退職・転職のコラム記事

退職|派遣で働いています。労働契約法のせいで長く務めてき・・

派遣社員として働いています。派遣法とかの関係で否応なく、長い期間働いた派遣先での仕事を辞めることになります。同じく派遣で働いている人の中には派遣先の会社から正社員の地位をつかみ取った人もいるのですがその理由としては正直に言うと仕事の腕とは関係なく派遣先の上司へのあしらい方がうまくてそれが採用の決め手となった模様。
退職・転職のコラム記事

退職|今の時代は株・不動産投資の不労所得や個人経営 といった生き方も社会的に人気を集めています。

近年では、株や不動産投資等の不労所得、または個人経営 ・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そういった社会的変化に伴い、「会社員以外は不安定だしキケン」といった従来の考えも変わりつつあるようです。高度経済成長を遂げていた頃に関しては、どうなるかわからない株式投資や、自営業で生きるよりも組織の一員のほうが安定性にすぐれ、人生の花形として、またそれが至極当然のことのように、一般の人々に広まっていました。
退職・転職のコラム記事

最近の転職における状況ですが、政治による変化が出始めています。

昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。現在の安倍政権下ではアベノミクスや「三本の矢」などの新たな経済政策を次々に打ち出し、経済政策に連れ立って日銀主導の金融政策とも相まって、財界・企業ともに次の世代の社会的な変化が増加傾向にあります。そのこともあり一般の企業では今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人員不足」がクローズアップされています。
退職・転職のコラム記事

転職の採用面接を受けるためある会社に赴きました。

転職時の採用面接にとある会社に伺ったときのことです。会社にある部屋が空いていないというわけで会社の外で待ち合わせて面接をして、その場所で解散をして、面接を行った方もそのまま自宅直帰されるとのことだったわけですが、偶然にも下りる駅が私と同じだったのです。結局は電車の中においても面接を行った人とずっとお話をしながら帰ることになって、すっかり緊張がなくなり面接よりお話が弾んで、それがプラスになったのか最終的に採用を勝ちとることができました。
退職・転職のコラム記事

退職|万一あなたが、転身の決断したなら、あくまで社内の人…

例えばあばたが、現職からの転業を決意したのであれば、まったく周りの人には内密にそれを言わずに、首尾よく転職活動していき、働いている間はできれば周囲に気づかれないように淡々と業務をこなすのが無難です。働いている間、これを徹底することで、希望通りに条件にあう働き先がすぐに見つけられなくても、転身時期を先送りにしつつ、今の仕事をそれまで通りにし続けてもトラブルにはなりません。
退職・転職のコラム記事

転職活動をするにあたっては、いろんな方法で情報を得るのが通常だと思いますが…

転職時は、いろんな方法で情報を集めることが多いと思いますが、転職についての口コミサイトは絶対に利用すべきです。以前、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こした事例もありました。辞めた(辞めさせられた)社員の腹いせとしてその手の口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、違った角度から見ると、ウソの書き込みであれば書かれた会社側が気にする必要もないはずです。
退職・転職のコラム記事

将来に目を向け、楽しみながら転職活動をすることができた・・

楽しみながら転職ができれば、精神的な負担を抑えられるので、転職先が見つかるまでの間の堕落も避けられます。精神的な箇所が健やかな状態であれば、割と早く転職先も見つけられるはずです。一番の理想は、やはり、休職期間をつくることなく新しい勤め先を見付けることが大事です。
退職・転職のコラム記事

退職|近いうちに転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうな・・

近いうちに転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は、忘れずに失業手当をもらうことをおススメします。失業手当はあなたが勤めている会社側できちんと「雇用保険」を支払っているのなら、申請をすれば必ず誰しも失業手当を受け取れます。また、手続きに関しては「ハローワーク」で行います。
退職・転職のコラム記事

退職|再就職をスムーズに行いたい場合、然るべき準備をしておく必要があります。

転職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備が必要です。一言で準備といってもたくさんありますが、とりわけ目に映る「服装」は、重視してしまう部分だと思います。でも、最近の面接では、形式ばらない服装を許可している企業もあるので、「面接はビジネススーツでなくては」と考えて面接に向かわなくてもいい場合がケースもあります。
退職・転職のコラム記事

就職活動において、年収は非常に大切な要素です。

就職活動において、年収は極めて重要なポイントです。現職の年収と希望年収は必ず聞かれます。実際の年収を上回る額をもらっていると偽り、転職先で高額の年収を得ようと試みても、無駄でしょう。というのは、結局は源泉徴収を提出することになるので、仮に一度は騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局はウソがバレてしまいます。