に転職活動を始めるよりも、今の会社に籍を置いたまま慎重に行動したほうが後悔がないはずです。
  • 将来的に、私たちの社会的環境において着実に考えなくてもできる作業・・

  • 今後、私たちの社会的環境においてますます思考を必要としない作業は機械に変更されていきその結果、そういう仕事をする人手はカットされていきます。なぜなら単純な仕事という観点ではヒト以上に機械で進めたほうが比べられないほど利便性にすぐれているからです。数をカウントしたり、同じ作業をリピートしたりすることは機械には何の苦もないのです。もちろん人と違って文句を言わず、疲れもしない、適当にすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一だし、さらに、賃金も発生しないのです。このように、労働力として生身の人間を使う意味がなさすぎます。機械化が自然の結果といえます。
  • 退職|あなたが持つ現在のスキルをふまえて転職活動する場・・

  • 自分のスキルをふまえて就職活動をしていく場合、再就職しやすい業界と、比較的、再就職が難しい業種がある事を認識しておきましょう。転職がむずかしくないジャンルは、たえず人手不足になっている「医療・介護」系が代表的といえます。医療・介護は、看護師および介護士は「資格」が必須で、ハードルが高めなのも転職しやすさに起因しています。現在、看護師や介護士として勤務している人が、とある事情によって異業種に再就職しようと思う場合は、すこし踏みとどまった方が良いです。他の業界では人材の流動性がそれほどありません。したがって、安易に考えない事が必要です。異業種への再就職を希望するなら、異業種では医療や介護系の業界みたいな売り手市場とはいかないと、気をつけておきましょう。
  • 来週からでも転職をするのなら、現状の職場の何に不満があるのか…

  • 転職を予定しているのなら、現在の業務や仕事の何に対して不満を感じているのかをハッキリとさせておきましょう。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。転職したいと考えているのは分かります。でも「よく考えて存在する職場・業務の客観的にみた不満な点を挙げる」ことを大半の人はやっていません。この点を徹底しておくと転職における後悔を減らせます。そのあと、もしも転職した場合、「今よりも不便になること」を想像してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職後のモチベーションの低下を防ぐ事ができるでしょう。
  • 転職活動といえば、企業そのものというより、どちらかと言えば面接係員…

  • 転職活動のコツは希望先転職先の会社企業というより、人事や採用担当の面接官とのやり取りが大事といってもいいでしょう。希望する企業の面接で良い印象を与えるために、先ずは緊張せずに焦る気持ちを抑えて平常心を強く意識しましょう。例を挙げるとお見合いのようなつもりでいる望むのも大事でしょう。とくに面接に進むとまずはあなたの「人間性」を見られるのでマイナスな印象につながる行動は気をつけてやめましょう。常識的な社会人らしい転職活動にふさわしい服装(T・P・O)を意識しておきましょう。あなたらしさを表現できるといいでしょう。企業にとって必要な人材と感じてもらえれば、かならず良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。
  • 退職|再就職の時の面接などの際にもし名刺を渡された時、自分も同様に名刺・・

  • 再就職での面接などの時に担当者に名刺を差し出された場合、あなたも名刺を相手に差し出すべきであるのか?と対応の仕方に悩んだときは、たいがいは渡すことはないと思っておいてください。転職のための面接というものは仕事の内ではなくて、仕事を得るための就職活動の一部であるわけですから、基本的には名刺をやりとりする場とは異なります。重ねて、会社の人間として出向いているのではなく、あなたのことでこの場にいるわけです。それゆえに、もし相手から名刺を渡さても、あなたは受け取るだけでよくて、面接担当者に相手の方にあげる必要性は少しもないと言えます。
  • 退職|転職を繰り返す日々を止めるための術が一つだけあります。

  • 転職を繰り返す日々を止めるための対策は、シンプルです。スキルアップもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。現在は、ネットを使って精神面を強くするヒントはいつでも知ることができます。加えて、転職とは関連性のないことでも、メンタル面を鍛えることができます。オススメは、ズバリ「海外に行くこと」です。海外旅行に行くと、言語、生活様式、文化など、違うことばかりなので、刺激が山ほどあります。なので、精神的成長を果たしたい人にはピッタリの修行といえます。日本に戻ってくると、「自分の視野の狭さ」に気づき、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと実感することができます。この状態のまま面接に向かえば、これまでの面接とは違い自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。でも、退職して間もない頃は精神的に弱っていることが多いので、気力回復のために休暇も必要です。
  • 退職|趣味に通じることや好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている方は注意した方が良いです。

  • 趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている人は注意が必要です。これは、私が経験したことなるのですが、私自身、食べることが本当に好きでそれが高じて、前に、飲食店で働いていたことがあります。そのレストランでの業務内容は、そのレストランで私が担当していた業務内容は、簡単な盛り付けやホール業務です。この業務内容については、嫌とかいったこともなく楽しんで仕事ができていました。しかし、職場の人間関係でとても嫌になりました。そのことが原因で、職場を去ることになったのですが、その影響からか、食べること、そしてその店でメニューとして扱われていた食べ物さえも苦手になり、同ジャンルの店には現在も行けません。当時の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。仕事に就いたばかりの頃は、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいと夢をみるのは本当に素敵ですよね。しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、まじめに尋ねる必要がありそうです。
  • 転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。

  • 近年の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。今の安倍内閣ではアベノミクスや三本の矢で経済に関係する政策が次々と打ち出されています。日銀による「金融政策」と相まって、財界や企業間においても新時代となる変化が顕在化しつつあります。その影響を受け、民間企業の側でも今度は若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「働き手が足りないこと」が深刻化しています。なお、「外国人の労働者」の総数を増加させ人材確保に務めていくと安倍政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした政治の流れによって、国内の雇用や転職状況にも、大きく変わっていくのは確実といえます。
  • 私は以前かなり多くの人材紹介会社に登録していのだ・・

  • 自らが仕事を探していた時期にいくつかの人材紹介会社に登録していたのですが、その際に特に思ったのは転職アドバイザーのレベルにおいても色々でほとんどは不満足を感じる人ばかりでした。こっちは人生がかかっているのにもっと一生懸命に向かい合ってほしいという欲がこみ上げました。それがきっかけとなって私はキャリアカウンセラーを目標にすることになりました。資格取得にはコストも必要だったし勉強の面に関しても大変ですが、お仕事を探している人から頼みとされる人間になるべく頑張っています。
  • 転職活動を行う上での最後に残る難関として、現在の会社の退職があります。

  • 転職活動において最後にクリアしなければいけない問題として、「現在勤めている会社をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先の会社から採用の内定をもらえても、現在、所属する会社が、あなたを離したくないと慰留するというのも起こりがちなことです。そのようなケースでは、絶対に退職する、という強い気持ちを維持することが重要といえます。仮に引き留められて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと思った会社には、最終的には愛着もなくなってきます。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届をつくっておきましょう。その後、決定権を持つ上司と談判し、退職を考え直す可能性はありませんと、キッパリと伝えましょう。「円満退社」で今の職場とお別れすることも転職活動において必要不可欠です。
  • 転職の際に欠かせない採用面接での、多数の人が考え違いをしているので・・

  • 転職の際に外せない企業での採用面接でのやめておいたほうがよいのはあからさまな猫かぶりは、正直に言って悪い結果につながります。そうならないために猫をかぶるよりも面接の際は「給与」など、通常はかなり質問しづらいことを思い切って尋ねておくと、確実にあなたのためになります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「そんな無遠慮な質問をすると、結果が悪い結果になるのではないか」と懸念する人もいるかもしれません。しかし、プラスに作用することは結果的には少なくないようです。こうした労働環境やお金に関する内容は、多くの人が気になっています。とはいえ、面接に応募した人たちの多くは、モジモジして質問できません。なので、あえて踏み込んでおいたほうが、「勇気のある人だな」ということで格好の自己アピールとなるのです。