退職|20代前半に転職を2度経験して、現在、複数の資格をとるため…

退職|20代前半で転職を2回した為、そして現在、資格の勉強をしながら…

  • 私は20代までに転職2回で、現在、資格を取るべく派遣社員として働いています。フルタイム勤務でないため、手取りが以前よりも少なくなりました。しかし、心と時間的な余裕ができました。思い返すと、もっと学生のときに資格を取得し、就職できれば良かったのに、とは思います。身近にそういった人を見てしまうと私もああなりたかったと感じてしまいます。前までは、自分と他人をどうしても比べてしまい、落ち込むこともありました。今は結婚を契機に随分と生活そのものが大きく変化し、以前よりも明確な進路ができて毎日が充実しています。

    転職の際に必ず受けることになる面接では、零細企業であれば…

  • 転職の際の採用面接では、小規模業者であれば概ねそこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、100%ではありません。実際にともに仕事をしていく現場の責任者、わかりやすく言うと管理職クラスである部長や課長が担当することもあります。とりわけ、営業や事務などの部署に転職する場合は、資格などという具体的なイメージはありませんので、自信を持ち自分自身をアピールしていくことがとても必要であり大事なことです。面接担当の人たちに「この男はハッキリ自己主張できるし、良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことがとても大事です。

    転職活動を今の仕事と同時に行っている人が多いです。

  • 転職活動を現在の仕事と同時に行っている人が多いです。仕事をしながら求人情報を見て、応募の手続きをしたり、面接に行くのは時間調整も含めて負担がかかるといえます。転職活動をしているあいだ、今の職場の同僚や上司にもバレないようにやり過ごさなければいけません。とりあえず応募する、という行動をとる人もいますが、もしも、書類選考をクリアし、面接の連絡が来た後で事態すれば今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを介して応募していた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、それとは異なり直接応募していた場合も相手企業から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。いずれにしても自分の大切な時間を浪費することとなるため、行くつもりのない会社は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを覚えておきましょう。

    転職先を決めるとき、むろん仕事におけるやりがいのアップと一…

  • 転職をするにあたって、当然やりがいを考慮することも大切だけどそれだけでなく給料が上がることも大事なことなので「年収比較サイト」に登録していろいろと研究をしています。全く同一の会社でしかも全く一緒の職種、社歴であるのに人によって非常に違いがあることも多くあり、正直に言うと面接の時質問をしたことがあります。面接官も一緒のサイトをチェックしていたようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた方も誰かある程度は予想がついてるんですけどね、多分良いように見せようとしてるんですよ。低い方の収入だと思ってください」とのことでした。

    近頃、株式・不動産投資などの不労所得、もしくは個人事業や起業を目指す人も増えています。

  • 昨今では、株式・不動産投資などの不労所得、もしくは個人経営 、起業等、あながち「会社員以外の道はキケンだ」といった考えも変わりつつあります。高度経済成長を遂げている際には、先の見えない自営業といった稼ぎ方よりも組織の一員として働くほうが賢明でした。人生の正しい進路として、一般の人々に認識されてはいました。しかし、そういった社会全体が安定成長する時代は終わり、いまの社会は「成熟期」という風にもいわれます。近い将来ではコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、仕事で人が要らなくなる社会になっていく、とも言われます。

    新卒で入社した会社を辞めて、転職すると決意しました。

  • 新卒採用で入った会社にさよならをして転職することになりました。実際に転職する前後は、長い間悩みました。しかし、新卒で入った会社を数年で退職し、多くの人が中途採用で働いていることを自らの転職活動で理解し、いつの間にか不安な気持ちが無くなりました。1度、転職をするとなんというか、気持ちが前向きになっていき、「自分の好きなこと」を探すのことが日々が明るくなりました。いまだ「仕事をコロコロ変えるなんてとんでもない」といったような意見もありますが、それが正しいのかなと感じました。私は転職を決断して良かったと思います。

    退職|過去に失業保険を受けた経験のない人は、何もしなくても給付されると考えている人が…

  • 生涯初の失業保険をもらう際に、じっとしていれば給付されると思っている人がとても多いですが、それは誤りです。実際は、失業保険を受け続けるためには、仕事探しを行っていなければならず、加えて、毎月一回はハローワークに通う必要がある。月ごとにスタッフに求職活動の状況をきちんと説明して本気で仕事を探していると判断されれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。一方、きちんと就職活動に取り組んでいないと判断されたり、月に一度のスタッフとの面談に不参加な場合は、強制的に給付の一時停止に至ったり、場合によっては以降の給与資格をなくしかねないので、そうならないよう注意してください。

    退職|数ヶ月ほどまえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わら…

  • この前、転職したばかりであるにもかかわらず、少ししか仕事もしてないのに辞めてしまう決意してしまう人が意外にも少なくないのです。何故かと思うと心機一転、素晴らしい仕事に飛び込んだものの、「自分自身の想像していた職場と堪えられほどかけ離れていた」「独自のルールにどうしても慣れなかった」ということが原因で退職を決意することが多いようです。こういった転職における失敗をしないためには、まずは事前の情報集めをまじめにやっておかなくてはなりません。職場内の環境、職場内のルール、通勤に掛かる時間、など多角的に事前にチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

    転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそう・・

  • 年内中に転職される人で次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合は、可能ならば「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。失業手当はあなたが勤めている会社がしっかり雇用保険を払っているところであれば、手続きをすれば必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。また、ハローワークで手続きをしてくれます。もしも自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、勤めている会社都合の退職、残業時間の内容次第でただちに貰える可能性もあります。支給される「失業手当」の金額については、会社で最後の勤務月の直近の給料を基準に失業手当の金額を計算されるため、もし、「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

    退職|新しい職場で、これまでに培ってきた資格やキャリアを最大限に活用できれば、…

  • あたらしい職場でそれまでの資格やキャリアを発揮できれば、即戦力として評価されて、早々に職場での信頼を勝ち得ることができるはずです。人を募集している会社サイドも、そのような人材は常に必要なので、時期さえ合致すれば、難なく事が運ぶでしょう。しかも、かつての業務内容と似た環境の職種なら見通しは十分にあります。でも、そこそこ能力があるといっても大手企業の事務職、公務員(国家・地方ともに)などは、時代背景に左右されることなく相当な競争率となるのは違いないでしょう。

    転職活動の際には履歴書と職務経歴書が大切です。

  • 転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書が必要不可欠といえます。会社の大半は履歴書や職務経歴書に記載されている内容によって面接するかどうかを判断するため、ともかくこの2枚の書類が大切なポイントです。ただ文字を書くだけでなく、内容を魅力的なものにすることが必要です。職務経歴書は、過去に行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書き綴ります。さらに、現在の仕事で挙げた実績を、売上をこれまでの○パーセントアップ達成した、などわかりやすく書くのが得策です。作成が難しいと思ったときは、転職エージェントを活用したり、うまい言い回しのヒントを得てみましょう。自分の価値が高まるように、転職エージェントを利用することも転職を成功させるための有効な方法です。

    退職|「就職エージェント」の大手ほど、潤沢な案件を取り扱って…

  • 大きな転職エージェントに限って、潤沢な案件を持っているというメリットがありますが、他方、転職を希望する競合者もたくさんいる可能性が高いです。あなたが気になる企業を見つけたとしても、そのエージェント担当者が「可能性が薄い」と判断すれば応募してもらえないこともかなりありますし、企業から見てあなたよりも評価の高い人がいれば、そのライバルを優先して売り込もうとするのです。つまり大規模な転職エージェントは、サイト未掲載の案件をデータ宝庫として扱っておりけっこう難しいので、方針を変更して中小クラスのエージェントに対し、気になる会社や案件を伝えておき、応募できないか、と尋ねておくと自分のためにアプローチしてくれることもあるので、そのような活用も一つの手でしょう。

    退職|『今すぐ転職したい!』と思っていて、自分の意志が本当に強いものであるなら・・

  • 『転職したい!』と思っている人で自分の意志が固いならば退職したいという旨を速やかに上司に伝えるべきです。しかし、このときに相談という形を取ると、上司に言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。そして、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、ズルズルと長引き結果的に、退職するまでに半年くらい掛かりました。辞職したいことをはじめて直属の上司に話した時は年度末、いろいろあって数ヶ月働くことになり、退職が認められたのは同年の11月です。本音は区切りの良い年度末を契機にやめようとおもったのに、スムーズに退職できませんでした。やっぱり会社としても人事的な都合もあるとは思いますが、スタッフの意見を聞かずに、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、心底信頼はなくなりました。

    退職|今、私は派遣の会社に入っています。

  • 派遣の会社に登録をしています。ウェブサイト内で何の気なしに自分にぴったりの仕事を発見し尋ねてみると「そのお仕事はすでに別の人の採用が内定しています」という答えられ一瞬サイト内からも仕事の情報を閲覧できなくなるのですが、その翌日に閲覧するとまた載っています。これは結局私ではダメだっていうことですよね。それなら最初からカドが立たない程度に正直に伝えてくれれば助かるのですが、なかなかそうもいかないでしょうか。それともまたもしかして偽の仕事なのでしょうか?

    退職|今の自らの職場・仕事内容について多くの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

  • 今の自分の勤め先や仕事内容に対して、大半の人は、少なからず何かしらの不満を感じているでしょう。「自身の持っているスキル・能力が適正に評価してもらえない」さらには、「給料アップもないし、将来的なレベルアップもまったく期待できない」といった不満を挙げる人が多くいます。でも、そんな風に思っている人の場合、自らの本来の能力を過剰評価していることもあるのです。仮に、過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分を生かせる企業や職種がない」と休職期間が伸びる可能性が高くなってしまいます。可能性も少なくありません。なので転職に当たっては自身のスキルや能力を厳しい目で客観的に評価してみてください。

    退職|こういう転職というのは知人からの話です。

  • こういう転職というのは従兄からの話です。新卒でなにがなんでも働きたかった憧れのA社の入社試験で、最後の役員面接までいきながら採用されず、その後嫌々ながら別の会社に就労しました。その後数年経った頃に派遣の求人サイトで奇遇にもA社の紹介予定派遣の求人を発見し、どうにかしたくなってその時働いていた会社をすぐ辞め、A社に派遣という形で就労しました。やったな、と思った行動です。必死に頑張ってそれから後なんとかA社で正社員として仕事をすることができ、今となっては仕事に誇りを持ちつついきいきと働いています。