退職・転職のコラム記事

退職|これから転職活動を始める際に次の仕事をする前にある程度期間があるのな…

転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間が掛かりそうならできれば「失業手当」を受け取っておきましょう。失業手当は勤めている会社でしっかり「雇用保険」を払っていた場合は、誰でも失業手当を受け取ることができます。詳細の受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。
退職・転職のコラム記事

退職|転職する場合、相応の準備は不可欠です。

転職をスムーズに行いたい場合、相応の準備は不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、その中でも目に映る「服装」は、気にしている人は多いはずです。ただ、ここ数年の、採用面接では形式ばらない服装がOKな企業があるので、スーツを着込んで面接に赴く必要はありません。
退職・転職のコラム記事

就職活動において、年収は極めて大事なポイントです。

就職活動において、年収は大変大事なポイントです。面接の際、現職の年収に加え、将来的な希望年収額も尋ねられるでしょう。実際もらっている年収よりも多めに申告し、転職先で多くの収入を得ようとしても、無駄な努力でしょう。なぜなら、最終的には源泉徴収を提出することになるので、一度は信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ずウソがバレてしまうのです。
退職・転職のコラム記事

今がんばっている転職する活動をしているときに、「自分・・

がんばっている転職活動中に、「かつて、このような価値のあるの仕事に尽力しました」「仕事の中でこのような技術を身につけました」と過去の自身の成功体験やセールスポイントをがっしりアピールしようと考える人はよく見かけます。でも、希望するその企業で「このようなことをしてみたい」「私が申したような内容の仕事をするのならぜひ貢献できると思う」と未来の展望を話してアピールする方がはるかに効果的だったりします。
退職・転職のコラム記事

退職|転職をする際、ウェブ上でのエージェントのお世話になることもあります…

仕事を探すのに、インターネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)要するに斡旋を行う会社が存在しますが、もしそのようなところに登録し仕事に就くことができた場合でも、失業保険を受け取ることはできないので注意が必要です。ハローワーク以外の機関を使って就職が決まったとしても失業保険の給付対象にはならないので後々、後悔しないように注意しておきましょう。
退職・転職のコラム記事

退職|これから転職する場合、「派遣社員」を選択しようと思っている…

転職を、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人にぜひ覚えていてほしい箇所が数点あります。なんとなく派遣社員と聞くと電話対応、お茶出しなどの雑務、雑用等をなどの業務を考える方が多いとは思います。最初はかく言う私もそう勘違いしていました。今、働いている会社に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募した際にも、「担当する業務は電話対応になります」と面接で説明を受けました。
退職・転職のコラム記事

『なるべく早く転職したい!』と思っている人のなか…

『転職をしたい!』と考えていて、自身の意志が固いならば辞めたいという旨をすぐに上司に言うべきです。ですが、ここでは曖昧な表現をすると上司に必ず言いくるめられます。そして、実際にわたしが転職をすると話した時にはスンナリと受理されずに退職までに半年ほど掛かってしまいました。
退職・転職のコラム記事

退職|古来より”石の上にも3年”という諺がありますが、1998年に派遣法において対象業務が自由化したととも…

古来より日本には「石の上にも三年」という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、終身雇用制は死語になりつつあります。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。
退職・転職のコラム記事

退職|転職しようとしても全てが首尾よく運ぶかどうかはわかりません。

仮に転職活動をしたとしても、全部がスムーズに進行するとは言い切れません。遅かれ早かれ転職をしなくてはならないなら可能ならあなたの年齢が若いうちに出来るだけ早く行動に移すべきでしょう。ほとんどの場合、20代のあいだは有利な展開を期待できますが、30代後半~40代に突入してしまうと転職活動全般は、とても厳しいものと理解しておくべきです。
退職・転職のコラム記事

退職|転職活動をされているのなら、気になった求人(あるいは業…

将来的に転職活動をされるなら、気になる求人(OR 業種)を見るたびに絶対「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネットでチェックしておきましょう。求人票・転職エージェントの言葉からはまずその業界に関するマイナスにあたる箇所は、知ることができる確率は低いです。