退職・転職のコラム記事

退職・転職のコラム記事

退職|最短で転職したい場合は企業とのやりとりというよりどちらかというと「担当面接官」との…

転職のための活動は希望している企業そのものよりも、人事や採用担当の面接官とのやり取りが重要です。面接で良い印象を与えるために、初歩として面接が始まる前に平常心で対応しましょう。例えれば女性とお見合いをする心構えで向かうのも大事でしょう。面接係員は第一にあなた自身の「人間性」をチェックされてしまうので誤解を招くような見た目・言動は注意しゼッタイに避けましょう。
退職・転職のコラム記事

求人誌をチェックする時、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほ…

求人に関する情報を見る際、「事務系の仕事をしたい」という人ほどはなから製造業をチェックしていなかったりします。そういったことをしている人のほとんどは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と早合点しているこ可能性が高いです。製造業での求人募集でも、総務・経理と言った 人材 や購買、営業管理といった「オフィス系」のお仕事も相当数あります。
退職・転職のコラム記事

今日では、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして…

近時は、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件関係の取り締まりが強くなったり、悪質な企業の場合は公開されるなど、損をする仕組みができてきましたが、まだまだ物足りないと考えられます。なので、面接時に「ブラック企業」かどうかを自身で確認してみましょう。
退職・転職のコラム記事

退職|比較的時間に融通が効くはずの派遣社員になっても契約期間を迎え・・

時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、契約期間を過ぎたら任意のタイミングで退職できるわけではないと、転職活動したことで理解しました。私は、結婚生活が落ちついたら、なるべく早く子供を授かりたかったので、子供ができるまでの間のためにおよそ1年半~2年くらい今までの継続で仕事したかったので就職しました。
退職・転職のコラム記事

派遣社員として勤務しています。

派遣で会社で働いています。労働契約法のおかげで残念なことに長く務めてきた派遣先での勤務を終わらせなければなりません。派遣の仲間の中には、派遣先から正社員の位置をゲットした方もいるのですがその理由としては正直なところ仕事の実力というよりは派遣先の上司の扱いがうまくて引き立てがあった模様。
退職・転職のコラム記事

この頃では、株・不動産投資の不労所得で稼いだり、個人事業・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。

現在は、株・不動産投資といった、不労所得、あるいは個人経営 といった生き方も増えています。そういった世の中の変化に伴い、「起業することは怖い」といった今までの常識も変わりつつあります。高度経済成長の頃に関しては、どうなるかわからない個人事業よりも雇われているほうが安定していてました。そのため人が生きていくうえでもっとも正しい道としてまたそれが至極当然のことのように、一般の人々に認識されていました。
退職・転職のコラム記事

退職|新しい仕事を探す際、ウェブ上で就職斡旋してくれる業者(エージェン・・

転職をするに際しては、ネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)を使うこともありますが、もしそういったエージェントに登録して職を得ることができた場合でも、「失業保険」は給付されないため、要注意です。失業保険は、「ハローワーク」にて正しく手続きしないと失業保険とは無関係なので注意する必要があります。
退職・転職のコラム記事

いい転職をしようと転職する活動時、「自分は今までにこうい・・

今がんばっている転職する活動中に、「かつて、このような仕事に尽力しました」「今までにこのようなスキルに磨きを掛けました」とそれまでの自分自身の経歴をしっかりアピールしようと考える人はときどき目にします。しかし、転職先の新たな職場で「近いうちにこのようなことをしてみたい」「私が話したような内容の業務をするのならできれば参加したい」と未来の展望を話して自身をアピールしていったほうがよっぽど効果があります。
退職・転職のコラム記事

就職活動において、年収はとても重要な要素です。

就職活動において、年収は極めて重要な要素です。面接時には、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき現実の年収より多く言って、転職先で多くの収入を得ようとしても、無駄でしょう。というのは、源泉徴収票が必要となるため、もし一度は信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局はウソがバレてしまいます。
退職・転職のコラム記事

再就職をスムーズに行いたい場合、然るべき準備は必須です。

転職をスムーズに行いたい場合、相応の準備は必要です。準備といってもたくさんあるのですが、その中でも目に見えるファッションは誰しも気を遣う部分ではないでしょうか。けれども、今の面接では、私服を許可している会社もあるので、ビジネススーツでなくては、と考えて行く必要がないケースもあります。