退職・転職のコラム記事

退職・転職のコラム記事

退職|20代のうちに転職を2回経験し、いまは資格の勉強をしなが…

私は20代の時点で転職を2回し、今現在は資格取得の勉強をしながら、派遣社員として企業に採用されました。フルタイムでの勤務ではないため、どうしても手取りは以前よりも少ないです。しかし、前よりも心と時間に余裕ができました。もっと学生の頃に資格を取り、就職できたらムダがなかったのにな、とは思います。
退職・転職のコラム記事

退職|転職活動で大事なことは希望先転職先の会社企業というよ…

転職活動で大事なことは希望する企業とのやりとりというより、正確には「担当面接官」とのやり取りが大事です。希望する企業の面接で良い印象を与えるために、初歩として緊張せずに冷静に、焦る気持ちににならないように、例を挙げるとお見合いをする、といった気持ちでいる向かうのも大事でしょう。
退職・転職のコラム記事

退職|求人情報をチェックする折、例えば、「デスクワークがしたい」と考えている人ほ…

求人関連の情報をチェックする折、例えば、「デスクワークがしたい」という人ほどはなから製造業をあまりチェックしていませんが、そのような人というのは、「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と勝手な思い込みで認識している場合もあります。実際に、製造業の求人募集でも、現場に出る仕事だけでなく経理、総務などの従業員募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「事務系」に分類される仕事がかなりの数あります。
退職・転職のコラム記事

現在、ブラック企業がメディアで注目されたりして、労働条件での取り締まりが強化されていったり・・

近時は、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件に関する取り締まりが強くなったり、会社名が公表されたりと罰則もそれなりに強化されていますが、まだまだ物足りない状況です。それゆえ、面接で見破る必要が出てきます。とにかく、求人票などの労働条件を事前に調べ、それぞれの項目について聞いてみましょう。
退職・転職のコラム記事

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって自身の好きなタイミングで辞められるワケではない・・

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員になっても契約期間を過ぎたら好きなタイミングで退職できるわけではないと転職活動したことで気付かされました。結婚して落ち着いたら早く子供を授かりたかったので、妊娠する時がくるまでのあいだ、数年くらいそのまま続けられれば良いなと思い就職しました。
退職・転職のコラム記事

退職|派遣で働いています。労働契約法のおかげで否応なく、長期間務めていた…

派遣として働いています。労働契約法の関係で残念ながら長期間働いた派遣先での勤務が終わります。派遣仲間の中には、派遣先の会社で正社員としての契約を獲得した人もいるのですがその理由としては実際のところ仕事の実力とは関係なく派遣先の上司へのあしらいが得意な方でそのおかげでで採用された模様。
退職・転職のコラム記事

今の時代は株・不動産投資といった、不労所得や独立・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。

今のご時世では、株・不動産投資などといった不労所得で生計を立てたり、独立や起業といった形で生きる方法も人気です。そういった移り変わりに伴い、「起業することは不安定だしキケン」といった常識も過去のものとなりつつあります。高度経済成長期に関してはどうなるかわからない株式投資や個人事業よりも組織の一員として働くほうが大いに安定性にすぐれており、人のあるべき形として、またそれが当たり前であるかのように、広く社会に浸透していました。
退職・転職のコラム記事

政治により変わりつつある転職を取り囲む状況について・・

転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。安倍総理による現内閣によって、アベノミクスや「三本の矢」などの経済政策が次々と打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策共々日銀による「金融政策」と相まって、財界・民間企業側からも次世代の変化が出つつあります。
退職・転職のコラム記事

退職|転職の面接に転職したい会社へ出向きました。

転職の面接に転職したい会社へ行きました。偶然会社内の面接に使える部屋が空いていないとのことで会社外で会社の人と待ち合わせて面接が行われて、その場で解散、面接担当者もそのままそのまま自宅に帰るとのことでしたが、偶然にも自宅最寄駅が同じ。なので電車の中でも彼とずっとお話しながら帰宅することになって、結果として打ち解け面接の時よりも込み入った話ができて、それが功を奏したからなのか何事もなく採用を勝ちとることができました。
退職・転職のコラム記事

万が一、転職の決意したなら、まったく周りの人には内密…

仮にあなたが、転業を決断したなら、あくまで周囲の人にはひそかにその意思がばれないように、首尾よく活動を進め、働いている間は可能な限り周りの人間に悟られないよう平常通りに仕事をする方がもっとも賢明です。その姿勢を保っていれば、仮に希望通りの働き先が容易に見付けることができなくても、転身を先延ばしにしながら現職にそのまま続けることもトラブルの心配がありません。