看護師は退職代行を使うべき理由

看護師は退職代行で辞めちゃダメ!
退職代行を使って後ろ向きに辞める必要はない。
自分で退職できないなんて甘えで非常識だ
お金がもったいない

以上のような意見がありますが、あなたはどう思いますか?私は看護師は退職代行を使うべきだと強く思っています。

なぜ、看護師は退職代行を使うべきなのかを解説していきたいと思います。

看護師は退職代行を使うべき理由

病院と交渉することがある

看護師は退職代行を使うべき理由で一番重要なことは、病院と交渉しなければいけないことがあるからです。

まず、お金の問題。奨学金を借りて看護師になった人は、「お礼奉公」というなぞな慣習で働いている人がいます。お金がなくて看護師になれないという問題の解決法とし誕生した制度ですが、はれて看護師になったら支給してくれた病院で働かなければいけないという制度で拘束します。

もちろん、借りたお金は返さなければいけません。でもお金を理由に職場を制限するのは法律的にグレーな制度です。

憲法22条1項
「何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。」

退職するなら、「違約金が発生します」「一括で返済してください」と言われることもあります。契約書に一定期間を1日でも満たない場合は全額一括返済となっている場合があります。これもグレーです。

労働基準法第16条
労働契約の不履行について、違約金の定めや損害賠償額を予定する契約をしてはいけない

あなたは、「分割にしてほしい」と病院と交渉しなければいけません。相手は人事のプロだったり顧問弁護士が登場するかもしれません。

どう考えても対等じゃないですよね。看護師は専門性の高い職業です。交渉や法律的なことは無理です。そうなるとあなたはとても不利になります。

追い詰められたあなたは、不利な条件を受け入れてしまうかもしれません。

看護師は、専門性の高い職業なので簡単に人材が見つかりません。しかも病院は慢性的に人手不足でブラックな体質になります。

病院が悪いと言っているわけではありません。医師不足・看護師不足・医療関係者不足は国の政策です。しかし、しわ寄せは末端の看護師にかかってきます。

現在の医療制度は、末端の医師や看護師や医療関係者の努力に支えられています。個人の力ではどうすることもできない問題です。

簡単に人材が見つかる職種ならば、退職も容易ですが看護師は簡単に人材が見つかりません。だから退職するというと引き止められます。強引な引き止めに会うこともあります。

責任感があり、周りに迷惑をかけてしまうと思ってしまう優しいあなたの気持ちに訴えかけて引き止めます。あなたは強引な引き止めを振り払って退職を交渉しなければいけません。

退職したいと思うほどあなたは消耗しています。相手は時間をかけて引き延ばして交渉します。消耗しきったあなたはさらに消耗します。

でも人手不足なのは、あなたの責任ではありません。第一優先はあなたの気持ちと健康です。あなたが気持ちよく前向きに働ける職場は必ずあります。

有給休暇の消化、未払いの残業代の要求、退職金の有無などの交渉も必要です。退職の意志を示した後は顔を合わせたくないのは当然です。

「自分で退職できないなんて甘えで非常識だ」という人がいますが、立派な考え方です。正論を振り回して、自分は正しいことを言っていると満足でしょう。

でもそれは人を追い詰めます。責任感が強く真面目な人ほど追い詰められます。

人間は完ぺきではありません。失敗するし間違えます。失敗しない・間違えないのは「神」か「何もしない人」だけです。

失敗してもいいのです。間違えていいのです。「にんげんだもの」大切なのは失敗・間違いを経験として次に生かすことです。

お金がもったいないという意見は、お金の問題ではないと思います。あなたの気持ちや健康を考えて、退職代行は専門的な知識で、あなたの代理人となり交渉してくれます。そして確実に退職できます。

だから、看護師は退職代行が必要なのです。あなたがの利益を最優先に考えて交渉するプロの代理人が必要なのです。

いろいろ外野から言われたりすると思います。「業界の評判はどうなるでしょうか」ということを言われます。

あなたが退職しますと言って、もめたら同じことです。人の言う評判は面白おかしく伝わるものです。そんな低俗な評判はすぐに忘れられます。

評判は忘れさられても、あなたの心の傷はいつまでも残ります。退職代行を利用したほうが円満に退職できます。

理由は、第三者が交渉することにより冷静にかつ気持ちや感情が入らずに事務的に解決できるからです。引き止めることもできません。なぜなら本人ではないからです。

退職代行は引き止めの交渉はしません。退職というゴールを変える交渉はしません。退職代行を使うということであなたの本気度が伝わります。権威性です。人や組織は権威には弱いものです。

以上、看護師は退職代行を使うべき理由でした。

看護師が退職代行を選ぶ注意点

近年、退職代行を使って退職をする人が増えています。退職代行の認知度も上がり、退職代行に参入する企業も増えてきました。

退職代行が増加するのと比例してトラブルも増加しています。お金だけ取られて退職代行と音信不通になった。退職できなかったなどです。

退職代行を行っている団体は、3つあります。
一般法人・労働組合・弁護士

トラブルが多いのが一般法人による退職代行です。

ポイントは「非弁行為」
「非弁行為」とは、弁護士ではないものが「報酬を得る目的で」「業務として」「法律事務」を行うことです。

弁護士法72条
(非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止)
第七十二条 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。

退職代行は法律事務にあたります。

一般法人の場合、退職代行ができることはあなたの意志を病院に伝えるだけです。交渉することはできません。交渉すれば「非弁行為」にあたり違法となります。

ではなぜこれほど退職代行が増えてきたのか?それは単純に企業が退職を認めたからです。一般的な企業であれば退職を認めるのがほとんどです。

しかし最近では、企業も退職代行を認知してきて対策されるようになってきました。退職代行は交渉することができないと認知されてきています。

一番おすすめは、やはり弁護士による退職代行です。もともと退職代行は弁護士の領域の仕事です。以前からあったサービスです。

弁護士はあなたの問題に介入して代理人となれる唯一の職業です。あなたの住んでいる地域にも弁護士はいますので探してみてください。

弁護士は、高級寿司屋みたいに最初に値段がわからなくて不安という人もいると思うのでおすすめを紹介します。

看護師のあなたにおすすめの【弁護士法人みやび】の退職代行サービス

LINEとメールでの相談料は無料です。
着手金:55000円(税込み)
オプション:回収額の20%(残業代や退職金の請求)
実費:郵送料など

【弁護士法人みやび】の公式サイトはこちら

もう一つ安全・確実に退職代行を問題なく行う団体があります。
労働組合による退職代行です。労働組合法6条で労働組合はあなたの代理交渉できます。

労働組合法第6条
労働組合の代表者又は労働組合の委任を受けた者は、労働組合又は組合員のために使用者又はその団体と労働協約の締結その他の事項に関して交渉する権限を有する。

会社を問わず労働者が個人で入れるのが合同労働組合。合同労働組合が退職代行を行います。費用も弁護士ほどは高くないです。

女性看護師のあなたにおすすめの労働組合による退職代行、女性の退職代行サービス【わたしNEXT】

女性雑誌で多く掲載されているから知っている人もいると思います。
職代行業務については合同労働組合が実施するため法的な心配なく安心してご利用できます。

24時間いつでもLINEでの相談は無料
費用 29,800円(税込)
即日退職可能
退職成功率100%
転職お祝い金最大5万円
安心の創業15年
全額返金保証

女性の退職代行【わたしNEXT】の公式サイトはこちら

看護師のあなたにおすすめの労働組合による退職代行東京労働経済組合【退職代行ガーディアン】の退職代行サービス

一律料金 追加料金なし
会社への連絡は必要ありません
今すぐ辞められる
費用 29,800 円
別途追加費用は発生しません。

【退職代行ガーディアン】公式サイトはこちら

あなたの心からの笑顔が一番素敵です。
あなたの笑顔で救われた人は大勢います。

看護師という職種は誰でもできる簡単な仕事ではありません。職場とのミスマッチであなたが看護師自体を辞めてしまうことは大きな損失です。看護師は私たちのくらしに必要な職種です。これからも看護師として働いてくれることを最後にお願いしたいです。
広告

関連記事
看護師の転職、人気ベストまとめサイト