退職|20代前半までに転職2回で、現在は資格取得のため、「派遣社員」を選択しています。

20代前半に転職を2度行い、今現在は複数の資格をとるために、…

20代前半の時点で転職を2回し、現在は資格の勉強をしながら、「派遣社員」を選択しました。フルタイムの勤務とは違うのでどうしても手取りは以前よりも少ないです。しかしその分、心と時間に大きな余裕が出来ています。思い返すと、学生の頃に資格を取り、仕事に活かしたかったという思いもあります。また、資格を活かしている人を見ると羨ましいと見えてしまいます。以前までは自分と他人を比べてしまい、何度か劣等感を感じることもありました。現在では結婚して随分と生活そのものが大きく変化し、やりたい仕事や稼ぐべき給料も変わり、自分の人生に満足できるようになりました。

転職のときに行われる面接というのは、中小企業だったら…

再就職の際に行われる面接というのは、中堅企業クラスの場合、ほとんどは「人事」が面接担当になりますが、例外もあるはずです。例えば、これから仕事をすることになる担当者、要するに課長・部長などの中間管理職が当たることになるでしょう。その中でも営業系や事務系などの部署に転職するのなら、資格を通じた人の評価が難しいので自信を持ち自分という人物を売り込んでいくことが必要であり大事なことです。面接担当者から「この候補者はハッキリ主張できるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、記憶に残すことがとても大事です。

転職活動を現在の仕事と同時進行させる人が多いです。

転職活動を現在の仕事と同時進行させる人が多いです。でも、忙しく働きつつ求人案件を見て、応募の手続きをしたり、面接に行くのは精神的にも肉体的にも負担が大きいです。転職活動中は、今の会社の同僚や上司に隠さなければいけません。応募するだけしてみよう、という人がいますが、書類選考を通過し、面接に呼ばれたあと「辞退」した場合に、今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを通している場合はエージェントに悪いイメージを持たれてしまいますし、そうではなく直接応募していたとしても、相手の会社から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。どちらにせよ自分の大切な時間を浪費することになりかねないので、行く気のない案件は、最初から応募もしないのが無難です。新卒の就活とは全くことなることを認識しておくべきです。

転職するなら、当然仕事のやりがいアップも大切だけどさ…

転職先を探すとき、仕事のやりがいアップと共に加えて手取りが増えることも大事なポイントなので「年収サイト」というところに登録してあらかじめ調査をしています。全く同じ会社でしかも同じ職種、経歴であるのに人によってかなりの違いがある場合も多数あって、ぶっちゃけ面接の時質問をしたことがあります。面接官もそのサイトを見たことがあるようで「その高い年収で書いてるのは、書いた人について誰だかそこそこは予測がついているんですけどね、多分見栄をはってるんですよ。低い方の収入だと考えておいてください」とのことでした。

昨今では、株・不動産投資などといった不労所得、あるい…

現在では、株式・不動産投資の不労所得のほかに独立といった生き方も社会的に人気を集めています。そういったような世の中の変化に伴い、「雇用されて働く道こそが正義」といった今までの見解も変わってきています。高度経済成長期に関しては先の見えない個人事業よりも組織の一員であるほうがずっと将来が安定していて、人生の「花形」としてまたそれが自然のことのように世の中に認識されてはいました。しかし、そんな成長期は過ぎ去り、現代は「成熟期」という名が表現します。コンピューターの進化とともに、今後は、自動化・機械化がさらに進み多くの仕事で人の手を必要としなくなる社会になる、とも言われています。

新卒採用で入った会社にお別れをして、転職すると決意しました。

新卒採用で入った会社を辞めて、悩んだ結果、転職すると決意しました。退職した後は毎日悩んだりもしました。ですが、新卒採用で入社した会社を辞めて、中途採用で働いている人が大多数だと転職活動をしていく中で知り、自然と悩みは消えていきました。また1度、転職を経験したことによって何か、気持ちが前向きになっていき、「本当に自分のしたいこと」を探す手間が毎日が充実したものになりました。いまだに「最低でも5年働いた方が良い」といったような意見も根強くありますが、それが必ず正しいのかなと感じました。私の転職活動は転職を経験して良かったと思います。

退職|生涯初の失業保険を受けるときに、給付されるのを待っているだけでいいと思っている・・

生涯初の失業保険を受けるときに、「自動的にもらえる社会保障」と考えている人が非常に多いですが、それは誤りです。実際は、失業保険の給付をきちんと受け取り続けるためには、職探しを続けている必要があり、さらには、月に一度はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月スパンでスタッフに就職活動の状況を報告してきちんと仕事を探していることを理解してもらえれば翌月、保険が給付されるシステムです。その反対に、きちんと就職活動に取り組んでいないとみなされたり、毎月のスタッフとの面談を欠席した場合は、アッサリと給付が一時停止となったり、ケースによっては以降の給付資格を失うことになるので十分注意しましょう。

退職|この前、転職したばかりなのに、数ヶ月しかたっていないの・・

このあいだ転職をやっとしたというのに、何ヶ月もたっていないのに退職してしまうケースがとても多かったりします。私の思うところは新たな気持で転職先の会社を手に入れたはずなのに「自分の期待していた職場環境とおかしいと思うほどギャップがあって幻滅した」「こんなはずではなかった」という理由で別の仕事を探すことが多いようです。でもこのような、転職における失敗を繰り返さないために、とにかく事前の情報集めをまじめにやっておかなくてはなりません。職場内の環境、業務におけるルール、通勤時間、など多角的に前もって調べておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。

今から転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら…

今年中に転職予定がある人で、次までの仕事にある程度期間がある方は必ず「失業手当」をもらっておいた方がお得です。企業側が雇用保険を払っているところであれば、手続きをすれば失業手当を誰でも受け取ることができます。手続きは「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、場合よっては会社都合での退職、あるいは残業時間次第ではすぐに受け取れる可能性もあります。もらえる「失業手当」の額は、最後となる月の直近の給料を基準に失業手当の支給する額を計算されるので、勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

新しく就いた勤め先で今までに身に付けた実力を存分に発揮できれば、…

あたらしい職場で今までに培ってきたキャリア・スキルを生かせたら、即戦力と周囲から見られて早々に職場にも馴染めるし、人を募集している雇用した側としても即戦力となる人材は常に必要なので、タイミングさえあえば、とんとん拍子に事が運ぶでしょう。更に過去の業務内容と似ているなら転職は非常にカンタンになるでしょう。ですが、ある程度のスキルがあるといっても大手の事務職、公務員(国家・地方ともに)の募集などは、いつの世でも相当な競争率だと覚悟しておきましょう。

転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書が必要不可欠だと考えられています。

転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書がポイントとなってきます。ほとんどの会社が履歴書や職務経歴書の記載内容で面接するかどうかを判断するため、とにかくこの2枚の書類の作成が重要なポイントになってきます。単に必要事項を埋めることにとどまらず内容の充実を図ることも大事です。職務経歴書は、これまでの職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書き出します。さらに、過去以外にも、現職で挙げた実績も価値があります。売上〇%UPした等、わかりやすく書くのが望ましいです。難しいと思う場合は、「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、より良い内容に改善していきましょう。自分のブランディングのためにうまく活用することも転職を成功させるための選択肢として考えておきましょう。

退職|大規模な転職エージェントは、多くの案件を持っているしかし、同時・・

大手転職エージェントに限って、様々な案件を持っているという魅力があるといえますが、同時に転職を希望するライバルも大勢います。そのためあなたが気になる企業を探し出したとしても、転職エージェント側が「転職するのが難しい」と判断すれば応募してくれないこともザラですし、企業から見て自分よりも有能な人がいると、その人を優先することも考えられます。大手エージェント運営元は、サイトに未掲載の案件のデータを宝庫として扱いかなり難しいので、考えを変えて中小レベルのエージェントに対し、応募したい会社や案件について相談し、応募できないか相談すると転職希望者のために行動してくれることもあるので、そのような風に活用してみるのも良いかもしれません。

『転職をしたい!』と思っている人のなかで、その意志が強いのであれば…

『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人のなかで、自身の意志が強いのであれば、辞めたいという旨を速やかに上司に伝えましょう。なぜならばこのときに相談という形を取ると、上司に言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。そして、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、スンナリと受理されずに半年ほど予定が伸びてしまいました。辞めたいということを当初、直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、なぜか辞められたのはその年の11月です。本音は仕事の落ち着いた年度末を区切りにしたかったのに、あれこれと理由を付けられて、かなり伸びてしまいました。職場としても人事的な都合もあるとは思いますが、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、さすがに前の会社に対しての失望しました。

派遣会社に登録して働いています。

今、私は派遣会社に登録して働いています。サイトを見ていて何の気なしに自分に合っていそうな仕事を見つけ出して確認したところ「残念ながらその仕事は、他の人の採用が内定しています」と言われてしまい瞬間的にウェブサイト内からお仕事の情報がなくなるのですが、その次の日になればまた載っています。これは結局私ではよくないのっていうことですよね。それであれば最初からカドが立たないように正直に教えてくれれば助かるのですが、なかなかそうもいかないのでしょうか。そうでなければもしかして存在しない架空の仕事なのでしょうか?

今の職場や仕事内容に対して、大半の人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

今の自分の勤め先や業務内容について不服に感じていることの中に、「自身のスキルや能力をきちんと評価してもらえない」ゆえに、「給料アップも、将来出世する見込みもない」といった内容が多くを占めると思います。でも、上記のような不満を持っている人のなかには自身の能力を実際よりも「過大評価」していることもあるのです。自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、「自分が活躍できるチャンスがこの企業や職種にはない」と転職活動がうまくいかない可能性が高くなってしまいます。経済的に生活困難に陥る可能性もあります。転職活動をスムーズに行うためにも、自身のキャパシティを多少厳しい目で自己分析してみてください。

この話は友達から聞いた話です。

このような話は兄の話です。就職活動を始めて大学生のときの就職活動で死んでも入社したかった目標であるA社の最終面接で内定が得られず、それから後不本意ながら別の会社につきました。その後2年経過した頃に派遣の求人のサイトで奇遇にもA社の紹介予定派遣の仕事を発見し、いてもたってもいられなくなってその時働いていた会社をすぐに退職して、A社で派遣の就業を開始、勇気がありますね。必死のパッチで頑張ってその後計画通りにA社で正社員として働くことができ、現在は仕事のやりがいを持ちながらいきいき仕事しています。