退職・転職のコラム記事

退職・転職のコラム記事

転職を行う際、ネットでのエージェントのお世話になることもあるでしょう・・

転職を行う際、ネットでのエージェントすなわち斡旋を行う会社が存在しますが、あなたがそのようなところに登録してその結果就職先を見つけられたとしても、失業保険を受け取ることはできません。失業保険は、「ハローワーク」にて正しく手続きしないと給付を受けられないので注意すべきです。
退職・転職のコラム記事

退職|転職を、「派遣社員」を選択予定の方にチェックしていただき…

転職の際、「派遣社員」として、転職を考えている人に注意して欲しい点がいくつかあります。なんとなく派遣社員という言葉を聞くと、電話対応、その他雑用等をのような仕事を想像した人がおそらく多いはずです。本音を言うと私自身もまさにそう思っていました。今の職場に入るまでは「主な業務は電話対応になります」と直接派遣会社の担当者からも聞いていました。
退職・転職のコラム記事

『転職をしたい!』と思っていて、自身の意志が固いな…

『なるべく早く転職したい!』と思っていて、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら、すぐに上司に言うべきです。しかし、そのときに曖昧な表現をしていると、状況によって言いくるめられるおそれがあるので要注意です。実際にわたしが転職をすると話した時には退職を引き伸ばされてしまい、退職までに半年ちかく掛かりました。
退職・転職のコラム記事

古来より日本には”石の上にも3年”というコトワザがあります…

昔から”石の上にも3年”という教訓があります。大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」が死語となりつつある現代では「転職」を経験するのが一般的な事柄となってきています。ただ、「転職」が当たり前になったからといっても、やたらと仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。
退職・転職のコラム記事

退職|転職するにもあらゆることが順調にいく確証はどこにもありません。

仮に再就職をしようと考えていても誰でも思ったとおりの結果が出る保証はありません。遅かれ早かれ転職をしなくてはならないならそのうちに転職をしなくてはならないなら歳がいかないうちにできるだけ早く変えるべきです。普通一般的には、30代前半まではとても有利ですが、残念なことに、30代後半~40代を迎えてからの転職活動は、相当に厳しいといえます。
退職・転職のコラム記事

退職|今後転職活動をするのなら、気になる求人(あるいは業種)…

今から転職活動をするのなら、気になる求人(OR 職種)を見付けるたびにきちんと「〇〇業(気になる業界)、ブラック」とインターネットで検索したほうがいいです。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントの情報では、まずその業界に関するマイナス部分について知ることができない、と思っておくべきです。
退職・転職のコラム記事

退職|転職して勤め先を一新するということは、自分に見合っ・・

転職によって職場を新しく換えるということは、自分自身に適する自分の理想に近い、今よりもずっと心地良い場所に転職したいものです。勤め先を変えれば、自分に適した仕事に就く可能性もあります。とはいうものの、メリットだけがあるわけでななく、相応の努力やスキルが求められます。
退職・転職のコラム記事

退職|転職のための面接では注意する点があります。

転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。人事から「転職理由を聞かせて頂けますか?」といった形で、質問されるはずです。その際、いくら正しい意見だと思っても、前の仕事場での働く環境や人間関係が良くなかった返答などは、可能な限り口にするのは避けるべきです。
退職・転職のコラム記事

退職|「転職サイト」は、大手のほうが掲載される求人情報が豊富なため、…

転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほど掲載数も豊富なため、だいたい2~3社ほどとりあえず転職サイトに登録しておいて、勤務地などにチェックマークをいれておき、さらに条件に適合する求人情報が自動的にメールで送られるように設定しておくと楽に転職情報を集めることが可能です。
退職・転職のコラム記事

退職|20代前半に転職を2度行い、現在は資格を取る目的で派遣社員として企業で働いています。

20代に転職を2度行い、そして現在、資格を手に入れたいので「派遣社員」を選択しました。フルタイム勤務ではないので毎月の収入が少なくなってしまいました。ですがその分、心と時間に大きな余裕が生まれました。たまに、学生のときにいくつか資格を取得し、仕事に活かしたかったという思いもあります。