退職・転職のコラム記事

退職・転職のコラム記事

退職|転職活動は、希望している企業そのものよりも、人事や採用担当の面接官との…

転職は、最初の第一歩は企業そのものというより、採用担当の面接官とのやり取りが大事といってもいいでしょう。面接で結果を出すためにも、まずは肩の力を抜いて冷静に対応することを心がけましょう。例えればお見合いをする、といった気持ちでいる望むと問題はありません。とくに面接によってまず最初にあなたの「人間性」を評価されるので悪い印象を与える言動は注意しやめましょう。
退職・転職のコラム記事

求人に関係する情報をチェックする際、「デスクワークがしたい」と思う人ほ…

求人関連の情報をチェックする時、例えば、オフィス系の仕事が希望だからと、はなから製造業の項目を読み飛ばしていたりするものですが、そういったことをしている人の多くは「製造業は製造マンの求人だけだ」と早合点しているこ可能性が高いです。製造業での求人であったとしても、経理、総務、人事といった人材募集に加え、資材、購買、営業管理といった「事務系」の職もたくさん存在します。
退職・転職のコラム記事

今日では、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあ・・

近時は、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり、労働条件に対する取り締まりが強化されたり、社名が公表されるなど損をするシステムができてきましたが、完全には至っていない状況です。実は、面接で見破ることができます。とりあえず、求人票などに記載されている労働条件を見ておき、怪しい点について聞いてみましょう。
退職・転職のコラム記事

退職|時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって1年経っ・・

時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、任意のタイミングで退職できるわけではないと、転職を通じて実感しました。結婚して落ち着いたら早く子供を持ちたかったので、それまでの間のためにだいたい1年半~2年くらい今の職場で継続で仕事をしておきたいと思い、就職しました。
退職・転職のコラム記事

派遣で就業しています。派遣法や労働契約法のおかげで不本意です・・

派遣で勤務しています。労働契約法の関連で不本意にも馴染みのある就業先での仕事があとわずかで終了します。同じ派遣である人の中には、派遣先の企業から正社員のポジションを手に入れた人もいるのですが選ばれた理由としてはぶっちゃけ仕事の能力というよりは派遣先の上司へのあしらいがうまい方でそれが採用の決め手となった模様。
退職・転職のコラム記事

今の時代は株・不動産投資などといった不労所得、あるい・・

現在は、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で生活費を稼いだり、個人事業・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。一概に「雇用されて働くこと以外は不安定であぶない」といった今までの常識も変わりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長の時代には、先行きがみえない株式投資や自営業よりも雇用されて働くほうが安定性にすぐれており、人生の正しい進路として、またそれが当たり前であるかのように、世の中に広まっていました。
退職・転職のコラム記事

退職|転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。

昨今の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出つつあります。今の安倍内閣によって、「アベノミクス」や「三本の矢」といった経済政策が続々打ち出されています。経済政策が金融政策とも、たがいに作用しあって財界・民間企業側からも新たな変化が増えつつあります。そういった変化が加わったことで、民間企業サイドでも今度は労働人口の減少による「人材不足」が社会問題として拡大しています。
退職・転職のコラム記事

退職|転職の面接を受けるため転職したい会社へ伺いました。

転職のための面接を受けに転職したい会社へ赴いたときのことですその会社の会議室が空きがないということで外のある場所で人事部の人と待ち合わせて面接を行って、当該会場で解散し、面接を行った方も会社に帰らず自宅に直帰されるとのことだったのですが、ところが自宅最寄駅が私と一緒。
退職・転職のコラム記事

退職|万一あなたが、現職からの転業の意思を固めたなら、周囲の人に…

万が一、転業の決意したなら、会社には内密にそれを言わないように、活動を進め、転職先が決まっていない間は、できる限り同僚に知られないように通常通りに仕事をするのがたいへん妥当です。現職中、その点を自覚しておくと、もしもいい働き先がすぐに見付けることができなくても、転職予定を先延ばしにしながら現在の職をそのまま続けてもできます。
退職・転職のコラム記事

退職|転職をするにあたっては、様々な方法で情報を集めることが多いと思いますが・・

転職活動を開始する際、いろんな方法で情報を得るのが通常だと思いますが、転職に関する「口コミサイト」は、かなりオススメです。以前、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になったことがありました。会社の都合で退社させられた元社員の腹いせによってその手の口コミが投稿された、と見るのが一般的ですが、別の角度から見れば、投稿の内容が真実でなければ、会社側が対処しなくても良いはず、ともいえます。