退職|転職活動時、「今までずっとこういう内容の仕事を長く続けまし…

退職|今やっている転職活動で「自分は今までずっとこのような種類・・

  • がんばっている転職活動時、「今まで、こういう種類の仕事をがんばりました」「仕事の中でこのような経験に磨きを掛けました」と過去の成功体験などをがっしりアピールする人はときどき見かけます。でも、応募し新しい環境下で「可能ならこういったことをしたい」「私が申したような業務内容なら貢献したい」と将来的なビジョンを話して自分自身をアピールしていくほうがはるかに効果的だったりします。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。

  • 転職サイトに登録すれば必ず、電話・メールで嫌になるぐらい連絡が入ります。

  • 転職サイト一旦登録すれば、電話やメールでの連絡が呆れるくらい来ます。これに対して初めて利用する人は大変驚くことが多いです。「転職エージェント」は、利用者の転職をサポートすることが仕事ですので、大変積極的な姿勢を見せます。中でも大手のエージェントは、転職を成就させると企業側からお金が支払われる仕組みであるといえるので、転職したい人の都合よりも企業側を優先させるケースが目立ちます。加えて、彼らは、成約数を増やしたいがために内定がでた瞬間に、入社を強くすすめてくることが多いです。防御策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、妥協した形の転職とならないように気をつけることが大事です。

  • クールビズで転職の面接を受けに行くときには、ジャケットはさすが…

  • クールビズ(軽装)の格好をして再就職の面接にチャレンジする際には、ジャケットはさすがに着込んでいく必要はないとはっきりとしています。ですが、ネクタイにおいては着用していったほうがイメージが悪くなりません。タイに関してもなくてもOKだと思っている会社も存在する可能性はなくはないです。ですが、ことネクタイだけはクールビズであろうと身だしなみとしてしなければならないと思っている会社がそこそこ存在するわけです。ですから、例えクールビズの恰好ではネクタイは必ず着用していった方がベストだということは知っておいてください。

  • もしあなたが再就職をする場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」に・・

  • 仮にあなたが転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」において都市部から地方へと移住したうえで転職してみたいと思っている人が、近年増えています。昔と違って求人情報サイトを使えば、郊外や地方での求人情報にも手軽にアクセスできるようになりました。ですが、地方での求人情報では、都市部のような選択肢は期待できないのが痛いところでもあります。といった問題があるので、転職サイトだけに頼り切ると機会損失が大きくなるので要注意。転職サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」のサイトなどもこまめにチェックしてみてください。そうした機関の就業サポートの有無も注意してみておきましょう。

  • 退職|転職活動の最中、気になった求人(もしくは業界)を見た・・

  • あなたが転職活動をされているのなら、良いと思う求人(あるいは職種)を見つけたときに忘れず「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネットで調べておくべきです。求人票・転職エージェントでは、まずその業界のマイナス点は、知ることは不可能です。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、インターネット検索を通じてすぐに本来の姿を理解できるでしょう。そうした現実を知らずに入社すると、のちにガッカリしてしまう可能性が高いです。そもそも求人が頻繁に出ている理由が「業務内容がキツく、人が定着してくれない」という場合が少なくないのです。気になった業種について、きちんと調べたうえで応募することを心がけましょう。

  • シフトの仕事についての話です。

  • これはシフトの仕事についての話なのですが、毎週、一定の曜日に働ける人を募集する求人を結構見ますが、もしも応募しようと考えているならシフトの提出方法や休み方について、面接の際にチェックしておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、私は過去に、出産のため休む人の代わりに正社員として入社したのですが、そこが「土日」固定のシフトだったのですが、新人の私以外、他の社員は現場にいませんでした。前にいた女性が「土日」にかならず出られる人だったので、私もそのように思われていたみたいです・・・。実際「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフトを変わってもらうときは、同じ部署の先輩たちに私の代わりに出勤してもらえるように、と自らお願いしなくてはいけませんでした。立場は同じなのに、土日を私だけに任せるなんて…。今思うと「おかしな職場だった」としか言いようがありません。

  • とある古物商の求人に応募し、書類審査を通過しました。2、3日し…

  • とある古物商のお店で、書類選考に受かりました。すぐに先方から、面接予定日を連絡してもらいました。ところが、面接日当日、指定場所に向かうと、なぜか相手が、面接準備を一切していないとわかりました。ようやく、所長らしい男性が面接に応じてくれましたが、始めから終わりまで、だらしない態度を見せられ、淡々と面接が終了しました。ですが、約束の日を過ぎても、採用結果は告げられず、しびれを切らし、自ら問い合わせてみると、「郵送で今日、送付しました」と返答されました。心待ちにしていたのですが、届くことはありませんでした。ふたたび、電話した結果、どういうことなのか、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、とそう言われてすぐ、電話が切られてしまいました。あまりの対応に呆れすぎて言葉も出ませんでしたが、率直に、採用されなくて良かったと感謝しています。

  • 転職エージェントと転職サイトを利用して、転職活動を行う人はかなりいるはずです。

  • 転職サイトおよび転職エージェントを使用して、転職活動を行うことは現在では常識といえるかもしれません。とはいっても、転職活動の成果をもっと高めたいなら、転職フェアを利用してみるのもありだと思います。転職フェアの長所としては、多くの企業が一堂に会するので、参加した際は複数の企業に関する情報に触れることができ、同時に、その場で説明してくれるスタッフから、その企業がどんな雰囲気なのかある程度わかります。転職フェアに行くときには、1次面接を受けるつもりで自身をしっかりアピールしていきましょう。運よくフェアの期間中に企業から気に入られれば、その後応募して採用面接時にとても有利となるはずです。

  • 求人サイトをチェックする時、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほど・・

  • 求人に関する情報をチェックする折、例えば、事務系の仕事が希望だからと、はなから製造業の項目を読み飛ばしていたりするものですが、そんなことをする人は「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と間違って解釈しているケースもあります。現に、製造業の求人であったとしても、経理、総務、人事などの人材募集をはじめ、資材、購買、営業管理のような「事務系」に類する仕事がたくさんあります。ですが、製造業の仕事場自体、オフィス街にはないのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその点がマイナスに映る人もいるかもしれません。そうした事には自らのこだわりを捨てることによって素敵な出会いがあったり、良い仕事が得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。

  • 退職|転職に先立ち今働いている会社を辞める時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりませんが・・

  • 転職に先立ち現在勤務している会社を退社する時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、仮に自分から退職願を提出して退社する、いわゆる自己都合退職においては失業保険が即座にはでません。手続きをしてから、失業したことを認められてから3か月待たないともらえないのです。であるため、会社を辞めた翌日から3か月経過すれば給付されると思い込んでいる人がいますが、実際にこの間違いを犯した人が、その結果ハローワークの担当者と喧嘩をしているのを見たことがあります。念のために付け加えておくと、労働者側の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇のときは、失業認定されてから即座に失業保険をもらえます。

  • 転職の面接でいるスーツの色合いに関しては、新卒の就職活・・

  • 転職の面接で必要なスーツのカラーについては、新卒の就活の際にに身に付けている色合いが基本となっています。具体的に言うと、紺や黒のような暗い色になるわけです。それが、再就職の場面においても、着用するスーツの色はこういうダーク色が多数を占めていて、他の色のビジネススーツの人はあまり見ることはありません。強いて言えば、ごくたまにグレー系の人がいるくらいです。全体から見ても紺系や黒系がほとんどを占めているのです。ですから、面接を行う人事側からしても多数を占めるカラーを着用している人の方が違和感なく感じます。ですから、身だしなみ、という点においてはそういった色を着用する方が良いわけです。

  • 退職|転職の面接での身なりは会社側からクールビズでも大丈夫ですよ…

  • 転職の時にする面接での身なりはクールビズ可とと記載されている場合もあるようです。ですが、なかには、クールビズで面接を受けるのは実際は悪い印象を与えるのでは?と懸念する人もいます。クールビズの悩みを心に持っている人に言いたいのが、企業側からクールビズでも良いとされているのなら、言われた内容を守った方が確かです。迷って、猛暑の中きちっとしたスーツの格好をしていくと不自然に感じられます。ですから、会社側からクールビズで良いと事前に聞かされたのならクールビズの格好をおすすめします。

  • 退職|転職の採用面接に転職したい会社へ訪ねました。

  • 転職のための採用面接を受けにある会社に伺ったときのことです。偶然会社の部屋が空いておらず外のとある場所で会社の人と待ち合わせて採用面接をし、その場で解散、面接を行った方もそのまま直接自宅に向かうとのことでしたが、なんと下車する駅が私と一緒だったのです。ですから電車の中においても面接を行った人とずっと世間話をしながらいっしょに帰ることとなり、おかけで緊張が解け面接しているよりもお話が弾んで、それが功を奏したからなのか最終的に採用を掴み取ることができました。

  • 退職|このように昨今の雇用事情の変化に際して、若者たちは鋭く感じ取って・・

  • このようにここ最近の会社や企業の労働背景の慌ただしい変化において、社会人の中で若者たちほど関心度が高いといわれています。大方、自らの将来を見据えた動きなのでしょう。こういった理由から働き手といった人たちの労働市場の「流動化」が顕著になっているため、加えて、今後、益々世代に関わらず転職についての関心が増えると考えられます。労働市場の「流動化」が背景にあることで、労働者の転職はあなたにとって身近なものとなっていくでしょう。「終身雇用制度」が存在したかつては、転職者は、それだけでややネガティブに捉えられる傾向が強く、事実、転職が難しい時代でもあったようです。しかしながら、社会が変化し今の会社に執着する必要は薄れてきています。

  • 退職|失業者に給付される失業保険は、失業していることがもらうための必要条件です・・

  • 失業した人がもらえる失業保険は、失業していることがもらうための必要条件ですが、給付期間が決まっています。離職時までに勤務していた期間によって変わり、90日だったり120日だったりするのですが、このような事実を理解していない人が少なくありません。永久にもらえるものと勘違いして仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて仕事を探さない人もいますが、給付期間終了の1か月前になってようやく制度の真実に気づき急に仕事を探しても好条件の仕事を見つけるのは難しいです。転職先の面接官もバカではないので、失業中にきちんと求職活動をしていたかといった部分はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。場合によっては、面接官から失業中の行動を根掘り葉掘り聞かれることもあります。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、まず受からないでしょう。

  • 先日転職先を探すために人材紹介会社に登録に足を運びました。

  • 先日転職先を見つけるために人材紹介会社へと登録に足を運びました。そのとき登録するときのカウンセリングを行いに出てきた担当の方がどうも入社してから間もない新入社員で、私の説明の3割もその社員はわかってはいない感じです!それなのに「キャリアデザインを考え直す必要があります」とか「自分の強みについて知っておくことが必要です」とか、わかったふうに横柄に話すからとても嫌な気分になりました。カウンセリングをする人はそこそこ能力のある社員に、してほしいと思います。