20代で転職を2回した為、そして今、資格の勉強をしながら、…

退職|これまで20代前半に転職を数回行い、いまは資格取得のため、…

これまで20代前半に転職を数回行い、そして今、資格取得の勉強をしながら、派遣社員として働いています。フルタイムでの勤務ではないため、やはり手取りが少なくなってしまいました。ですが、心と時間に大きな余裕が生まれ、満足しています。学生時に資格を取得し、仕事に活かしたかったという思いもあります。やはり、身近にそういった人を見てしまうと羨ましいと見えたりもします。以前までは自分と他人を比べてしまい、ガックリしていましたが、しかし今は、結婚し、がらりと生活自体が大きく変わり、将来の目標も決まり、まいにち充実しています。

再就職の際の採用面接では、小規模業者であれば大体、そこの会社の「人事」担当者が面接官となります・・

転職のための採用面接では、零細企業クラスの場合概ねその社内の「人事」担当者が面接官になりますが、別の場合もあります。たとえば、今後共に仕事をする作業部署の責任者、言い換えれば部長や課長などの管理職クラスが面接を担当する可能性も考えられます。とくに事務系・営業系などのカテゴリでは、資格だけでは人の良し悪しを判断しづらいのできちんと自分自身をアピールしていくことがとても必要であります。面接担当者から「この人は、きちんと自己アピールできるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことが大事です。

退職|転職活動を現職と並行する人は少なくありません。

転職活動を現職と同時進行させる人は少なくありません。ですが、忙しく仕事を行いつつ求人を調べて、その応募手続きをしたり、面接に行くのは精神的にも肉体的にも大変だといえるでしょう。さらに転職活動時は、今の仕事の同僚・上司たちにもバレないように振る舞わなくてはなりません。先のことを考えずに応募するという行動をとる人もいますが、仮に、書類選考をクリアし、面接に呼ばれたあとに「辞退」を選択したとしたら、厄介な事態となるかもしれません。エージェントをあいだに入れていた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、それとは異なり自分で直接、応募した場合でも、応募した企業からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。いずれにせよ自分の貴重な時間を浪費することになるので、行く気がない案件は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると意識しておくと、賢い判断ができるはずです。

退職|転職先を決めるにあたって、むろんやりがいのある仕事か考えることも重要だけ…

転職先を探すとき、もちろん仕事におけるやりがいアップと一緒にそれに加えて収入アップも大切なポイントになりますから「年収サイト」に登録してあらかじめ調査をしています。同じ会社でその上全く同一の職種、経歴であるにも関わらず人によって大きな幅があることも多数あり、ぶっちゃけ面接時に質問したことがあります。面接をした人もそのサイトを見ていたみたいで「高い収入で書かれているのは、書いた人間も誰だろうとだいたい見通しはついているんですけどね、おそらく格好をつけてるんですよ。低い方の給料だと考えておいてください」とのことでした。

現在では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で生活費を稼いだ…

今の時代は株や不動産投資等の不労所得で稼いだり、個人経営 や起業を目指す人も増えています。そのような社会的変化もあるせいか、会社勤めだけが世の習いといった今までの常識も変わりつつあります。高度経済成長の頃には、どうなるかわからない株式投資や、個人事業で生きるよりも会社勤めの方が賢明であり、人生の花形として、またそれが自然のことのように一般の人々に認知されてはいました。そんな社会全体が安定成長する時代は終わり、今現在は「成熟期」と言われています。コンピューターの進化とともに、将来的には自動化・機械化が顕著になり、仕事でも人がいらなくなっていく時代です。

新卒で入った会社を辞め、転職を決断しました。

新卒採用で入社しましたが、転職に踏み切りました。会社を退職したときは、しばらくの間悩み、不安な気持ちになりました。新卒採用で入社した会社を辞めて、多くの人が転職を経験していることを自らの転職活動で理解し、いつの間にか気が楽になりました。1回転職したことでなんだか肩の荷が下りたような感じがして、「本当に自分のしたいこと」を探すのが喜びになっていきました。なかには「続けてこそ意味がある」という転職を好ましく思わない意見もありますが、必ずしも正しいのかなと感じました。私自身、転職を経験して良かったと思います。

退職|生涯初の失業保険を受ける際に、じっとしていれば給付されると考えている人が…

生まれて初めて失業保険を受ける際に、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える人が多数派ですが、それは誤解です。実際は、失業保険の給付をきちんと受け取るためには、「就職活動」をしてなくてはダメで、それとは別に、毎月一回はハローワークに通う必要がある。月ごとにスタッフに就職活動の状況を報告して職探しに真剣に取り組んでいることを理解してもらえれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。もしも、本気で就職活動をしていないと思われたり、月に一度のスタッフとの面談に参加しないときは、当然問答無用で給付が見送られたり、場合によっては以降の給与資格をなくしかねないので、充分に気をつけてください。

ほんの2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりというのに、…

ほんの3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりというのに、数ヶ月しかたっていないのに退職を選択してしまう人がなんとなく少なくないのです。何故そうなるのかと思うとリフレッシュな気持ちで新たな仕事環境を手に入れたものの、「思っていたものとおかしいと思うほどギャップがあって幻滅した」「独自のルールにどうしても慣れなかった」と考えて退職してしまうことが多いようです。でもこのような、転職先選びでの失敗を避けるためにはまずは情報収集を欠かせません。職場内の環境、具体的な業務内容、通勤にかかる時間、など前もって調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

退職|近いうちに転職される人で次の仕事を始めるまでに期間がある場合…

年内中に転職活動をしていく人で、次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は、ぜひ「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。この手当ては現在の会社が「雇用保険」を払ってくれている場合は、手続きをすれば必ず誰でも失業手当を手にできます。手続きについては、「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、勤めている企業の都合の退職、または残業時間次第で日数をおかずすぐもらえる場合があります。支給される「失業手当」の金額については、仕事を辞めた月の近々の給料を基準にして計算するので会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

新しい職場で、これまでの実力を最大限に活用できれ…

新しい職場で、これまでに培われてきた実力をフル活用できれば、即戦力と見られて割と早く仕事場で存在感を得られるでしょう。同時に会社側も、スキルを持つ人材は常に欲しがるので、時期さえ合致すれば、わけなく採用されるでしょう。それに加えて過去の業務内容と近いジャンルであれば、転職はとても楽になるでしょう。ですが、まずまずの能力があるといっても大手企業の事務職、公務員(国家・地方ともに)の募集については、いつの世になっても、かなりの難関となることを覚悟しておきましょう。

退職|転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書が大切です。

転職活動時には、履歴書と職務経歴書が必要になってきます。企業の多くは履歴書及び職務経歴書に書かれている内容を元に面接するかどうかを判断するため、まず第一にこれらの書類が大事なポイントです。単に必要事項を埋めるだけでなく、内容の充実を図ることも重要です。「職務経歴書」では、過去の職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を書きましょう。また、過去以外に、現職で挙げた実績でアピールをするのも忘れずに。例をあげれば売上をこれまでの○パーセントアップ達成した、などわかりやすく記しましょう。初めてで難しい場合は転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、上手な文章を引き出したりして自分の価値を高められるように転職エージェントを利用してみるのも転職を成就するための一つの手です。

大きな転職エージェントほど、様々な案件がある一方、転職を希望するライバルも多い可能性が高いです。

就職エージェントの大手に限って、潤沢な案件を取り扱っているという魅力がありますが、その反面、転職を希望するライバルも大勢いる可能性が高いです。そのため気になる企業を探し出したとしても、転職エージェントのスタッフ側が見込みが少ないと判断すれば応募してもらえないこともありますし、企業から見て自分よりも有能だと評価される人がいれば、その人を優先して送り込む傾向があります。大規模な転職エージェントの場合、サイトに未掲載の案件のデータを宝庫として扱い応募することが困難なので、方針を変更して中小規模のエージェントたちに対し、希望している企業・案件を伝え、応募できませんか?と相談すると転職希望者のために働いてくれることもあるので、そういった風に活用してみるのも一つの手でしょう。

『なるべく早く転職したい!』と思っている人のなかで・・

『今すぐ転職をしたい!』と思っている人のなかで、自身の意志が本当に強いものであるなら、退職したいという旨を速やかに自分の上司に伝えましょう。ただし、そのときに曖昧な表現をしてしまうと、場合によって高確率で言いくるめられるので要注意です。また、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、退職するタイミングを伸ばされてしまい、なんと半年以上にわたり辞められませんでした。辞めたい旨をはじめ、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、いろいろあって数ヶ月働いて退職が受理されたのが同年の11月です。本来、年度末を区切りにしたかったのに、スムーズにはいきませんでした。職場としても人事的な都合もあるとは思いますが、スタッフの希望を聞かないまま、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、非常になんだか愛想が尽きました。

退職|今、私は派遣の会社に入っています。

派遣会社に登録して働いています。サイト上でふと気になる仕事を探し出して応募しようとすると「そのお仕事はすでに別の方で話が進んでいます」とお断りされ瞬間的にウェブサイト内からお仕事の情報が消えるのですが、なぜか翌日にそのページを見るともう一度載っています。これは要するに私ではよくないのだってことですよね。そういうことであれば変に隠さない程度ではっきりと教えてほしいのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。はたまた偽りの仕事なのでしょうか?

現在の自身の仕事や勤め先に関して、少なからず何かしらの不満点があるはずです。

今の自分の仕事や職場に関して、不満の中に、「自分の資格やスキルを正当に評価してもらえない」よって、「報酬は上がらず、将来的な昇格も期待できない」といった不満を挙げる人がほとんどだと思います。しかしながら、気持ちは理解できます。しかし、その手の不満を持っている人の一部には、自分のスキル・能力を「過大評価」してないか、再確認する必要があります。万が一、そのような人が転職活動をした場合、「自分を生かせる企業や職種がない」と転職活動がうまくいかないおそれがあるので、要注意です。という事態を招く可能性も少なくありません。なので転職で成果をだすためには、自身のキャパシティを客観的に分析することからはじめて見てください。

こうした話は友人から聞いた話です。

こういう転職というのは友達の話です。始めに新卒で入社することを強く希望していた最終目標であるA社で行われた最終面接で不採用になって、ですから仕方なく別の会社で働くことになりました。その後2年経た頃に派遣の求人サイトをチェックしていた時奇遇にもA社の紹介予定派遣の仕事を発見して、気持ちを抑えることができなくなってその時の会社を直ちに退職し、A社で派遣の勤務を開始、思い切った行動ですね。一生懸命頑張ってその後どうにかA社で正社員になり、現在においてはやりがいを感じつつ楽しく仕事しています。