20代前半に転職を2回経験し、現在、資格取得のため・・

退職|これまで20代前半の時点で転職を数回し、いまは資格を取る目的…

20代前半までに転職2回で、現在は資格の勉強をしながら、派遣社員で働いています。フルタイムの勤務とは違うのでやはり給料は以前よりも少ないです。ですがその分、前よりも心と時間に余裕ができました。たまに、学生のうちに資格を手に入れて、仕事を続けるという方は本当に稀です。また、実際に、そういった人を見る度、なんだか羨ましく感じたりもします。今まで私は、今の自分と他人をどうしても比べてしまい、落ち込む日もありました。しかし現在では、結婚を経験し、随分と生活自体が大きく変わり、そのなかで将来の進む道も定まったので私も新たな目標に向かっています。

退職|再就職の際に必ず受けることになる面接では、零細企業だった…

転職のときに行われる面接というのは、小規模業者クラスの場合概ねそこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、例外もあるはずです。直接、今後仕事を一緒にしていく作業部署の一番偉い人、平たく言えば管理職である課長や部長が面接することも決して少なくありません。中でも事務系や営業系などのジャンルでは、資格を通じた見極めが難しいですから、きちんと自分をアピールしていくことで好印象を与えられます。担当者から「この人はハッキリ自己主張できるし、戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことが大切です。

今の仕事と転職活動を並行する人は多いです。

転職活動を現職と同時進行させる人は少なくありません。しかし、仕事を行いながら求人情報を調べながら応募したり、面接に臨むのは精神面だけでなく肉体面もかなり骨の折れる作業といえます。さらに転職活動時は、今の職場の同僚や上司にバレないように振る舞う必要があります。そういった状況で「とりあえず応募しておこう」と考える人がいるのですが、仮に、書類選考を通過し、面接前にキャンセルすれば今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。エージェントを使っていた場合は、そのエージェントからの心象が悪くなりますし、自分で直接応募した場合も応募した会社から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。いずれにせよ自分の貴重な時間を浪費することになりかねないので、行く気のない案件は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く違うものであると理解しておきましょう。

退職|転職を行うならば、仕事のやりがいのアップと共にさらに…

転職先を選ぶにあたって、言うまでもなく仕事のやりがいアップも大切だけどそれに加えて手取りのアップも大事なことなので「年収サイト」に登録をして事前に調査をしています。同じ会社で同じ職種、経歴なのに人によってずいぶんと幅があることも複数あり、ぶっちゃけた話面接の際質問したことがあります。面接をした人も同じサイトをチェックしていたみたいで「その高い年収で書いてるのは、書いた人間について誰なのかそこそこ見通しはついているんですけどね、おそらく格好をつけてるんですよ。低い方の収入だと考えておいてください」とのことでした。

今の時代は株・不動産投資といった、不労所得で生活費を稼いだり、…

ここ最近は、株や不動産投資等の不労所得、もしくは個人経営 ・起業といった生き方も増えています。そういったような変化に伴い、会社勤めだけが世の習いというわけではなくなってきているようです。高度経済成長の頃には、どうなるかわからない自営業で生きるよりも会社勤めの方がずっと安定性にすぐれており、人生の正しい進路として、またそれが至極当然のことのように、一般の人々に認知されてはいました。そんな成長期は終わり、いまの社会は「成熟期」などと付けられています。コンピューターの進化とともに、将来的には自動化・機械化が顕著になり、仕事で人が要らなくなる社会になっていく、とも言われます。

新卒採用で入社した会社を辞め、思い切って転職を決意しました。

新卒採用で入った会社に別れを告げて、転職すると決めました。会社を辞めて転職活動するときは、かなり悩んでいましたが、しかし、数年で会社を辞めて、中途採用として働いている人が大半であると自らの転職活動で知り、無意識のうちに漠然とした不安が消え、ほっとしました。1回でも転職をするとふしぎなことに体が軽くなり、「本当に自分のしたいこと」を探す手間が毎日が充実したものになりました。やはり「最低でも5年働いた方が良い」というような意見も根強くありますが、それが正しいのかなと思いました。私の転職活動は転職を決断してよかったと心の底から思っています。

退職|生涯初の失業保険をもらう際に、何もしなくてももらえると思っている…

生まれて初めて失業保険をもらう場合、じっとしていれば給付されると考えている人がかなりいますが、それは誤りです。現実には、受け取るためには、職探しを続けていることが必要で、加えて、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。一か月おきにスタッフに求職活動の状況をきちんと説明して「この人は、まじめに就職活動をしているな」と認められれば、翌月も保険を受けられる仕組みとなっています。また、本気で仕事を探そうとしていないという心証を与えたり、月に一度の職員との面談に不参加なときは、当然問答無用で給付がされなかったり、酷い場合は以降の給付資格を失うことになるのでそうならないよう気をつけてください。

2ヶ月まえに、転職したばかりであるにも関わらず、わずかしかたっていない・・

このあいだ転職したばかりであるにも関わらず、数ヶ月しかたっていないのに辞めてしまう決意してしまう人がなんとなく多いといいます。それはたぶん心機一転、新たな職場を手に入れたはずなのに「想像していたものと違っていた」「職場の雰囲気に馴染めない」ということが原因で退職してしまうことが珍しくないといいます。可能ならこういった、転職先選びで繰り返さないために、はやり前もっての情報収集を徹底するほかありません。徹底して行うべきなのです。職場内の環境、昇給システム、など調べておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。

近いうちに転職活動を考えている人で次の仕事をする前にある程度期間があるのな・・

年内中に転職活動を考えている人で、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は、必ず「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。これはあなたが働いている企業側が社員に「雇用保険」を支払っていた場合は、必ずだれでももらえます。そして手続きは「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、場合よっては会社都合での退職、あるいは残業時間次第ではすぐに受け取れる可能性もあります。このときの、失業手当の金額は会社の辞めた月の直近の給料がもとになって失業手当の金額を計算されるため、現在の会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想的なのは「繁忙期」後に辞めるのが無難です。

退職|新たな勤め先でこれまでに身に付けたスキルを活かせられれば・・

新たな仕事でこれまでに培ってきた実力を活かすことができれば、即戦力として周囲から認識され、割と早く仕事場で存在感を得られるでしょう。同時に雇い主側もそのような人材は常に必要なので、タイミングさえ合致すれば、そこまで難しいものではありません。それに加えてかつての業務内容と似た仕事なら見込みはおおいにあります。でも、なかなかのスキルがあるといっても大手企業の事務系、公務員(国家・地方ともに)といったジャンルは、時代背景に左右されることなく相当な難関になることを肝に銘じておきましょう。

退職|転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書を準備することが必須だと考えられています。

転職活動をする際は、「履歴書」「職務経歴書」かならず求められます。大多数の企業は履歴書や職務経歴書に書かれている内容を考慮した上で面接するかどうかを判断するため、まずはこの2枚の書類の作成が大事といえるでしょう。ただ記入することにとどまらず、記載内容を魅力的にすることも考えてみましょう。職務経歴書は、これまで行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容を可能な限り書き綴りましょう。さらに、過去だけでなく現職で挙げた実績なども有効です。売上をこれまでの○パーセントアップ達成した、など具体的に記します。難しいと思う場合は、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、よりよい内容にしてみましょう。自分の価値が高まるように、利用することも選択肢として考えておきましょう。

退職|大手転職エージェントは豊富な案件があるといえます・・

大きな転職エージェントは、いろんな案件を抱えているという強みがありますが、他方、転職希望のライバルも多くなる、というデメリットも存在します。それゆえあなたが気になる企業を探し出したとしても、転職エージェントの担当スタッフが無理だと判断すると応募してくれない可能性もありますし、企業から見て自分よりも評価の高いライバルがいれば、そちらの人を優先することもあります。このように大規模なエージェントは、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱っており非常に難しいので、中小規模のエージェントに対し、希望する企業や案件について相談し、応募できないものでしょうか?と相談すると転職希望者のために働いてくれることもあるので、試してみるのも良いと思います。

退職|『今すぐ転職したい!』と考えていて、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら…

『なるべく早く転職したい!』と思っていて、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、すぐに上司にそのことを伝えるべきです。しかし、そのときに曖昧な表現をしていると、上司に言いくるめられるおそれがあるので要注意です。また、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、ズルズルと長引き退職するまでに半年くらい掛かりました。辞めたいということを最初に直属に上司に話した時は年度末、実際では数ヶ月働いて退職出来たのはこの年の11月です。本当ならはちょうど年度末を退職のタイミングにしようと考えていたのに、スムーズにはいきませんでした。職場側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、社員のを要望を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、さすがに会社や上司に対して信頼はなくなりました。

今、私は派遣の会社に登録をしています。

今、私は派遣の会社に登録をしています。ウェブサイトでふと条件のよい仕事を見つけ出して確認してみると「そのお仕事はすでに別の人で話が進んでいます」と断られ一瞬ウェブサイト上から仕事情報が消えるのですが、どういうわけか翌日見るとまた載っています。これって結局は私だとダメだと言っているのと同じですね。そういうことであるならば初めからカドが立たないくらいではっきりと言ってくれれば助かるのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。あるいはまたもしかすると架空の仕事を載せているのでしょうか?

今現在の自身の職場や業務の中身についてほとんどの人は、少なからず何かしらの不満点を感じているでしょう。

現在の自らの職場や業務内容に対して、ほとんどの人は何かしらの不満点を感じているでしょう。「自身の持っているスキル・能力が正しく評価してもらえない」または、「給与アップも、将来出世する見込みもない」といった不満を挙げる人が少なくありません。とはいえ、そういった悩みを持っている人の中には、自らの持っている器量を実際よりも過剰評価してないか、再確認する必要があります。仮に、過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できる求人なんてない」と転職がうまくいかない可能性が高くなってしまいます。という事態に陥りがちです。なので転職活動で良い成果を出すためにも、あなた自身のスキルや能力を客観的に分析することからはじめて見てください。

退職|これは友人からの話です。新卒採用にてなにがなんでも勤務したかっ・・

この話は兄の友人から聞いた話です。始めに学生時の就職活動でなにがなんでも就職したかった目標であるA社で行われた最終の面接で不採用になり、それから先他の会社に入りました。そのあと1年経過したぐらいに派遣求人サイトを閲覧していた際偶然にもA社の紹介予定派遣の仕事を発見して、じっとしていられなくなり当時の会社をすぐさま退職し、A社で派遣勤務を開始、勇気がありますね。死ぬ気で頑張ってその結果どうにかA社で正社員として採用されて、今では仕事のやりがいを持ちながらいきいきと仕事しています。