退職・転職のコラム記事

退職|将来に目を向け、楽しく過ごしつつ、再就職に向けての転職…

楽しく過ごしつつ、転職活動と付き合う事が出来れば、メンタル面での重荷が減るので、転職先が見つかるまでの間に堕落はしないですみます。おまけにメンタルにも健やかな状態のままであれば、すぐに新たな転職先も見つかるはずです。お勧めなのは、スムーズな隙間のない時間で新しい勤め先を見付けることです。
退職・転職のコラム記事

退職|近いうちに転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合…

近いうちに転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間が掛かりそうなら可能ならば「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。これは企業側が社員に「雇用保険」を払っていた場合は、手続きをすれば必ず誰でも失業手当を受け取れます。受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。
退職・転職のコラム記事

再就職にあたって相応の準備は必要です。

転職活動する場合、然るべき準備は必須です。準備といってもたくさんあるのですが、とりわけ「服装」を気になる人が多くいます。けれど、現在の採用面接に関しては私服がOKなところも多いので、ビジネススーツで決めて出向かなくても良いでしょう。とくに会社の設立したての企業などは、お堅いルールもないことが多く、私服で面接をした方が、相手先に印象をあたえます。
退職・転職のコラム記事

就職活動において、年収は極めて大切なポイントです。

転職活動では、「年収」が話題に上がります。面接の時、大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。本当の年収を上回る額をもらっていると偽り、多額の年収を獲得しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜなら、結局は源泉徴収を提出することになるので、たとえ一時的に信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ずウソがバレてしまうのです。
退職・転職のコラム記事

今がんばっている転職する活動で「自分は今までずっとこのような価値のある・・

いい転職をしようと転職活動の際、「これまでこういう職場の仕事をがんばってきました」「過去の仕事によって、こういった経験を得られました」と過去の自分の経歴を十分にアピールする人は頻繁に目にします。が、応募し新たな場所で「将来、こういうような仕事をしたい」「こういうような業務内容なら貢献できるに違いない」と将来的なビジョンを話して自身をアピールする方がはるかに効果的だったりします。
退職・転職のコラム記事

転職において、ウェブ上でのエージェントを使うケースもありますが…

求職活動をするとき、ウェブ上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)要するに斡旋を行う会社が存在しますが、そういった場所で登録してその結果仕事を得ることができた場合でも、「失業保険」は給付対象外となるので、注意しましょう。ハローワークを使わずに就業しても給付対象とならないので注意する必要があります。
退職・転職のコラム記事

退職|これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人・・

これから転職する場合、「派遣社員」として、転職を考えている人に注意してもらいたいポイントがいくつかあります。なんとなく派遣という言葉を聞くと、「電話対応」「お茶出し」「データ入力」「その他雑用」のような仕事内容をぼんやりと考える人が多いかと思います。私もそう思ってました。
退職・転職のコラム記事

退職|『今すぐ転職したい!』と思っていて、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら・・

『なるべく早く転職したい!』という願望があって、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞職したいということを速やかに上司に伝えましょう。このときに相談といった形で話を持ちかけると、もしかすると言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。また、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、話がこじれて結果的に、およそ半年、予定が伸びてしまいました。
退職・転職のコラム記事

古来より日本には「石の上にも三年」という諺もありますが、…

日本には古来より”石の上にも3年”というコトワザがありますが、昨今、ないものと同然である「終身雇用制度」。「転職」が当たり前になりつつあります。しかしながら、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、軽はずみな気持ちで転職を繰り返すのは大変な問題となります。
退職・転職のコラム記事

退職|仮に転職を目指そうとしても、全部が都合よく運ぶ保証はありません。

再就職を考えたとしても、全てが首尾よくいくという確証はありません。もしも転職するのなら、どっちにしても転職をしなくてはならないなら極力早い時期に行動に移すほうが良いでしょう。平均的に見ると、20代のあいだは有利な展開を期待できますが、30代後半~40代となったあとでの転職自体が相当に厳しいものと考えておくべきです。