退職・転職のコラム記事

退職・転職のコラム記事

退職|今では、株・不動産投資などの不労所得、もしくは自営業や起業といった形で生きる方法も人気です。

現在は、株や不動産投資等の不労所得や独立や起業といった形で生きる方法も人気です。そのような世の中の変化もあるせいか、「雇用されて働くこと以外は不安定だしキケン」といった今までの常識も変わってきています。1960年代ごろの高度経済成長時代においては、将来が不安定な自営業や株式よりも組織の一員として働くほうが安定性にすぐれていました。そのため人生のもっとも正しい道として一般の人々に認知されていました。
退職・転職のコラム記事

政治により変わりつつある転職を取り囲む状況について、…

転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。今の安倍政権によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった経済に関係する政策が次々と打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策に連れ立って日銀による「金融政策」との相乗効果によって、財界・企業といった民間側からも新たな変化が増加しつつあります。
退職・転職のコラム記事

退職|転職の採用面接を受けにとある会社に向かいました。

転職の採用面接を受けにとある会社に伺いました。たまたま社内の部屋が空いておらず会社外部で待ち合わせて採用面接をし、そのまま解散して、面接を行った方もそのまま自宅直帰されるとのことでしたが、驚くことに自宅の最寄駅が一緒だったのです。ですから電車内でも面接官と一緒に話をしながらいっしょに帰宅することになり、すっかり緊張がほぐれ面接しているよりも話が弾み、それがプラスに働いたのかなんと採用を勝ち取りました。
退職・転職のコラム記事

例えば、転職を意思を固めたのなら、まったく周りの人に・・

一度、現職からの転身の決断したなら、完全に社内の人にはこっそりとその気持ちがばれないように、首尾よく活動を進め、働いている間はなるだけ社内の人間に気づかれないように淡々と振舞うのがもっとも利口です。現職中、この状態を維持していれば、もしも働き先がすんなり見つけられなくても、転身の予定を遅らせながら、現在の職をそれまで通りにし続けても容易にできます。
退職・転職のコラム記事

転職活動を始めるとき、様々な手段で情報を集めるのが通常だと思いますが、…

転職時は、いろんな方法で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職系の口コミサイトは利用しなければもったいないです。以前、悪い口コミをサイトに載せられたと言ってサイト運営者に対して損害賠償請求をしたケースがありました。会社の都合で退社させられた元社員の腹いせによってそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、別の角度から見ると、書き込みの内容が真実でなければ、やられた会社側が何も気にしなくても良いはずですよね。
退職・転職のコラム記事

退職|期待をもって転職ができれば、精神的な負担を抑えられるので…

将来に目を向け、期待をもって再就職に向けての転職活動と向き合うことで、精神的な負担が減るので、転職期間中の堕落も避けられるはずです。おまけにメンタル面が元気なままでいれば、あまり時間をかけることなく新たな転職先も見つかるはずです。一番の理想は、やはり、ブランクを設けないで新しい職場に飛び込むことです。
退職・転職のコラム記事

退職|今年中に転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのな…

近いうちに転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら、できれば「失業手当」をもらっておいた方がお得です。失業手当は今働いている企業側がもし雇用保険を払っているところであれば、申請をすれば必ず誰でも失業手当を手にできます。ハローワークで手続きをしてくれます。
退職・転職のコラム記事

退職|再就職する場合、それなりの準備が必要です。

転職活動では、相応の準備は不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、とりわけ目に見える「ファッション」は重要だと感じてしまいます。けれど、近年の企業面接では私服がOKな企業があるので、スーツでなくては、と考えて行く必要がない場合もあります。とくに会社の設立してすぐの歴史のない企業ほど、お堅い規則もないことが多く、スーツでいかないほうが相手からの印象が良くなります。
退職・転職のコラム記事

就職活動において、年収は非常に大切なポイントです。

就職活動において、年収は非常に大切なポイントです。面接において、必ず現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき本当の年収を偽って、多く申告し、転職先で多くの収入を得ようとしても、無駄でしょう。なぜかといえば、結局は源泉徴収を提出することになるので、仮に一度は騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、最終的にはウソがバレてしまうためです。
退職・転職のコラム記事

退職|やっている転職する活動時、「今までにこういった種…

がんばっている転職する活動をしているときに、「私は今までずっとこういう内容の仕事に尽力してきました」「これまでにこういった技術を得られました」とそれまでの自身の成功体験やセールスポイントを強調してアピールしようと考える人はわりと少なくありません。でも、応募し再スタートを狙う環境下で「可能ならこういったことをしたい」「私が話したような内容なら貢献できるに違いない」と将来的なビジョンで自身をアピールしていくほうがよっぽど効果があります。