退職|20代のうちに転職を2回経験し、いまは資格の勉強をしなが…

これまで20代前半に転職を数回経験して、今現在は複数の資格をとるために・・

20代前半に転職を2度経験して、そして今、資格を取るべく「派遣社員」で働くことにしました。フルタイム勤務ではないので給料が以前よりも少なくなりました。ですがその分、以前より心と時間に大きな余裕が生まれました。学生時代に取った資格を生かして就職すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。資格を活かしている人を見るととても羨ましいと見えたりもします。これまでは、今の自分と他人をどうしても比べてしまい、ガックリしていましたが、現在は結婚してから、私の生活環境が大きく変わり、以前よりも将来の目標も決まり、私も新たな目標に向かっています。

再就職の際に行われる面接というのは、規模の小さい企業だった…

再就職時の面接では、中小企業であれば、その社内の「人事」担当が面接官ですが、それ以外にも具体的には、今後仕事を一緒にしていく現場の担当者、というような課長や部長クラスが面接する可能性も考えられます。とりわけ、営業や事務などのカテゴリでは、資格を通じた具体的なイメージはありませんので、結局のところ自分という人物をアピールすることが大事です。面接担当の人たちに「この候補者はしっかり自己主張するし、それにやれそうな感じだな」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことが大切です。

転職活動を現職と同時に行う人が多いです。

転職活動を現職と同時進行させる人は少なくありません。ですが、忙しく仕事を続けながら求人情報を探し応募したり、面接に行くのは精神的にも肉体的にも大変です。また、転職活動時は、今の職場の同僚や上司に気づかれないように気を遣わなければいけません。応募するだけしてみよう、という人がいますが、そのまま書類選考が通り、面接の段になって辞退すると今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを介していた場合は、そのエージェントからの信用を失いますし、それとは異なり自分でダイレクトに応募したとしても、応募した会社から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。自分の大切な時間を浪費することとなるため、行くつもりのない会社は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と理解しておく必要があります。

転職先を考えるにあたって、もちろん仕事のやりがいアップも重要だけ・・

転職なら、もちろん仕事のやりがいのアップと一緒にそれだけでなく賃金が上がることも大きなポイントになるので「年収サイト」というサイトに登録して事前に調べています。一緒の会社でその上全く同一の職種、社歴であるのに人によって大きく幅がある場合も多くあり、正直なところ面接の時質問をしたことがあります。面接をした方も同じサイトをよく見ていたようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた人間も誰だろうとだいたいは察しがついてるのですが、多分見栄をはってるんですよ。低い方だと考えておいてください」とのことでした。

今のご時世では、株式・不動産投資などといった不労所得で収入を得た…

この頃では、株式・不動産投資などの不労所得で生計を立てたり、個人経営 といった生き方も社会的に人気を集めています。そういった社会的背景もあり、「起業はキケンだ」といった今までの常識も変わりつつあります。高度経済成長期の際には先行きがみえない株式投資や、自営業で生きるよりも雇われているほうが賢明でした。人生の正しい進路として、またそれが至極当然のことのように、一般の人々に広まっていました。しかし、そんな成長期は終わり、現代は「成熟期」などと呼ばれます。コンピューターの進化とともに、今後は、自動化・機械化がさらに進み仕事においても人が不要な社会になる、といいます。

新卒採用で入った会社にお別れをして、一歩踏み出して転職すると決めました。

新卒採用で入社した会社を退職し悩んだ結果、転職すると決意しました。はじめはしばらく悩んでしまいました。しかし、社会人となって数年してから仕事を辞めて、中途採用として働いている人が大半であると転職活動をしていく中で気づき、いつの間にか悩みは消えていきました。転職をするとなにか肩の荷が下りるような気分になり、「自分のやりたいこと」を探すのが喜びになっていきました。いまだ「仕事を途中で投げ出すようなことではダメだ」といった転職に否定的な考えがあるのは理解していますが、それが必ず正しいのかなと感じました。私は転職してみるも大事だと思っています。

退職|生涯初の失業保険をもらうときに、何もしなくても給付されると考えている人…

生涯初の失業保険の給付を受けるケースでは、給付されるのを待っているだけでいいと思っている人がかなりいますが、それは誤りです。本当は、受け続けるためには、条件として求職活動を行っていることが必要で、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。1ヶ月周期でスタッフに求職活動の状況を報告して職探しに真剣に取り組んでいることを理解してもらえれば次の月の給付が行われるという仕組みです。仮に、本気で就職活動に取り組んでいないと判断されたり、月に一度の職員との面談を欠席したときは、当然問答無用で給付をストップされたり、場合によっては以降の給付資格を失うことになるのでそうならないために気をつけてください。

3ヶ月まえに、転職したばかりというのに、わずかしかたっていないのに…

ほんの2ヶ月まえに、転職したというのに、何ヶ月もたっていないのに辞めてしまうケースが意外と多いものです。何故そうなるのかと思うとたぶん職場を見つけたものの、「自分の考えていたものとギャップがあって幻滅した」「会社のルールにどうしても慣れなかった」というワケで去っていくみたいです。できればこういった、転職先選びでしないためには、第一に、転職先の情報収集を徹底するほかありません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、通勤時間、など多角的に前もって調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

今から転職活動をする人のなかで、次までの仕事にまだ期間がある方は…

今から転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合は、できれば「失業手当」をもらっておいた方がお得です。これはあなたが勤めている会社で社員に「雇用保険」を支払っていた場合は、申請をすれば失業手当を誰でも受け取ることができます。また、受け取り手続きについては「ハローワーク」にて行います。もしも自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、企業の都合の退職だったり、残業時間次第で即、受け取ることが出来たりもします。このときの、もらえる「失業手当」の金額は、会社で最後の勤務月の給料がもとになって手当の額を計算するので現在の会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、理想的なのは「繁忙期」後に辞めるのが無難です。

新しく就いた職場でそれまでに培われてきた実力をフル活用できれば…

新たな職場にて今までの資格やキャリアを最大限に活用できれば、即戦力と見られて早々に仕事場にも馴染めるようになるでしょう。いい人を求人している雇用先も即戦力となる人材は常に欲しがるので、雇用側が判断しても即戦力となる転職は円滑に事が進むでしょう。更に以前の仕事内容と似た業種であれば見込みは十分にあります。けれども、なかなかの能力があるといっても大手の事務系の仕事や、公務員(国家・地方ともに)は時代背景に左右されることなく中々の競争率となることを覚悟しておきましょう。

退職|転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書を用意することが必須といえるでしょう。

転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠だと考えられています。多数の企業は履歴書及び職務経歴書に書かれている内容を考慮して面接するかどうかを決めるため、まずはこの2枚をきちんと作成してください。単に文字を書くだけにとどまらず、内容を魅力的なものにすることが必要です。「職務経歴書」は、これまで経験してきた職務の詳細に加え、できる限り、アピールできる内容を記載します。さらに、現職の社内で挙げた実績を、例をあげれば残業時間を何時間減らしました、などわかりやすく記しましょう。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、「転職エージェント」に職務経歴書を見てもらい、文章をチェックしてもらったりして自分のブランディングのためにうまく活用することも転職を成就するための有効な方法です。

大きな転職エージェントに限って、多種多様な案件を抱えてい・・

大手転職エージェントは様々な案件を持っているという強みがあるといえますが、その反面、転職を希望する競合者も大勢いる可能性が高いです。それがためにあなたが、応募したい会社を見つけても、あなたの担当者が「転職するのがむずかしい」と判断すると応募してくれないことも少なくありませんし、会社から見て自分より高く評価される人がいると、その人を優先して売り込もうとするのです。大規模なエージェントの運営元は、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱い応募しがたいので、策略を変えて中小規模のエージェントに候補としてる会社や案件を伝えてみて、応募できませんか?と尋ねてみると自分のために働いてくれることもあるので、そういった感じで利用してみるのも一つの手だと思います。

『今すぐ転職をしたい!』と考えていて、その意志が本当に強いものであるなら・・

『なるべく早く転職をしたい』とおもっている方、自身の意志が本当に強いものであるなら、辞職したいということを速やかに上司に伝えましょう。なぜならばこのときに相談という形を取ると、もしかすると言いくるめられます。実際に私もそういった経験があり、ズルズルと長引き結果的に、退職までに半年ちかく掛かりました。辞めたい旨を当初、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、結果的には数ヶ月延びて辞められたのはその年の11月です。本来、年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、希望通りにはいきませんでした。会社も、人事的な都合があるのかもしれませんが、スタッフの要望を聞かないまま、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたので心底信頼はなくなりました。

退職|派遣の会社に入っています。サイトでふとよさそうな仕事・・

派遣で働いています。サイトを見ていて気の向くままに自分に合っていそうな仕事を探して問い合わせたところ「そのお仕事はすでに他の方が採用されました」とお断りされてしまい瞬間的にウェブサイト内から仕事情報がなくなるのですが、その次の日になると元通りに掲載されています。これは要するに私ではよくないのだって意味ですよね。そうであるならば最初から変に隠さないくらいではっきりと教えてほしいのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。あるいはまたもしかすると存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?

現在の職場や業務に対する少なからず何かしらの不満があるはずです。

今現在の職場や業務内容について何かしらの不満があるはずです。「自身の持っているスキル・能力が正当に評価してくれない」そのため、「月給は変わらないし、昇格も出来ない」といった不満を挙げる人がほとんどだと思います。とはいえ、そんな人の中には、自らの手腕を実際よりも過大評価してないか、再確認する必要があります。万が一、自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、自分に合った求人がないと、転職活動がうまくいかない可能性が高くなってしまいます。という事態に陥りがちです。なので転職活動で成果を上げるためには、実際の自身の能力を客観的に見つめることが大切です。

兄の話です。就職活動を始めて新卒時の就職でなにがなんでも入社したか・・

知人の話です。就職活動を始めて在学中の就職活動でなにがなんでも勤務したかった憧れの対象であるA社で行われた入社試験で、最後の役員面接までいきながら採用されず、それから後泣く泣く別の会社に就職しました。それから2年経た頃に派遣の求人のサイトの中で偶然にもA社の紹介予定派遣の仕事を見つけ、いてもたってもいられず当時働いていた会社をすぐ辞め、A社での派遣就業を開始、思い切った行動ですね。必死に頑張ってその後なんとかA社で正社員として働くことができ、現在は仕事に誇りを持ちつつ明るく仕事をしています。