退職・転職のコラム記事

退職|転職活動では、企業そのものというより、どちらかというと「担当面接官」・・

転職活動は、希望している企業そのものより、どちらかと言えば面接係員とのやり取りが肝心といえます。其のためには、第一歩として肩の力を抜いて焦る気持ちを抑え、平常心を意識しましょう。出来ればお見合いのような気分でいる向かうと良いでしょう。更に大事なことは面接を介してまずは自分の人間性をチェックされてしまうので悪い印象を与える言動は気をつけて控えましょう。
退職・転職のコラム記事

退職|求人情報を見るとき、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人ほ…

求人に関する情報を見る際、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人は、はなから製造業に目を通さない人がいますが、そうした人には「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と誤解している可能性が高いです。現に、製造業の求人であっても現場に出る仕事だけでなく総務・経理と言った従業員や購買、営業管理といった「事務系」に分類される仕事がたくさんあります。
退職・転職のコラム記事

現在、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件に関する取り締まりが強化された・・

今日では、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件に関する取り締まりが強くなったり、悪質な会社が公開されたりするなど、厳しく罰する傾向にありますが、まだまだパーフェクトとは言えません。そのため、面接で見破る必要が出てきます。とにかく、求人票等に書かれている労働条件を確認し、それらを使って色々と質問してみましょう。
退職・転職のコラム記事

時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、契約期間を過ぎ・・

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年経ったらすぐ退職できるというわけではないことを実際に転職によって思い知らされました。私は結婚後、生活が落ちついたら、できればすぐに子育てに取り組みたかったので、それまでの期間のために約1年半~2年ほど今のそのまま仕事出来たらいいなと思い、就職しました。
退職・転職のコラム記事

派遣として勤務しています。派遣法とか労働契約法のからみ・・

派遣で就業しています。派遣法の関連で不本意ですがずっと働いた会社での勤務を終わらせなければなりません。同じ派遣の方の中には、派遣の勤務先で正社員の地位を獲得した方もいるのですが正直なところ仕事の腕がよいというよりは派遣先の上司へのご機嫌取りが上手な方でそれで採用された模様。
退職・転職のコラム記事

退職|この頃では、株・不動産投資といった、不労所得で儲けた・・

この頃では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で稼いだり、独立、起業等、一概に「雇用されて働くこと以外は不安定であぶない」といったこれまでの見解も変わってきています。高度経済成長時代に関しては、株式投資や、個人事業で生きるよりも雇われているほうが安定性にすぐれており、人生の「花形」としてまたそれが自然のことのように一般常識化していました。
退職・転職のコラム記事

退職|政治によって変化の出始めている転職事情ですが、内閣総理大臣である安倍総理による現政権によって、…

政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況について、安倍総理が主導する現内閣によって、「アベノミクス」や三本の矢で新たな経済政策が複数、展開されています。内閣が打ち出した経済政策共々日銀の金融政策ともミックスされて、財界・民間企業間でも次世代の社会的な変化が増えつつあります。
退職・転職のコラム記事

転職時の採用面接にとある会社に行ったときのことです。

転職の面接を受けに向かいました。偶然その会社で会議室が空いておらず会社外で面接官と待ち合わせをして採用面接が行われて、その場で解散し、面接をした方も会社に帰らずそのまま自宅に帰るとのことでしたが、ところが自宅からの最寄駅が一緒。ですから電車内でも面接担当者と一緒に話しながらいっしょに帰宅することとなって、そのため打ち解けて面接よりお話が弾んで、それが良かったからなのか何事もないまま採用を手に入れることができました。
退職・転職のコラム記事

退職|仮に、現職からの転職の決断したなら、会社にはひそか…

仮に、転職の決意したなら、徹底的に周りの人間にはひそかにそれを言わないように、首尾よく活動を進め、現職期間中は、あくまでも周りの人に悟られないよういつもどおり業務をこなしていくのがもっとも賢明です。これを徹底することで、もし仮に良い転職先をすぐに見付けることができなくても、転職時期を見送りながら今の仕事をそれまで通りに続けてもトラブルがありません。
退職・転職のコラム記事

退職|転職する場合は、様々な手段で情報を収集するのが通常だと思います…

転職を行うにあたっては、いろんな手段で情報を得るのが通常だと思いますが、転職についての口コミサイトはとても役に立ちます。一時期、悪い口コミをサイトに載せられたと言って運営サイト側に損害賠償請求を起こしたケースもありました。辞めた・辞めさせられたという社員の腹いせによってその種の口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、別の角度から見れば、ウソの書き込みだったなら、会社側が気にする必要は無いと言う事になります。