退職・転職のコラム記事

退職・転職のコラム記事

転職活動をするにあたっては、ネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント・・

転職活動をするにあたっては、インターネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」を利用する、という方法もあるのですが、そういったところに登録し、幸運にも就職することができた場合でも、失業保険とは何の関係もないので注意しましょう。ハローワークを経ずに就業しても失業保険をもらうことはできないので注意しなければいけません。
退職・転職のコラム記事

退職|転職の際、「派遣社員」を選択しようと考えている人に注意していただき…

転職の際、「派遣社員」を選択予定の方に注意していただきたい点が複数あります。派遣社員に対して、電話対応、お茶出しなどの雑務、雑用等をといった仕事内容をイメージする方がおそらく少なくないとは思います。実はかく言う私自身もそう勘違いしていました。今の企業に入るまでは「派遣社員」の求人に応募したとき、「電話対応がメインです」と採用の際に説明を受けてもいたので安心しきっていました。
退職・転職のコラム記事

退職|『転職をしたい!』と考えていて、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら・・

『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人で自身の意志が固いならば退職したいということを即、上司に伝えておきましょう。なぜならば相談という形で話せば必ず言いくるめられます。そして、実際にわたしが転職をすると話した時にはスンナリと受理されずに結局、退職するまでに半年くらい掛かりました。
退職・転職のコラム記事

昔から日本には「石の上にも三年」という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

古来より「石の上にも三年」というコトワザがありますが、「終身雇用制度」が過去の物となっている現在、転職というのは決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。けれども、「転職」が誰にとっても身近な存在になったからといっても、安易に仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。
退職・転職のコラム記事

仮に再就職しようとしても全てが順調に運ぶ確証はどこにもありません。

仮に再就職を目指そうとしても、何もかもがうまく進行するという確証はありません。もしも転職するのなら、いつか、しようと思っているなら年齢が若いうちに変えたほうが良いでしょう。平均的に見た場合、20代の若いうちはかなり有利ですが、30代後半~40代になってしまうと転職自体が難しくなるのが普通です。
退職・転職のコラム記事

今後転職活動をされるなら、気になった求人(あるいは業種…

転職活動をするという時は、気になる求人(または業界)を見た際にしっかり「〇〇業、ブラック」でネットで調べておきましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントでは、業界に関するマイナスにあたる箇所は、知ることは不可能です。もしも、やましい箇所がある場合は、ネット検索で一発で実態を知ることができます。
退職・転職のコラム記事

退職|再就職することで仕事先を新しく替えるということは、自身に合・・

再就職で勤め先を一新するということは、自身に見合った理想に近い場所を選びたいものです。適した仕事に就くことができるかもしれません。でも、現実に行動する際は、即戦力となりうる能力を持っていないと、転職自体がままなりません。言い方をかえると、あなたの才能次第で、「天職」に出会えるチャンスも高くなる、ということ。
退職・転職のコラム記事

退職|転職する場合は面接を受けることがほとんどです。

転職時、必ず面接をすることになるでしょう。人事担当から「転職理由をお聞かせください」といった形で、聞かれることはほぼ間違いありません。その場合、どんな事情があっても、前の仕事場での「労働環境」「人づきあい」に関しての不満ともとれる返答は、絶対にしないようにしましょう。
退職・転職のコラム記事

退職|転職サイトは大きなサイトの方が豊富な量の求人情報が掲載されているため、…

転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほど掲載される求人情報が多いため、2~3社あまりをとりあえず転職サイトに登録しておいて、勤務地・年収などの条件を事前に設定しておき、次に条件に適合する求人情報が自動的にメールで送られるように設定しておくと簡単に情報収集を行うことができるようになります。
退職・転職のコラム記事

退職|20代前半までに転職2回で、現在は資格取得のため、「派遣社員」を選択しています。

私は20代で転職を2回経験し、今現在は資格取得のために派遣社員として企業に採用されました。フルタイムでの勤務ではないため、どうしても手取りが以前よりも少なくなりました。ですがその分、心と時間的な余裕ができました。思い返すと、学生時代に取った資格を生かして仕事を続けるという方は本当に稀です。