退職・転職のコラム記事

退職・転職のコラム記事

転職活動をするにあたっては、ウェブ上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)…

転職をする際、インターネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)を利用する方法もありますが、もしそういったエージェントに登録して仕事が見つかった場合でも、失業保険の給付を受けることはできません。ハローワークを通さずに就業しても失業保険をもらうことはできないので注意する必要があります。
退職・転職のコラム記事

退職|転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人に…

これから転職する場合、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方に注意してもらいたい箇所が複数あります。派遣に対して、「電話対応」「お茶出し」「その他雑用」などの業務内容をぼんやりと思った方が少なくないでしょう。本音を言うとかく言う私もそう勘違いしていました。
退職・転職のコラム記事

『なるべく早く転職したい!』と思っていて、その意志が強いのであれば…

『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人で未来の進む道もハッキリしているのなら、辞めたいということを速やかに上司に伝えましょう。ただし、このときに相談という形を取ると、言いくるめられる可能性が高いので要注意です。また、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、ズルズルと長引き最終的に、半年ほど予定が伸びてしまいました。
退職・転職のコラム記事

昔から「石の上にも三年」という教えがあります。

日本には「石の上にも三年」というコトワザがあるのですが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」といわれる現代では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」が身近なものとして捉えている人も多いはずです。しかしながら、誰もが簡単に転職できる簡単に転職を選択してしまうのは考え物です。
退職・転職のコラム記事

退職|転職を考えたとしても、全てがうまく進行するとは言えません。

再就職を考えたとしても、あらゆることがうまく進行するというわけではありません。もしも転職するのなら、いずれにしても転職をしなくてはならないならできれば早い時期に行動したほうが良いです。ほとんどの場合、20代の若いうちは良い結果が出やすいですが、残念なことに、30代後半~40代になってしまうと転職活動は、たいへん厳しくなります。
退職・転職のコラム記事

退職|将来転職活動をするのなら、良いと思える求人(あるいは業種・・

転職活動のとき、気になる求人(OR 業界)を見るたびに100%「〇〇業、ブラック」でネットで検索しておきましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントからは業界に関するマイナスにあたる箇所は、教えてもらえない、と思っておくべきです。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、ネット検索を通じてすぐにおおまかな実態を理解できます。
退職・転職のコラム記事

退職|転職で勤め先を一新するということは、自分自身に合う理想に近い…

再就職して仕事先を一新するということは、自分自身に適する勤め先に転職したいものです。勤務先、職場を変えることによって、適した仕事に出会えるかもしれません。ですが、デメリットもあって、転職先にふさわしい能力がないと、良い仕事に就くことは難しいです。違う言い方をすると、あなた自身が価値ある人材であれば、「天職」に巡り会える可能性も高くなる、ということです。
退職・転職のコラム記事

退職|転職時の面接では担当者から「転職理由をお聞かせくださ・・

転職時の面接で担当者から「転職理由は?」と訊かれると思います。この時、いくらあなたが間違っていなくとも、前の仕事場での「人間関係」「働く環境」が良くなかった内容は、できるだけしないことをお勧めします。なぜなら、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスを無駄にしてしまいかねません。
退職・転職のコラム記事

転職サイトは大きなサイトの方がたくさんの会社が掲載されているた・・

転職サイトは大きなサイトの方が豊富な数の企業が掲載されているため、入社したい2~3社を、とりあえずサイトに登録した上で、勤務地・年収などにチェックマークを入れて、加えて条件に合う求人情報が自動的に通知されるように設定しておくと情報収集が簡単になります。初めに限っては登録するのに本当に労力を要するので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。
退職・転職のコラム記事

退職|これまで20代前半で転職を数回した為、今現在は資格取得のため…

私は20代までに転職2回で、そして現在、資格取得のために派遣社員になりました。フルタイム勤務とは異なるため、毎月の収入が以前よりも少なくなりました。しかしその分、心と時間に余裕ができました。思い返すと、学生時代に取った資格を生かして仕事をできる人はとても少ないです。