退職|20代前半に転職を2度行い、現在は資格を取る目的で派遣社員として企業で働いています。

退職|20代のうちに転職を2回ほど経験して、そして今、資格取得のた…

20代前半までに転職2回で、今現在は資格取得のために派遣社員として企業で働いています。常勤の勤務とは違うのでどうしても毎月の収入は以前よりも少ないです。しかし、前よりも心と時間に大きな余裕が生まれ、満足しています。たまに、学生時代にもっと資格を取得し、仕事すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。資格を活かして働いている方と話すと羨ましいと見えてしまいます。昔の私は、それなりに成功している人と自分を比べ、ガッカリすることが多かったのですが、現在は結婚を契機にがらりと生活自体が大きく変わり、前よりもそのなかで将来の進む道も定まったので自ずと生活が充実するようになりました。

転職希望者が受ける面接では、小規模業者であれば概ねその社内の「人事」担当者が面接官になります…

再就職の際の面接は、中小企業であれば、大体が人事担当者ですが、別のケースもあるようです。具体的には、これから職場でかかわりの深くなる担当者、という具合に管理職である部長や課長が面接場にいあわせることも決して少なくありません。中でも事務職や営業職に再就職する場合は資格などという人の評価が難しいので自信をもって自分自身をアピールしていくことが重要になります。面接担当の人たちに「この男は、きちんと自己アピールできるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、記憶に残すことが大事です。

退職|転職活動を現職と並立して進行させる人は少なくありません。

転職活動を現職と同時進行させる人は少なくありません。でも、仕事を行いつつ求人案件を探し応募したり、面接に行くのは精神面も肉体面も大変です。転職活動中は、今の会社の同僚や上司にバレないように振る舞う必要があります。そういった状況で「とりあえず応募しておこう」と考える人がいるのですが、もしも、書類選考が通ってしまい、面接の段になって辞退すると今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを利用して応募していた場合は、そのエージェントからの信用を失いますし、それとは異なり自分で直接応募した場合も応募した企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。どちらにしても自分の大事な時間を浪費することになりかねないので、行く気がない案件は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを意識しておくと、賢い判断ができるはずです。

退職|転職先を選ぶにあたって、もちろんやりがいのある仕事か考えることも大切だ…

転職先を決めるとき、むろんやりがいを考慮することも重要だけどそれにとどまらず年収アップも大事なポイントになりますから「年収比較サイト」に登録して事前に調べています。全く一緒の会社で加えて全く一緒の職種、経歴なのに人によってとても違いがある場合も複数あって、正直に言えば面接の際質問したことがあります。面接をした方もそのサイトをよく見ていたみたいで「その高い年収で書いてるのは、書いた人物も誰かだいたい察しがつくのですが、多分見栄ををはっているのでしょう。低い方の給料で心の準備をしておいてください」とのことでした。

退職|この頃では、株式・不動産投資の不労所得で生活資金を得た・・

今では、株・不動産投資などといった不労所得で稼いだり、自営業・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そういった移り変わりもあり、「会社員以外の道はキケンだ」といった今までの常識も変わってきています。1960年代ごろの高度経済成長の頃には、将来的に不安定な自営業という生き方よりも組織の一員であるほうが堅実でした。人が生きていくうえで正しい進路として、またそれが自然のことのように広く一般の人々に浸透していました。そんな社会全体が等しく成長する時代は過ぎ去り、現代では「成熟期」という名がいうらしいです。将来的には、機械化、自動化が進んで仕事でも人を不要とする社会になっていく、と言われています。

退職|新卒採用で入った会社を辞めて、転職した経験があります。

新卒採用で入った会社を辞めて、転職すると決意しました。当初はとても悩み、不安な気持ちになりました。でも、社会に出て数年経てば転職をして中途採用の形式で働いている人が大半であると転職活動をしていく中で理解し、自然と漠然とした不安が無くなりました。1回転職したことで徐々に肩の荷が下りる気持ちを実感し、「自分の好きなこと」を再確認できて前向きに過ごせるようになりました。いまだに「辞めずに続けることが普通」という転職に否定的な考えがあるのは理解していますが、それが必ず正しいのかなと感じました。私は転職してみるも大事だと思いました。

初めて「失業保険」を受けるとき、じっとしていれば受け取れると思っている・・

生まれて初めて失業保険の給付を受けるときに、じっとしていれば給付されると考えている人がたいへん多いですが、それは正しくありません。実は、失業保険の給付を受け続けるためには、求職活動を行う必要があり、その上、月に一度はハローワークに行かなければいけません。一か月おきに担当者に就職活動の状況を報告して真剣に就職活動をしていると判断されれば次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。なお、真面目に仕事を探そうとしていないとみなされたり、毎月の職員との面談欠席した場合は、アッサリと給付がされなかったり、ときには以降の給付資格を失うことになるのでそうならないよう気をつけてください。

2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず…

数ヶ月ほどまえに、転職をやっとしたばかりというのに、すぐに辞めてしまうという届を提出する人がけっこう少なくないのです。何故かと思うと素晴らしい仕事環境で勤務を始めてみたものの、「考えていた職場とかなりかけ離れていた」「ルールに慣れなかった」ということで去っていくことが多いようです。でもこのような、転職における失敗を繰り返さないために、はやり前もっての情報収集をまじめにやっておかなくてはなりません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場環境、業務におけるルール、などいろいろ事前に調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

今年中に転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、…

転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうならぜひ「失業手当」を受け取っておきましょう。失業手当はあなたが勤めている会社側できちんと「雇用保険」を払ってくれている場合は、手続きをすれば必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。手続きについては、「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、勤めている会社都合や残業時間によっては日数をおかずすぐにもらえる場合もあります。ちなみに、受け取れる「失業手当」の額は、会社の仕事を辞めた月の近々の給料がもとになって失業手当の支給する額を計算するので勤めている会社に繁忙期や閑散期がある方はなるべく「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

あたらしい職場で自身の過去の資格やキャリアをフル活用できれば…

あたらしい職場で今までに培われてきた資格やキャリアを活かせられれば、即戦力として周囲から認められ、割と早く職場で存在感を得られるでしょう。人を募集している会社側もそういった即戦力となる人材は常に必要なので、企業側が判断しても即戦力となる転職はとんとん拍子に事が運ぶでしょう。更にかつての業務内容と似たような業種であれば、見通しは十分にあります。けれども、なかなかのスキルがあるといっても大手の事務系、公務員といったジャンルは、時代や景気に左右されることなく中々の難関となるのは間違いないでしょう。

退職|転職活動をするのなら、履歴書と職務経歴書が必要になってきます。

転職活動では、履歴書と職務経歴書を準備することが必須となります。多数の企業は履歴書と職務経歴書に記載されている内容を判断材料にして面接するかどうかを決めるため、ともかくこの2点を作成しましょう。単に穴埋めするだけでなく、内容の充実を図ることも必要です。「職務経歴書」は、今まで行ってきた職務の詳細と、自己アピールをしっかり書きましょう。さらに、現在の会社で挙げた実績を、たとえば売上〇%UPした等、わかりやすく書くのが望ましいです。初めてで難しい場合は転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、うまい言い回しのヒントを得てみましょう。自分の価値を高められるように転職エージェントを利用するのも一つの手です。

大手転職エージェントは様々な案件があるという長所がありますが、…

大きな転職エージェントほど、潤沢な案件を持っているという強みがあるといえますが、それと同時に転職を希望する競合者も大勢います。それゆえあなたが、応募したい会社を探し出しても、そのエージェント担当者が「転職できる見込みがない」と判断すれば応募してくれないことも多々ありますし、自分より入社できそうな人がいるとその人を優先したりもするのです。大手エージェントの場合は、サイト未掲載の案件をデータ宝庫として扱い応募しがたいので、方針を変更してもっと規模の小さなエージェントに対し、応募したい会社や案件に関して相談し、応募できないものでしょうか?と問い合わせてみると自分のために働きかけてくれることもあるので、そのように活用するのも一つの手でしょう。

『今すぐ転職をしたい!』と思っている人のなかで、自分の意志が固いな…

『転職をしたい!』と思っていて、将来の進路がハッキリしているのなら、辞職したいということをすぐに上司に言うべきです。なぜならば相談という形で話せばもしかすると言いくるめられます。また、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、退職するタイミングを伸ばされてしまい、最終的に、半年以上にわたり辞められませんでした。辞職することをはじめて直属の上司に相談したのが年度末で、いろいろあって数ヶ月働くことになり、退職が認められたのは同年の11月です。希望では年度末を契機にやめようとおもったのに、色々と理由をつけられ、予定が狂ってしまいました。企業としても人事的な都合もあるとは思いますが、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、非常に信頼はなくなりました。

退職|今、私は派遣で働いています。ウェブサイトを見ていて気の向くま…

このところ私は派遣会社を通じて働いています。インターネットサイトで興味を引かれる仕事を見つけ応募しようとしたところ「その仕事はすでに別の人の採用が内定しています」とお断りされ一瞬ウェブサイトから仕事の情報が消滅するのですが、なぜか翌日見るともう一度載っています。これって要するに私ではよくないのだって意味ですよね。そうであれば変に隠さない程度で正直に伝えてくれるといいのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。あるいはもしかすると偽りのお仕事なのでしょうか?

今の勤め先・仕事内容について何かしらの不満点があるはずです。

今現在の自らの職場や業務の中身について不満の中に、「自身のスキルや仕事での能力を真面目に評価してもらえない」あるいは、「年収アップも、将来的な出世も期待できない」といった不満が多数を占めます。とはいうものの、気持ちは理解できます。しかし、そのような悩みが強すぎる人の場合、自らのスキル・能力を「過大評価」していることが少なくありません。過大評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、「この企業や職種では、自分を活かせない」と休職期間が伸びることになりかねません。という事態に陥りがちです。転職で良い結果を出すためにも、「本来の自分のスキルや能力」を今一度、厳しく評価してみることから始めてみましょう。

これは従兄からの話です。就職活動を始めて学生時の就職活動で…

こういう転職ができたという話は知り合いの話です。就職活動を始めて新卒として死んでも入社したかった目標であるA社で行われた最終面接で不採用になり、それから後泣く泣く別の会社につきました。その後3年経った頃に派遣の求人サイトにおいてたまたまA社の紹介予定派遣の求人を見つけることができ、いてもたってもいられずその時働いていた会社を直ちに辞めて、A社で派遣の仕事を開始しました。必死のパッチで頑張ってそれから先問題なくA社で正社員として採用され、今では仕事のやりがいを持ちながら楽しく勤めています。