退職・転職のコラム記事

退職・転職のコラム記事

退職|今後転職活動をするのなら、気になる求人(あるいは業種)…

今から転職活動をするのなら、気になる求人(OR 職種)を見付けるたびにきちんと「〇〇業(気になる業界)、ブラック」とインターネットで検索したほうがいいです。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントの情報では、まずその業界に関するマイナス部分について知ることができない、と思っておくべきです。
退職・転職のコラム記事

退職|転職して勤め先を一新するということは、自分に見合っ・・

転職によって職場を新しく換えるということは、自分自身に適する自分の理想に近い、今よりもずっと心地良い場所に転職したいものです。勤め先を変えれば、自分に適した仕事に就く可能性もあります。とはいうものの、メリットだけがあるわけでななく、相応の努力やスキルが求められます。
退職・転職のコラム記事

退職|転職のための面接では注意する点があります。

転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。人事から「転職理由を聞かせて頂けますか?」といった形で、質問されるはずです。その際、いくら正しい意見だと思っても、前の仕事場での働く環境や人間関係が良くなかった返答などは、可能な限り口にするのは避けるべきです。
退職・転職のコラム記事

退職|「転職サイト」は、大手のほうが掲載される求人情報が豊富なため、…

転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほど掲載数も豊富なため、だいたい2~3社ほどとりあえず転職サイトに登録しておいて、勤務地などにチェックマークをいれておき、さらに条件に適合する求人情報が自動的にメールで送られるように設定しておくと楽に転職情報を集めることが可能です。
退職・転職のコラム記事

退職|20代前半に転職を2度行い、現在は資格を取る目的で派遣社員として企業で働いています。

20代に転職を2度行い、そして現在、資格を手に入れたいので「派遣社員」を選択しました。フルタイム勤務ではないので毎月の収入が少なくなってしまいました。ですがその分、心と時間に大きな余裕が生まれました。たまに、学生のときにいくつか資格を取得し、仕事に活かしたかったという思いもあります。
退職・転職のコラム記事

退職|最短で転職したい場合は企業とのやりとりというよりどちらかというと「担当面接官」との…

転職のための活動は希望している企業そのものよりも、人事や採用担当の面接官とのやり取りが重要です。面接で良い印象を与えるために、初歩として面接が始まる前に平常心で対応しましょう。例えれば女性とお見合いをする心構えで向かうのも大事でしょう。面接係員は第一にあなた自身の「人間性」をチェックされてしまうので誤解を招くような見た目・言動は注意しゼッタイに避けましょう。
退職・転職のコラム記事

求人誌をチェックする時、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほ…

求人に関する情報を見る際、「事務系の仕事をしたい」という人ほどはなから製造業をチェックしていなかったりします。そういったことをしている人のほとんどは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と早合点しているこ可能性が高いです。製造業での求人募集でも、総務・経理と言った 人材 や購買、営業管理といった「オフィス系」のお仕事も相当数あります。
退職・転職のコラム記事

今日では、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして…

近時は、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件関係の取り締まりが強くなったり、悪質な企業の場合は公開されるなど、損をする仕組みができてきましたが、まだまだ物足りないと考えられます。なので、面接時に「ブラック企業」かどうかを自身で確認してみましょう。
退職・転職のコラム記事

退職|比較的時間に融通が効くはずの派遣社員になっても契約期間を迎え・・

時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、契約期間を過ぎたら任意のタイミングで退職できるわけではないと、転職活動したことで理解しました。私は、結婚生活が落ちついたら、なるべく早く子供を授かりたかったので、子供ができるまでの間のためにおよそ1年半~2年くらい今までの継続で仕事したかったので就職しました。
退職・転職のコラム記事

派遣社員として勤務しています。

派遣で会社で働いています。労働契約法のおかげで残念なことに長く務めてきた派遣先での勤務を終わらせなければなりません。派遣の仲間の中には、派遣先から正社員の位置をゲットした方もいるのですがその理由としては正直なところ仕事の実力というよりは派遣先の上司の扱いがうまくて引き立てがあった模様。