退職|20代で転職を2回した為、現在はいくつか資格を取得するため・・

退職|私は20代までに転職2回で、そして現在、資格を手に入れたいの…

  • 20代に転職を2度行い、現在、資格を手に入れたいので「派遣社員」を選択しています。フルタイムでの勤務ではないため、どうしても給料は安いのですが、しかしその分、以前より心と時間に大きな余裕が生まれました。たまに、学生時代にいくつか資格を取得し、仕事できたらムダがなかったのにな、とは思います。やはり、しっかりと資格を活かしている人と話すととても羨ましいと感じてしまいます。これまでの私は、自分に自信がなく、他人と比べてしまい、肩を落とすこともありました。今は結婚をキッカケに生活自体が大きく変化し、明確な進路ができて充実して毎日を過ごせるようになりました。
  • 退職|転職時の面接では、小企業クラスの場合概ね「人事」が面接官ですが・・

  • 再就職の際の面接は、中堅企業クラスの場合、ほとんど、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、別の場合もあるようです。実際に今後仕事を一緒にしていく現場の一番偉い人、つまり管理職である部長や課長が面接担当になる可能性もあります。特に、事務系・営業系などのジャンルでは、資格での人の良し悪しを判断しづらいですから、しっかり自分をアピールしていくことが必要です。面接担当から「この人は、きちんと自己主張できるし、それに良い戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を印象付けることが大事になります。
  • 退職|転職活動を現職と同時に行う人が多いです。

  • 転職活動を現在の仕事と並行している人が多いです。働きながら求人案件を見たり、応募の手続きをしたり、面接に挑む、というのはきついものがありますよね。現在の会社の同僚や上司にバレないように振る舞う必要があります。深く考えずに応募する、という人がいますが、書類選考をパスし、面接に呼ばれてから辞退すると面倒な事になるかもしれません。転職エージェントを間に入れて応募していた場合は、そのエージェントからの心象が悪くなりますし、他方自分で直接、応募したとしても応募した会社から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。どちらにせよ自分の大切な時間をドブに捨てることになりかねないので、行くつもりがない企業は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると理解しておくべきです。
  • 転職を行うにあたって、仕事におけるやりがいアップも大切だ・・

  • 転職先を決めるとき、仕事のやりがいのアップと共にそれにとどまらず収入が上がることも大事なポイントなので「年収比較サイト」というところに登録して事前に研究をしています。全く同じ会社でしかも同じ職種、社歴であるのにすごく人によって違いがあることも数多くあり、正直なところ面接時に質問したことがあります。面接をした人も同じサイトを見ていたみたいで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた人物も誰だかそこそこは察しがついてるのですが、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方だと覚悟しておいてください」とのことでした。
  • 今の時代は株・不動産投資などといった不労所得、また…

  • 昨今では、株・不動産投資をはじめとした不労所得で収入を得たり、起業といった生き方も増えています。そういった世の中の変化に伴い、「自営業は不安定であぶない」といった今までの常識も変わりつつあります。高度経済成長時代に関しては、どう転ぶかわからない株式投資や、個人事業で生きるよりも雇用されて働いているほうが将来が安定していました。そのため人生の正しい進路として、またそれが至極当然のことのように、一般の人々に認識されていた。そのような時代は終わり、今現在は「成熟期」と表現されています。コンピューターの進化とともに、近い将来では、自動化・機械化がさらに進み仕事でも人がいらなくなっていく社会です。
  • 退職|新卒で入社した会社を退職し、悩んだ結果、転職しました。

  • 新卒で入社した会社を離れ、一歩踏み出して転職することにしました。実際に転職する前は、しばらく不安な日々もありました。しかし、新卒で入った会社を数年で退職し、多くの人が転職を経験していることを転職活動を通して気付き、いつの間にか以前よりも安心することが出来ました。1度、転職を経験したことによってなんだか精神的に楽になり、「自分のやりたいこと」が再確認できて楽しくなりました。やはり「辞めずに続けることが普通」というような転職する行為を咎める意見もありますが、それが必ず正しいのかなと思いました。私は転職を決断してよかったと心の底から思っています。
  • 生涯初の失業保険を受ける場合、何もしなくても給付されると考えている・・

  • 生まれて初めて失業保険をもらうケースでは、何もしなくても給付されると考えている人がかなり多いですが、それは誤解です。実際は、失業保険を希望通りに受け取り続けるためには、求職活動を行っている必要があり、その上で、月に一度はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月ごとにハローワークの職員と話し合いをして、真面目に仕事を探していることをわかってもらえれば次の月の給付が振り込まれるという仕組みです。その真逆に、真剣に就職活動をしていないという心証を与えたり、毎月の職員との面談を拒否している場合は、有無を言わさずに給付を一時的に止められたり、以降の給与資格をなくしかねないので、それを防ぐために気をつけてください。
  • 2,3ヶ月まえに、転職したばかりであるにも関わら…

  • 少し前に転職したというのに、早期に辞めてしまう人というのもけっこうよく見受けられます。私の考えでは気持ちも新たに、職場を手に入れたはずなのに「考えていた職場とおかしいと思うほどギャップがあって幻滅した」「こんなはずが・・・」ということが原因で退職を決意することが多いといいます。可能ならばこのような、転職に関しての失敗を繰り返さないためには、まずは転職先の情報収集を欠かせません。徹底して行うべきなのです。職場環境、昇給システム、などいろいろ事前にチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。
  • 年内中に転職活動を考えている人で、次までの仕事にある程度期間がある方…

  • これから転職活動を始める際に次の仕事をする前にまだ期間があるのなら、必ず「失業手当」をもらっておきましょう。この手当てはあなたが勤めている所属する会社が「雇用保険」を払ってくれている場合は、必ず誰でも失業手当を受け取ることができます。受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。もしも自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、現在の会社都合の退職だったり、残業時間次第で日数をおかずすぐに受け取れる可能性もあります。なお、支給される「失業手当」の金額については、会社の仕事を辞めた月の直近の給料を軸に失業手当の支給する額を計算するのでもし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。
  • 退職|あたらしい職場で過去の実力を活かせられれば、即戦力と見られ・・

  • 新たな職場にてそれまでに身に付けたスキル・キャリア生かせたら、即戦力として一目置かれ即、仕事場にも馴染めるはずです。それはつまり雇用先も即戦力は常に必要なので、タイミングさえ合致すれば、難なく採用されるでしょう。しかも、これまでの仕事と同じような職種なら転職自体は簡単にいくはずです。とはいえ、即戦力となる能力があったとしても一流企業の事務系の仕事や、公務員(国家・地方ともに)の募集については、時代に関係なく、かなりの難関を突破する必要があります。
  • 転職活動する場合、履歴書と職務経歴書が必須だと考えられています。

  • 転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠になってきます。大部分の会社は履歴書だけでなく職務経歴書に書かれている内容によって面接するかどうかを判断するため、とにかくこの2枚の書類の作成が大事です。ただ必要事項を埋めるだけなく、内容を充実させることが大事です。職務経歴書には、自分の職務の詳細な内容、できる限り自分のできること書き綴ります。また、現在の職務で挙げた実績を、たとえば残業を何時間減らして売上は何%増やした、などかなり具体的に書いていきます。初めてで難しい場合は「転職エージェント」に職務経歴書を見てもらい、うまい言い回しのヒントを得てみましょう。自分にプラスになるように転職エージェントを利用してみるのもよい転職をするための有効な方法です。
  • 「就職エージェント」大手の場合、多数の案件を持ってい・・

  • 大規模な転職エージェントは、たくさんの案件を持っているといえますが、一方、転職希望登録者も多くいる可能性が高いです。それゆえにあなたが、気になる企業を見つけても、あなたの担当者が難しいと判断すれば応募してくれないことも少なくありませんし、企業から見て自分よりも有能なライバルがいると、その人を優先したりもするのです。大規模な転職エージェントの運営元は、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱い意外と駄目で、規模が大きくないエージェントに対し、希望する企業や案件について相談し、応募できませんか?と話しをすると自分の利益を考えて働いてくれることもあるので、そのような風に活用してみるのも良いかもしれません。
  • 退職|『今すぐ転職をしたい』とおもっている方、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら…

  • 『転職したい!』と思っていて、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞職したいという旨を即、上司に伝えておきましょう。しかし、相談という形で話せば状況によって必ず言いくるめられます。実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、スンナリと受理されずに退職するまでに半年くらい掛かりました。はじめに、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、実際ではなぜか退職出来たのはこの年の11月です。本当は、仕事が一段落した年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、スムーズにはいきませんでした。やっぱり会社としても人事的な都合もあるとは思いますが、社員のを要望を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、ほとほと前の職場に対して信頼はなくなりました。
  • 退職|派遣で働いています。インターネットサイトの中で自分に向いていそうな仕事を…

  • このところ私は派遣会社で働いています。サイト上でなんとなく興味を引かれる仕事を見つけ出し確認してみると「残念ながらその仕事は、別の方に決まりました」と断られ瞬間的にウェブサイトの中から仕事の情報がなくなるのですが、どういうわけか翌日にそのページを見ると再びその求人募集が掲載されています。これは結局私だとよくないのだという意味ですよね。そういうことならばトラブルにならない程度に正直に伝えてくれるといいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。それともまたひょっとして架空の仕事を載せているのでしょうか?
  • 現在の職場・業務内容についてほとんどの人は不満を感じていると思います。

  • 現在の自身の職場や業務の中身について多くの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自身の持っている資格やスキルを正確に評価してくれない」さらに、「賃金は上がらないし、昇進する可能性も見いだせない」といった内容が多いように見受けられます。ですが、気持ちは分かりますが、そういった不満を持った人のなかには本人が自分自身の持っている力量を実際よりも「過大評価」していることが多かったりします。仮に、そういった人が転職活動をした場合、「この企業や職種では、自分を活かせない」と転職活動がうまくいかないおそれがあります。可能性も少なくありません。転職をスムーズに行うためには、「本来の自分の能力」を把握することが大切です。
  • この話は兄の話です。始めに在学中の就職活動で入社第一志望であ…

  • こうした話は知人の話です。新卒でどうしても就職したかった憧れのA社の入社試験で、最終面接までいきながら不採用となり、後に仕方なく別の会社に就労しました。約1年半経過した頃に派遣求人サイトを見ていてたまたまA社の紹介予定派遣の仕事を見つけ、じっとしていられなくなってその時の会社を即座に退職し、A社で派遣の仕事を始めて、思い切った行動ですね。一生懸命頑張ってその後問題なくA社で正社員として採用されて、現在においては仕事のやりがいを感じつつ楽しく働いています。