退職|転職活動を進めるには、然るべき準備は必要です。

退職|転職活動を進めるには、それなりに準備をしなくてはなりません。

再就職にあたってそれなりの準備は必要不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、そのなかでも、目に見えるファッションは気になっても仕方がないと思います。しかしながら、ここ数年の、企業面接に関しては形式ばらない服装がOKな会社も多いので、ビジネススーツで決めて面接に向かわなくてもいい場合があります。会社の設立してすぐの会社などは、柔軟性に富んだところが多く、スーツでいかないほうが相手に好印象を与えられます。さらに、正装でないので、ざっくばらんに話が出来るのも魅力です。また、私服だと面接の間に、服装について、話が広がることもあるので、もしかしたら担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。というワケで、今から転職は会社の「設立した年」で選択し、(ベンチャー系などの)面接の際は正装はせずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

退職|転職活動を行うときに、まずは会社を辞めた後でと考える人もいるでしょう・・

転職をするのに、まずは働いている会社の退社手続きを終えてからという人もいるでしょうが、今の職場を辞めてから新しい会社を探そうとするときにはボーナスをもらえる日について事前に調べておくのが無難です。社員にボーナスを出す会社はそこら中にありますが、ボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスが出る日まで長くないのであれば、ボーナスが振り込まれたのを確認してから辞める意向を伝えるというやり方も賢明といえます。ボーナスはそれなりに多くの額が入るはずなので、手に入れておいた方がいいとも明らかなわけですから、転職を考える時にはボーナスについての規定と支給日を一度確かめておくと得策です。

再就職では、とても要となるのが「面接」というものです。

再就職において、比較的重要となるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。普通の面接の際は、面接官が応募してきた人に対し、転職するに至った理由や退職理由など色々な質問が飛んできます。そして、一通りの質問と説明が終わると、今度は、転職希望者から、面接担当の人へ逆質問というのがされるのが普通です。面接担当の方から「我が社について何か質問はありますか?」と尋ねてくれるわけです。そういった質問が来たときは、面接者本人が気持ちの準備もできていないし、慌ててしまうかもしれません。そうならないためにも、面接を受ける前に面接官からの質問に際し、質問の内容をいくつか考えておくことをお勧めします。すべてを把握していない職場ですし、よく考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。

退職|満足できる転職を希望しているのなら、事前に情報を収集することが必須です。

後悔しない転職を目指すのなら、行動する前に情報を収集することをしておきましょう。そうしようと思うのならこの頃は名前を聞いたことのない中小企業であってもホームページを開いている会社がよくあるから、インターネットを駆使して気になる点をチェックしておくとそれと疑問等を整理しておくと相手の会社を知るのが容易です。加えて公式サイトのほかに、「転職サイト」にログインするのも意外な発見があるはずです。しかし、インターネットだけで判断するのは早計です。転職を考えている希望の職場を自ら判断してみるのも良いと思います。

退職|古来より日本には”石の上にも3年”という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

昔から日本には”石の上にも3年”という人生において役に立つ教えがあります。「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験する人が増え、当たり前の世の中になってまいりました。とはいうものの、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、安易にそれを選択するのは考えものです。転職しようと考える場合、時期を的確に捉える必要があります。はじめに、現在の職場、仕事内容について具体的に、不服に思う点を5~10個ほど、紙に書き出してみましょうそうしておくと、転職活動に良いヒントを与えてくれます。そして、将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、決断を早めにし、より良い仕事を手に入れるべく頑張ってみましょう。

再就職する場合準備する必要のある履歴書は、だいた…

転職をしようとする場合、必ず用意する履歴書などについてですが、たいてい、自筆ではなく、パソコンで作るというのがほとんどです。日本に関しては履歴書はパソコンを用いず手書きで作成するということが普通だと捉えられていることも多いですが、それは新卒の就職活動やアルバイトやパートに関してであって、実際のところ、転職の時は履歴書は絶対に手書きでないといけないとまでは言うことはできません。自筆をベストとする企業もあるようですが、違うケースがだんだん増えてきているようなので、手書きの履歴書や職務経歴書でなくてもよろしい企業は意外にも多くあるのです。

今までは求人情報では、求める人材の「性別」まで書かれているのがほとんどでした。

今までは求人情報には、雇用側が求める人材の「性別」が記載されているのがほとんどでした。ところが現在では、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、雇用する際、男女差別があってはならないルールが決まり、求人情報内に「性別」が無記載となりました。ですが、募集情報を出す企業は、男女どちらでも良い、とは本音では思っていません。ですから、実は男手を欲しい案件に、女性が募集にやってきたり、逆に女性を希望している案件なのに男性が来てしまい、といったトラブルは誰にも起こり得ます。もしも、「女性が活躍している仕事場です」と紹介されている求人募集の場合は、雇用側が働き手は女性を必要としている、と考えたほうがべきです。

派遣会社でのお仕事が決まりました。

派遣先の会社が決まりました。就業初日に派遣会社で営業を担当している方と就業場所に近いコンビニで落ち合うことになっていたのですが、なぜか約束をしたお店の前にいないから店の中にいるのかもしれないと思って店の中に入ってみたところ、営業担当者は驚くことに雑誌コーナーにしゃがみ込んでいかがわしいグラビアのページを開いて読んでいるではないですか。こんな人に担当されるなんてやってられないだと感じ、声もかけずに気付かれないようにコンビニの外へ出て速攻派遣会社へ仕事を辞退する旨を電話で伝えました。

20代前半に転職を2度経験して、そして今、資格取得のた・・

これまで20代前半までに転職を数回で、現在、資格を取得したいので「派遣社員」で働くことにしました。フルタイムの勤務ではないのでやはり給料が以前よりも少なくなりました。前よりも心と時間に大きな余裕が生まれ、満足しています。思い返すと、学生の頃にいくつか資格を取り、仕事できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。きちんと資格を活かしている人を見ると少し羨ましさを思ってしまいます。これまでは、自分と他人をどうしても比べてしまい、ガッカリすることが多かったのですが、今では結婚を経験し、がらりと生活そのものが大きく変化し、明確にやりたいことを見つけたので充実して毎日を過ごせるようになりました。

退職|転職のときに行われる面接というのは、小企業であれば…

再就職のための面接では、規模の小さい企業クラスの場合大体は「人事」が面接担当になりますが、それ以外の場合もあるようです。実際に今後共に仕事をする作業部署の責任者、要は役職クラスである部長や課長が面接の場に居合わせる可能性もあるのです。その中でも事務系・営業系などの部署に転職する場合は、資格のみでは判断がしづらいですから、なんといっても自分という人物を売り込んでいくことが必要です。面接官の誰からも「この候補者はハッキリ自己主張できるし、それにやれそうな感じだな」と思わせ、覚えていてもらうことが大事です。

転職活動を現在の仕事と並行している人は少なくありません。

転職活動を現在の仕事と同時進行させる人が多いです。でも、仕事をしながら求人情報を見つけて、その応募手続きをしたり、面接に行くのは時間調整も含めてハードです。転職活動を行っている間は、現在の職場の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなければいけません。とりあえず応募するという方針の人もいますが、仮に、書類選考が通ってしまい、面接の段になって辞退すれば今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを通して応募している場合は、そのエージェントに対する印象に響きますし、そうではなく直接応募していたとしても、応募した企業から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。いずれにしても自分の大切な時間を無駄にすることとなるため、行くつもりのない企業は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は新卒の就活とは全く異なる、と認識しなければいけません。

転職先を選ぶのに、仕事におけるやりがいアップと共に年収のアップ・・

転職先を決めるにあたって、むろんやりがいのある仕事か考えることも大切だけどそれに加えて年収アップも大切なポイントになるので「年収サイト」に登録してあらかじめ研究しています。同一の会社でその上全く同一の職種、社歴なのに人によって非常に違いがある場合も多く、正直なところ面接の際質問したことがあります。面接をした方も同じサイトを見ていたみたいで「その高収入で書いているのは、書いた者について誰なのかそこそこは予測できるのですが、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方の年収だと思ってください」とのことでした。

退職|近年では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得のほ・・

今の時代は株・不動産投資の不労所得で生活資金を得たり、個人経営 や起業といった形で生きる方法も人気です。そういった世の中の変化に伴い、「起業はキケンだ」といった見解も変わりつつあります。高度経済成長を遂げている最中には、株式投資・自営業よりも会社勤めの方が安定していてました。人が生きていくうえでもっとも正しい道としてまたそれが自然のことのように一般の人々に認知されてはいました。そういった社会全体が安定成長する時代は終わり、現代では「成熟期」という名が表現されています。近い将来では、機械化、自動化が進んで社会においては人手が不要となる時代が到来すると言われています。

新卒で入社した会社を退職し、思い切って転職を決意しました。

新卒採用で入った会社に別れを告げて、一歩踏み出して転職をしました。実際に行動する前は、しばらく転職できるか不安になりました。しかし、社会人となって数年してから仕事を辞めて、多数の人が転職をしていることを私自身が転職したことで学び、いつの間にか将来の不安がなくなりました。また1回転職をすれば、何か、体が軽くなり、「本当に自分のしたいこと」を探す手間が嬉しくなっていきました。なかには「仕事を途中で投げ出すようなことではダメだ」というような考えの方も、もちろんいますが、必ずしも正しいのかなと思いました。私の転職活動は間違ってなかった、と思っています。

退職|生まれて初めて失業保険を受けるケースでは、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える人…

生涯初の失業保険の給付を受けるときに、「期間内は自動的に受け取れる」と考える人が多数派ですが、それは誤りです。現実には、失業保険を受け続けるためには、職探しを続けている必要があり、その上に、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。1ヶ月周期でハローワーク職員と面談をして、真摯に就職活動をしていることを信じてもらえれば翌月、保険が下りる仕組みになっています。他方、就職活動をしていないと見なされたり、毎月の職員との面談に不参加なときは、強制的に給付の一時停止の措置を取られたり、酷い場合はその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそれを防ぐために注意が必要です。

3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わら…

ちょっと前に転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、わずかしかたっていないのに辞めてしまう人というのもけっこう多かったりします。何故かと思うと私の考えをいうと転職先の職場を見つけたものの、「想像していた仕事とかけ離れていた」「こんなはずが・・・」という原因で退職を決意するのだとか。このような、転職先選びでの失敗を繰り返さないために、やはり、事前の情報収集を欠かせません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場環境、通勤にかかる時間、などいろいろ事前にチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。